ようこそ、お入りを・・・。

2011/12/28

終い稽古  稽古

今日は 暮れのお忙しい中
6名のお弟子さんがお集まりくださり
今年最後の研究会のお稽古をしました

クリックすると元のサイズで表示します
『松風供一啜』
東大寺道善師

クリックすると元のサイズで表示します
つくばい文香合

龍安寺の蹲踞に刻まれている
「吾れ唯 足るを知る」を形取った香合です

昔 若かった頃に龍安寺に出かけた折に
旅の記念にと買い求めたものです

当時は この言葉が
なんだか負け惜しみを言っているようにも聞こえて
本当はあまり好きではありませんでした

しかし
半世紀を生きて それなりに色々な出来事にあい 
また 今年のような大きな災害を目の当たりにすると

あらためて
自分が如何に恵まれているかを思わされ

今日 ここにいること

唯それだけで ありがたいという思いに満たされます
 

クリックすると元のサイズで表示します
台飾


クリックすると元のサイズで表示します
花月


クリックすると元のサイズで表示します
主菓子 桂垣  鼓月製


クリックすると元のサイズで表示します
干菓子 旭川 芭蕉庵製


最後はやはり廻り炭で
今年一年の稽古を締めくくりました
クリックすると元のサイズで表示します
巴半田

底取で 外側を半時計周りに軽く一周した後
手前から底取を回しながら左巴を描きます

巴の形は水が渦を巻く様とされ
神社などの軒丸瓦には 火災除けとして巴紋が用いられています


クリックすると元のサイズで表示します
筋半田

長火箸を使って まず中央の筋をいれます
次に中央の筋から丸毬打の長さの間隔で上下に筋をいれます
その間にそれぞれに筋を入れて 最後に一番上と下にもいれます 

筋は 炭を置く位置の目安となるために入れるのだそうです 


にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村


7

2011/12/21

12月稽古場C  稽古

明日は冬至

社中の方から
お庭に実った大柚子と柚子をいただきました

文人に倣って
盛物の床飾りをしてみました

クリックすると元のサイズで表示します

『三冬枯木花』
前大徳一甫師

「三冬」とは 陰暦の十月 十一月 十二月のこと



人はその人生の中で

「万事休す」
「なぜ 自分はこんな目にあうのだ・・・」

と やりきれない思いに押しつぶされそうになったことが
一度や二度はあるのではないでしょうか


また その中で苦しんでいるうちに
何かのきっかけで 
ふと新しい一歩を踏み出すことができたり

もがきながらも
気がつくと 
あれほど暗かった闇夜から
いつしか這い出している自分に気づくこともあるでしょう


窮すれば変じ  変ずれば通ず


その実体験は
どんな言葉よりも 自分を勇気付けてくれる
一番の宝物だと
私は思います




クリックすると元のサイズで表示します
仕組点


クリックすると元のサイズで表示します
藪柑子  鼓月製

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村

4

2011/12/18

第31回北山茶会  茶会

冬晴れの本日
第31回北山茶会を執り行い

1歳2ヶ月の赤ちゃんから
仲睦まじい熟年夫婦の方まで
11名のお客様にお越しいただきました

今年もこうして
無事にお茶会を開き
お客様と静かなひとときを過ごしながら
一年を締めくくることのできる幸せを
心より感謝いたします


暮れのお忙しい中
お越しいただいたお客様

そして

快くお手伝いを申し出て下さった
社中の皆様

本当にありがとうございました

クリックすると元のサイズで表示します
蹲踞を使って・・・


クリックすると元のサイズで表示します
露地からの席入り


クリックすると元のサイズで表示します
掛物 大徳寺黄梅院太玄師筆 
『無事』
花入 竹尺八 銘 松風  宗完箱


クリックすると元のサイズで表示します
女桑三重棚 如心斎好写
水指  捻貫


クリックすると元のサイズで表示します
茶器  津軽塗棗
茶碗  萩  13代陶兵衛作
茶杓  銘  松籟 紫野大真師箱


クリックすると元のサイズで表示します
菓子器 青漆爪紅一閑八角食籠
主菓子 柚子金団  鼓月製


クリックすると元のサイズで表示します
干菓子 千家松葉


*本日の会費と北山茶会友の会の年会費として頂戴したお金は
中央共同募金会を通じて 東北の被災地に送らせていただきました


にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村


9

2011/12/15

12月稽古場B  稽古


クリックすると元のサイズで表示します

『歳月不待人』
紫野昌道師

7歳のお茶人 Tちゃんに
この言葉の意味を説明した後

今年一年早かった?

とお尋ねしましたら
小首をかしげていました


そうですよね


彼女にとって 人生は始まったばかり
この1年は彼女の人生の7分の1

私にとっての1年は 
これまでの人生の55分の1
本当にあっという間でした

でもね   


最近 私は
年を重ねるって
いいことだなあ・・・と
しみじみ思っているんですよ


だって

若い頃には見えなかったことが
だんだん見えてくるような気がするんです


目は
確かに老眼鏡無しにはいられないけれど・・・

でも

若かった頃には気づかなかったことが感じられるようになったり
物事を少し広い目で見られるようになったり

よくわかるようになったことがいっぱいあるんです

だから  

これから
もっともっと年をとっていくことが
楽しみな私です


クリックすると元のサイズで表示します
蝋梅  侘介  


クリックすると元のサイズで表示します
濃茶と続き薄


クリックすると元のサイズで表示します
主菓子 冬の朝  鼓月製 


クリックすると元のサイズで表示します
干菓子 京の香  虎屋製

京野菜をかたどった和三盆

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
6

2011/12/7

12月稽古場A  稽古

クリックすると元のサイズで表示します
『無事』
前大徳積應叟

毎年 歳の瀬を迎えると掛ける
禅語のひとつです

しかし今年は
この言葉を掛けていいものかどうか
躊躇せざるを得ないような出来事が
日本国内でも世界各地でも起こりました


今も「あの日さえなかったら・・・」と
悔しい思いで生きていらっしゃる人々のことを思うと

無事に暮らしていることが
なんだか申し訳のないような気持ちにさせられます

想定外の出来事に翻弄されたこの一年
たまたま被災することのなかった私たちにとっては

大勢の被災された方々を通して

「無事でいること」の
ありがたさ 大切さを

あらためて学ばせていただいた一年でもありました


日々 小さな出来事で
心が揺れたり
うろたえたりしてしまう私ですが

昨日と変わらない今日があることに感謝し

「何事も無い」ことの尊さを感じつつ

心静かに 歳暮の一日を過ごしました



クリックすると元のサイズで表示します
丸卓  薄茶


クリックすると元のサイズで表示します
銘 わびすけ  鼓月製

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
4


AutoPage最新お知らせ