カレンダー

2022
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

振袖火事

冬場は異常乾燥注意報が出たり 暖房用など器具などでの出火が

多くなるけぇ 皆さんご注意を!

今は消防署の訓練された消防隊員の皆さんがおられるが 昔は

火消だった 消防車も無いし火災に対して 今以上に無力ぢゃった


1657年今日1月18日は 江戸の大半を消失するに至った

大火災 明暦の大火の日 この明暦の大火の被害は 延焼面積・

死者ともに江戸時代最大で 江戸の三大大火(明暦の大火、

目黒行人坂の大火 丙寅の大火)の筆頭に挙げられちょります

この明暦の大火は別名 振袖火事とも言われちょります

その内容が心霊的な要素なんぢゃ


江戸・麻布の裕福な質屋・遠州屋の娘・梅乃 本郷の本妙寺に

墓参りに行った帰りに すれちがったとある美少年に一目惚れを

してしまう 寝ても覚めてもその少年が忘れられず 恋の病か

食欲も無くし寝込んでしまいまった 名も身元も知れぬ方ならば

せめてもと 案じる両親に彼が着ていた服と同じ 荒磯と菊柄の

振袖を作ってもらい その振袖を抱いては彼の面影を思い焦がれ

ますが病は悪化 梅乃は儚く死んでしまう
 

両親は憐れんで娘のお棺にその振り袖を着せてやりました

当時は こういう棺に掛けられた遺品などは 寺男たちが

もらっていいことになっていいことになってたので この振り袖も

転売されることになる


やがて振り袖は 上野の町娘のものとなるが この娘も後に病と

なって亡くなる 再び振袖は彼女の棺にかけられて 奇しくも

梅乃の命日にまた本妙寺に持ち込まれる


寺男たちは再度それを売り 振袖は再び別の町娘の手に渡るが

この娘もほどなく病気になって死去 振袖はまたもや棺に掛けられ

本妙寺に運び込まれてきた


一度ならず二度までも 戻ってきたこの振り袖さすがに寺男たちも

因縁を感じ 住職は問題の振袖を寺で焼いて供養することに

住職が読経しながら 護摩の火の中に振袖を投げこむと 

にわかに北方から一陣の狂風が吹きおこり 裾に火のついた

振袖は人が立ちあがったような姿で空に舞い上がり 寺の寺の

軒先にい落ちて火を移しす すると、たちまち大屋根を覆った

紅蓮の炎は突風に煽られ 一陣は湯島六丁目方面 一団は

駿河台へと燃えひろがり ついには江戸の町を焼き尽くす大火と

なったというもの

クリックすると元のサイズで表示します


明暦の大火は 丸2日間にわたり 江戸の6割以上を焼失させた

そして10万人以上の焼失者がでた 

クリックすると元のサイズで表示します


そして供養のために建立されたのが回向院

回向院は浄土宗の寺院 振袖火事の名で知られる明暦の大火で

亡くなられた人々の多くは 身元や身寄りのわからない人々

時の将軍家綱は このような無縁の人々の亡骸を手厚く葬るように

隅田川の東岸に回向院の現在地に土地を与え 万人塚という

墳墓を設け 遵誉上人に命じて無縁仏の冥福に祈りをささげる

大法要を執り行う

クリックすると元のサイズで表示します


この起こりこそが「有縁・無縁に関わらず 人・動物に関わらず

生あるすべてのものへの仏の慈悲を説くもの」として現在までも

守られてきた回向院の理念

皆さん火を扱うときには 十分に注意を!


http://www.genesis-ot.jp/
7
投稿者:監督
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ