カレンダー

2020
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Fly Material Complete Skin Web 2

この前ブログで書いた続き コンプリートのスキンには ウエッブ

ちゅ〜フェザーが多くある 通常の目的で使用するマテリアルでは

なく 多くは捨てられてしまったり 全く使うことのない存在価値の

無い扱い

クリックすると元のサイズで表示します


ぢゃが使い方を知れば 有効利用価値のあるマテリアルとなる

ウエッブの羽を1枚 先端部分をフックに取り付け くるくるとボディ

に巻きつけると 素晴らしいボディが完成する そして小さなサイド

ハックルをスパイラルに巻き付けると ニンフ若しくはウエットフライ

が作れてしまう

クリックすると元のサイズで表示します



またウエッブは繊細なフェザーぢゃけぇ CDCと同じ扱いも出来る

ある意味CDCより全体が柔らかい 本来なら見向きもされんクズ

扱いされる代物なんぢゃが 使い方次第では有効なマテリアルと

なるのも事実 実際昔はカモのCDCなど売っちょらんし クズ扱い

のフェザーぢゃった しかし今では多くの人に認知され使われちょる

クリックすると元のサイズで表示します


もしもコンプリートスキンをお持ちなら 色んな部分を改めて見直

してもらうと きずくこともあるかも知れん 使う側の創意工夫で

新発見もありうる


http://www.genesis-ot.jp/
8
投稿者:監督
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ