ようこそ、お入りを・・・。

2021/12/23

12月稽古場 6  稽古【洗心会】

クリックすると元のサイズで表示します
「三冬枯木花」
前大徳一甫師


「三冬」とは
陰暦十月十一月十二月の
冬季三ケ月のこと

その寒気厳しい冬の真っ只中
枯れ木に突然 
ぽっと花が咲く

陰極まれば陽に転ず




クリックすると元のサイズで表示します
丸卓


今日は今年最後の週稽古でした

昨日の「ひとり御献茶」
報告会のようなお稽古となりました

応援して下さった社中の皆様
本当にありがとうございました!


クリックすると元のサイズで表示します

昨年の8月より
毎回のお稽古で
1年以上かけて少しずつ読んできた
「茶の湯への誘い」ですが
今月でやっと最後まで読み終わりました


最後に
「日常のお茶」の大切さについて
書かれていました


私はこの「日常」という言葉が
とても好きです


何気ない日常の中に”奇跡”がある

日常の中に”聖なるもの”が潜んでいる


というのが私の持論です


お茶を飲むということは
全くもって日常的な行為でありながら
同時に
その中に非日常的とも言える
高い精神性が垣間見える

だからこそ
私はお茶に惹かれ
お茶をこよなく愛しているのです



クリックすると元のサイズで表示します
銘やぶこうじ  鼓月製




13

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


AutoPage最新お知らせ