カレンダー

2019
August
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Rattenfänger von Hameln

グリム兄弟を含む 複数の者の手で記録に残され現代まで伝わった

ハーメルンの笛吹き男 1284年6月26日に ドイツの街

ハーメルンで起きたとされる出来事


話はハーメルンの町にネズミが大繁殖し 人々を悩ませていた

ある日町に笛を持ち 色とりどりの布で作った衣装を着た男が

現れ 報酬をくれるなら街を荒らしまわるネズミを 退治してみせる

と持ちかけた

クリックすると元のサイズで表示します


ハーメルンの人々は男に報酬を約束し 男が笛を吹くと 町じゅうの

ネズミが男のところに集まってきた 男はそのままヴェーザー川に

歩いてゆき ネズミを残らず溺死させた しかしネズミ退治が済むと

ハーメルンの人々は 笛吹き男との約束を破り報酬を払わなかった

クリックすると元のサイズで表示します


笛吹き男はいったんハーメルンの街から姿を消したが 6月26日の

朝に再び現れ 住民が教会にいる間に 笛吹き男が笛を鳴らし

ながら通りを歩いていく 家から子供たちが出てきて男のあとを

ついていった 130人の少年少女たちは 笛吹き男の後に続いて

町の外に出てゆき 市外の山腹にあるほら穴の中に入っていった

そして穴は内側から岩でふさがれ 笛吹き男も子供たちも 二度と

戻ってこなかった 物語によっては足が不自由なため 他の子供達

よりも遅れた1人の子供 あるいは盲目と聾唖の2人の子供だけが

残されたと伝えられた


約束は守らなければならない 最近は国家と称しても自国の政府の

拡大解釈で 条約を守らない・破棄する・金になるかな何度でも

ゴネ得に味を占める輩がおります そろそろ鉄槌を振るう時ぢゃろぉ


http://www.genesis-ot.jp/
4
投稿者:監督
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ