ようこそ、お入りを・・・。

2022/1/1

新年のご挨拶  稽古【洗心会】

新年明けまして
おめでとうございます


本年もどうぞよろしくお願い申し上げます


クリックすると元のサイズで表示します


令和四年のお正月
皆様いかがお過ごしでしょうか

ところで
私はもうかなり長い間
テレビをほとんど見ない生活をしております


幸いインターネットの普及により
社会生活に必要な最低限の情報は
スマホや周りの方々から得ることができます


あまりに多くのまた刺激的な情報を
日々受け身的に浴びていますと
そういった外からの情報に心を鷲づかみにされて
自分自身の心の声にしっかりと耳を傾けることが
できなくなってしまう気がいたします

テレビを見ないという選択をして以来
私は以前よりシンプルに生きることが
可能になったと思っています



さて
いよいよ2022年のスタートです


今年は私の人生にとって
色々な変化が予測される年です


まずは
これまで26年間勤めていた
ヤマハ講師の仕事が定年に達し
3月末で退任することになっています


とは言え
ヤマハの生徒さんの過半数の方を
自宅などで引き続きレッスンさせていただくので
音楽と茶道両立の忙しさは
それほど変わらないかもしれません

しかし
多少時間のゆとりはできると思います


洗心会のお稽古の他に
昨年から且座会と好日会を始めました


そして
今年はそれに加えて4月より
子ども茶道教室「和み会」を
新たにスタートさせたいと思っています


すでに3歳児をお持ちの二人のお母様より
問い合わせをいただいていまして
私自身とてもわくわくしています


洗心会の方も
年々皆さんの意識が高くなり
お陰様で充実したお稽古場に成長していると
自負いたしております


今年の研究会では
特に炭点前に重点をあてて
行っていきたいと思っています



GHP(玄庵百回プロジェクト)は
年間5回を目標にしています


26年間続けたヤマハを退任する本年より数えて
ちょうど26年先には
2048年となります


これまで私は
なぜか「26」という数字に縁があり
色々な場面で「26」に導かれるようなことが
人生に起こって参りました


もし許されるなら
本年を人生最後の「26年間」という
新しいステージが始まる
そのスタートの年と位置づけたいです


2022年元旦

私の頭にどこからかふと
浮かんだ思いを書かせていただきました

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

19

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


AutoPage最新お知らせ