ようこそ、お入りを・・・。

2012/8/31

8月稽古場 6  稽古

暑かった八月も 今日で終わりです

少しずつ
日の暮れるのも
早くなってきたようです

今日の研究会は
逆勝手の炭点前と濃茶点前 薄茶点前をしていただいた後
花寄せをいたしました 


クリックすると元のサイズで表示します
逆勝手濃茶点前


クリックすると元のサイズで表示します
逆勝手薄茶点前 

逆勝手の時には
風炉を少し左にふるとおっしゃる先生もおられますが

私の先生は
まっすぐでよいとおっしゃるので
私はまっすぐに置いています


クリックすると元のサイズで表示します
バーナードリーチの孫 ジェレミーリーチのお茶碗


クリックすると元のサイズで表示します
主菓子 ほおずき  鼓月製


クリックすると元のサイズで表示します
干菓子 麦落雁 匠 分隣堂製
干菓子器 メキシコ ゲレーロ州産

麦落雁は
飛騨高山に旅行に行かれた方からいただいたお土産です


クリックすると元のサイズで表示します
掛物 「臥雲聴泉」(雲に臥して泉を聴く)

クリックすると元のサイズで表示します
花寄せ

花々が次々と入れられてゆくにつれ
茶室は
過ぎ行く夏への名残と
訪れる秋の情趣に包まれていきました


1

2012/8/29

8月稽古場 5  稽古
今日8月29日は
表千家13代即中斎宗匠のご命日です

今月お稽古している略盆点前は
戦後 茶室や道具などに事欠いた時代に
即中斎宗匠が
ごく手軽に しかも秩序あり 
見た目にもうるわしい作法が必要と考えられて
定められた点前です 


クリックすると元のサイズで表示します
「松風供一啜」
東大寺 道善師


クリックすると元のサイズで表示します
根来塗棗
即中斎好写 四君子茶杓 

クリックすると元のサイズで表示します
主菓子 木槿  鼓月製



0

2012/8/23

8月稽古場 4  稽古

今日は二十四節気の「処暑」

日中の残暑は相変わらずですが
朝の涼風 夜の虫の音に
秋の気配を感じます


クリックすると元のサイズで表示します

「雲収山岳青」
(雲収まりて 山岳青し)
前大徳一甫師


クリックすると元のサイズで表示します
略盆点て

クリックすると元のサイズで表示します
 尾戸焼 11代森田芳伯作

先週 旅先の高知で求めました

尾戸焼(おどやき)は承応2年(1653)に開窯した土佐の藩窯で
山内忠義公の命により
初代森田久右衛門が 大阪の名工 久野正伯の教えを受け
その後代々継承されてきた御用窯なのだそうです


クリックすると元のサイズで表示します
主菓子 夏水仙  鼓月製


クリックすると元のサイズで表示します
干菓子 御池煎餅  亀屋良永製



0

2012/8/22

讃岐の茶室  美術館・お茶室
先週 四国に行って参りました

香川県 栗林公園で見つけたお茶室をご紹介いたします

クリックすると元のサイズで表示します

日暮亭 一文字棚席


クリックすると元のサイズで表示します
 旧日暮亭

かつて 江戸時代に「日暮亭」と称する茶屋があった跡地に
明治31年 石州流の茶室として再建されたものだそうです


クリックすると元のサイズで表示します

降り蹲踞


クリックすると元のサイズで表示します

掬月亭

歴代の藩主に「大茶屋」と呼ばれて
愛用された茶室

唐の詩人 于良史(うりょうし)の
「水を掬すれば 月手に在り」
という句から名づけられたといいます

0

2012/8/9

8月稽古場 3  稽古

枚方北山は
今朝も かすかな涼風に
秋の足音が感じられる朝でございました


クリックすると元のサイズで表示します
朝顔 さやか


クリックすると元のサイズで表示します
方円籠
木槿白一重 丸葉藤袴 糸芒 秋海棠

クリックすると元のサイズで表示します
柄杓 蓋置を使う場合の 略盆点前

0


AutoPage最新お知らせ