ようこそ、お入りを・・・。

2018/9/28

大徳寺山内月釜  他会記

クリックすると元のサイズで表示します
本日は
毎月千利休の月命日である28日に
大徳寺山内で開かれる
月釜にでかけて参りました

今日は
月釜は四席かかっておりましたが
そのうち二席に入らせていただきました


クリックすると元のサイズで表示します
瑞峯院

瑞峯会のご担当は
名古屋の吉田生風庵様


掛物は
利休の月命日にふさわしく

碌々斎筆  名利共休


別床には
而妙斎筆   心静茶味芳


点前座は 

長板二つ飾りのしつらえ


茶器は
アコダをお使いでした


茶杓は
吸江斎作  銘尾花

細くてすっきりとしたお茶杓でした

主菓子は
名古屋出身の私には懐かしい
両口屋さんでした

お客様の中にも
何人か名古屋からの方が
いらしたようでした



二席目は
お隣の大慈院に入らせていただきました


掛物は
尋牛斎筆  秋菊有佳色

檜籠には
秋草が色とりどりに入れられていました

点前座は
尋牛斎のお好みという
青漆爪紅の大板に
すっきりとした朝鮮風炉

越前焼の侘びた水指は
銘不識


秋草蒔絵のほどこされたお棗や
焼栗をイメージしたお菓子など
いかにも秋を楽しむお取合せでございました


クリックすると元のサイズで表示します

そして
お昼は定番の
泉仙さんへ!



おなかを満たした後は
特別公開中の
真珠庵にも立ち寄りました


一休さんゆかりの真珠庵では
現在方丈障壁画が
四百年ぶりの修復に出されていて

方丈には
現代の六名のクリエーターによる
襖絵が描かれていました

いずれもとても斬新なものでしたが
やはり
漫画家の北見けんいち氏の襖絵には
お寺にこんな絵書いていいのっ!?と
度肝をぬかれました


しかし
ボランティアの方の説明を聞いて

襖絵の中央に描かれた
背を向けて海を眺めながら
ぽつんと座っている和尚さんの
後ろ姿を見たら

なんだか
この襖絵が表現しようとしていることが
伝わってきたような気がしました









13

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


AutoPage最新お知らせ