カレンダー

2021
August
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

平賀源内

源内の実家は戦国時代から続く武士の家系 信濃の豪族の血を

引いていたが 身分的には高くは無かった 武田家に滅ぼされた後

奥州の伊達家に仕え 政宗の長男秀宗が四国宇和島で藩を起す

時に 一緒に四国にやってくる

クリックすると元のサイズで表示します


13歳で本草學を學びはじめ 武士で生きるより一生學門で生きて

行きたいと思い オランダ語をはじめ自然科學・西洋文化に触れる

平賀源内=エレキルで知られちょりますが 文学や浄瑠璃などでも

多くの功績を残しちょります

クリックすると元のサイズで表示します


つまり平賀源内は博学の人 勿論医学にも関わっちょります 

暑さで商品が売れず困った1軒のうなぎ屋さんに 相談された源内

「本日は土用の丑の日 うなぎ食うべし」ちゅ〜キャッチコピーを

考案 これを紙に書いて店先に貼り出したところ お客が押し

寄せたのだとか・・・・ 当時も源内の博識さは有名で 江戸の庶民

の多くが「あの源内先生の言うことなら間違いない」と思った

その後 この貼り紙をまねるうなぎ屋が続出 現代にいたるまで

伝承のように引き継がれてきたのだと考えられちょります

クリックすると元のサイズで表示します


見方を変えると このキャッチコピーは実に200年以上にも

わたって 日本人の消費行動に影響を与え続けていることになる

そう考えると 平賀源内は非常に優秀なコピーライターだったと

言えるのぉ・・・・・・・

実際にうなぎは非常に栄養価が高く ビタミン類も豊富で 体力を

つけるには効果的な食品 医者であった源内は 当然ながら

このことを知っていたんぢゃろぉ 源内のコピーは単なる思いつき

ではなく 科学的な知見に裏づけされたものであった


博学の源内も 大工二人と酒を酌み交わした後で 勘違いから大工

二人を切り殺してしまう お縄になった源内は 破傷風にかかり

獄中内で12月18日病死 52歳の生涯を終えた


http://www.genesis-ot.jp/
5
投稿者:監督
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ