カレンダー

2021
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

鬼子

ITで読んだ怖い話 (○Д○;)キャァァァ!!!


私の地元には昔、M(仮名)という人物がいました 家の裏の

バラックで暮らしていたMは 子供の頃から札付きの悪でした

しでかす事は子供の悪戯の域を超えています 大人たちに

言われるまでもなく 子供も皆がMを避けていました

年齢は私より2つ下でした

クリックすると元のサイズで表示します


Mはバラックで生まれ育ち 一度は家族と引越したのですが 父親

が刑務所に入って生活が困窮したそうで また戻って来たのです

Mにとって盗みは日常で ハシゴに登っている大工がいれば即座に

取り払い隠してしまいます

犬を見れば蹴り飛ばす なんの慈悲もないのです キャンキャンと

鳴く犬の痛みなど Mにとっては無関係なのです

Mの父親は度々 窃盗などで刑務所に入っては戻るの繰り返し

姿が見えなくなると

「また別荘に行っているんだろう」

と噂になります しばらく見ないと思ったら 仕舞には行方不明に

なったそうです

クリックすると元のサイズで表示します


母親はMを寺へあずけたり 中学生になると警察の道場に

通わせ 人並みの子供にしようと手を尽くしていました

近所の太鼓の同好会に入れたのも なんとか地域の輪に入れよう

と努力をしたのだと思います

Mがはみ出したことをすれば母親がその度に頭を下げてまわり

見るも哀れな様子で 更には生活も困窮しているようでした

「あの子には反省というものがないんです 私が死ぬ時には

必ずあの子も連れていきますから どうか多目に見てやって

下さい」


それが母親の決まり文句でした 中学2年の時 教師を刃物で

刺したMは鑑別所に入りました 周囲の人達は正直ホッとしました

Mに会わないよう様子を見ながら外に出たり とにかく出来るだけ

関わらないよう 危害を加えられないように気を配っての生活

でしたから無理もありません

クリックすると元のサイズで表示します


次にMを見かけた時には すでに大人の顔をしていました

年齢はまだ十代だったはずなのに 口髭のせいか大人にしか見え

ません 母親はすっかり痩せ衰えてしまい 程なくして亡くなり

ました

その頃のMは新聞や週刊誌にも名が載るほどの無法者で 

母親の葬儀には警察と反社会の方が同じくらい集まったそうです

母親の葬儀は物々しい雰囲気ではありましたが この辺りでは

見ないような立派なものでした

クリックすると元のサイズで表示します


それから四十九日が経った日 Mは橋から車ごと転落してあっけ

なく亡くなりました 母親とは対照的に Mの葬式は執り行う者も

現れず 町内で軽い会葬をして寺へ引き渡す事となりました

墓は母親と一緒に入れようと町内会長が言いましたが、珍しく寺の

住職が反対しました 結局隣りに小さな石を置き墓として骨を

埋めたそうです

「もうSさん(Mの母親)を休ませてやらにゃ あれは間違えて

この世に出てきた 誰にもどうにもならなかった」


住職はそう語っていました 住職はMの四十九日が過ぎるまで 

毎日墓の前で経を唱えていました

あまりにも熱心に供養していたため 私は住職にその理由を

尋ねてみたのです するとこう答えてくれました

クリックすると元のサイズで表示します


「Mはもう2度と戻って来ないよう わしがしっかり見送った

先代の住職はMが鬼子だと ずっと昔から預かって仏様の道を

説いたり なだめてみたりしていた それを後は頼んだと私に

託されたんだ 輪廻って分かるかい? あの男は何度か

この地に生まれては悪行をして 皆が煙たがっていた 

以前には村人がこっそり始末した時期もあったそうだ

もう知る者もほとんど無いと思うが 寺では記録と口伝で特徴

など伝えていたのだよ まぁ詳しくは言えんがな」


住職が言った事の真偽は分かりませんが 今でもニュース等で

事件を見ると「鬼子」という言葉が頭を過ります


http://www.genesis-ot.jp/


P,S新入荷

クリックすると元のサイズで表示します


http://www.genesis-ot.jp/new%20item.htmlヽ(▽`ヽo)ココ重要
7
投稿者:監督
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ