ようこそ、お入りを・・・。

2021/12/22

ひとり御献茶 6  つれづれ

「宇治橋の正面は人が多いけど
すぐ裏の神社から日の出を見たら
誰もいなくていいですよ」


ついさっき
偶然出会ったI氏の言葉を思い出し

私は道具の入った袋を抱えて
とりあえず
後ろの方へ向かいました


宇治橋のずっと手前
駐車場の後ろにも
十名ほどの人がいましたが

そのすぐ横に小さな石の階段があり
上っていくと
そこには小さな神社があって
鳥居の前に木立で囲まれた
三畳ほどの広さの平らな場所がありました


木々の枝の隙間からは
前方に伊勢神宮の鳥居と山の端を
望むことができました


そして
そこには誰もいませんでした



クリックすると元のサイズで表示します

夫が
「ここならいいんじゃない?」と言うので
私は早速準備を始めました



クリックすると元のサイズで表示します

今日は少し空は曇っていましたが
昨日山縁から太陽が昇ってきた
7時45分頃を待ち

私は心を鎮めてお茶を点て始めました




クリックすると元のサイズで表示します


新しい地球の時代の始まりを御祝いし
天照大御神様に御茶を献じます

今日より
世界が愛と光で満たされてゆきますように

ありがとうございます

2021年12月22日冬至




ひとり御献茶を終えて
15

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


AutoPage最新お知らせ