ようこそ、お入りを・・・。

2012/1/18

静かな初稽古  他会記
今日は
私が通っている稽古場の
今年初めての稽古日でした


先生は
昨年ご母堂様を亡くされ喪に服しておられるため
今年は初釜ではなく
初稽古という形で行われました


例年通り
濃茶のお道具は先生がお持ち下さり
濃茶点前をして下さいました


掛物は

啐啄斎が年の初めに描かれたという


梅の枝と月の画


花有清香
月有陰


という賛が添えられていました



後座の花入れは

ごま竹  筒



紅白の椿が
控えめに初稽古の歓びを表していました



茶入は


なで肩の肩衝   


備前でした


茶碗は


かせた煉瓦色の
あの無一物を思わせるような
わびた赤楽

銘は「猩々」


江戸時代のものでした



茶杓の銘は

「むら時雨」


また
福引の当り籤は

仁 義 礼 智 信

でした



喪中でありながら
私たち社中の者をもてなしてくださり

また

こういう静かな道具の組み方を
お教え下さった先生に

心深く感謝申し上げます








にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村

5

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


AutoPage最新お知らせ