ようこそ、お入りを・・・。

2020/10/25

湯木美術館  美術館・お茶室

クリックすると元のサイズで表示します
今日は大阪方面に出かけた帰りに
湯木美術館に立ち寄りました

クリックすると元のサイズで表示します
令和2年秋季展
『国焼茶碗はおもしろい』


久しぶりの湯木美術館


館内には
初めどなたも来ていらっしゃらなくて
しーんとした中たった一人でしたが

ゆっくり展示を拝見しているうちに
二人の方が入って来られ
帰る頃にはまた二人ほど訪れていたようでした

今回は
美濃を初めとする日本古来の焼物から
朝鮮陶工の影響を受けて開かれた
出雲・萩・唐津など
「茶にかなった」焼物の数々が展示されていました

ショーケースの中で
高取焼の水指がターンテーブルの上で
ゆっくりと回転していました

手に取らずとも
ぐるりと拝見できます

この装置は以前からあったのだそうですが
実際に動いているのを見たのは
今日が初めてでした


実は
私も高取の水指を一つ持っているので
このぐるぐる回っている水指を
いつまでも飽くこと無く眺めていました



13

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


AutoPage最新お知らせ