ようこそ、お入りを・・・。

2012/1/26

1月稽古場 4  稽古

今日も冷たい一日

ここ枚方でも
風花が舞っていたようです

炉中の
赤く静かに燃える火が
身と心を温めます

クリックすると元のサイズで表示します
『紅炉一点雪』
前大徳紹尚師

赤々と燃える炭火に
舞い落ちる
ひとひらの雪

何の音もたてず
あとかたもなく消える・・・

人の一生も
宇宙の時間からすれば
そんな雪の消えるまでのできごとかもしれません

それならば

今生きている
この一瞬を

精いっぱい楽しまなければ・・・



クリックすると元のサイズで表示します
茶筅飾


クリックすると元のサイズで表示します
主菓子 捻梅 鼓月製


クリックすると元のサイズで表示します
干菓子 越の初芽 錦梅堂製

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村



8

2012/1/25

1月稽古場 3  稽古

今日も 底冷えのする寒い一日

筒茶碗のお稽古をしていただきました


今日はTちゃん(7歳)のお友達Iちゃんが
お母様とご一緒にお稽古の見学に来られました

正座をして
Tちゃんの所作をじっと見ていたIちゃんでしたが
帰る頃には
お母様の腕にしがみついて
小さな声で「やりたい・・・」と

来月からは
可愛いお二人が 揃ってお稽古に来られることになりました


クリックすると元のサイズで表示します
『白鶴宿老松』
前大徳積應叟


クリックすると元のサイズで表示します
高麗卓  筒茶碗


クリックすると元のサイズで表示します
主菓子 水仙花 鼓月製

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村


7

2012/1/18

静かな初稽古  他会記
今日は
私が通っている稽古場の
今年初めての稽古日でした


先生は
昨年ご母堂様を亡くされ喪に服しておられるため
今年は初釜ではなく
初稽古という形で行われました


例年通り
濃茶のお道具は先生がお持ち下さり
濃茶点前をして下さいました


掛物は

啐啄斎が年の初めに描かれたという


梅の枝と月の画


花有清香
月有陰


という賛が添えられていました



後座の花入れは

ごま竹  筒



紅白の椿が
控えめに初稽古の歓びを表していました



茶入は


なで肩の肩衝   


備前でした


茶碗は


かせた煉瓦色の
あの無一物を思わせるような
わびた赤楽

銘は「猩々」


江戸時代のものでした



茶杓の銘は

「むら時雨」


また
福引の当り籤は

仁 義 礼 智 信

でした



喪中でありながら
私たち社中の者をもてなしてくださり

また

こういう静かな道具の組み方を
お教え下さった先生に

心深く感謝申し上げます








にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村

5

2012/1/12

1月稽古場 2  稽古

今日はこの冬一番の寒さとか

部屋の中にいても
手がかじかんできます

鏡開きも過ぎ
徐々に通常の生活が戻りつつ

初釜の道具も
だいぶん片付いてまいりました
 


クリックすると元のサイズで表示します
『福聚海無量』
前大徳紹尚師

福徳が海のごとく広大かつ無限に聚集(じゅしゅう)
つまり集まっていること

観音経にある
観世音菩薩の衆生救済の力が無限であるという教え

(参考「茶席の禅語大辞典」)


クリックすると元のサイズで表示します
長板 薄茶


クリックすると元のサイズで表示します
主菓子 昇り龍 鼓月製


クリックすると元のサイズで表示します
干菓子 末富製


にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村
9

2012/1/11

1月稽古場 1  稽古

今日は 初釜の後礼のお電話を受けては
昨日の余韻に浸りつつ
道具の後片つけなどをして過ごしました

夕方からは
昨日の初釜には出席されなかったお弟子さん方が
お稽古に来られました

跡見の茶というわけでもありませんが
昨日の点前道具を使って
お薄一服飲んでいただきました


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村

6


AutoPage最新お知らせ