ようこそ、お入りを・・・。

2013/10/30

男点前と女点前  つれづれ
表千家では
男性と女性で点前が少々異なります



点前の最初に蓋置に柄杓をひく時の扱い

服紗さばきの時 男性は毎回音を鳴らす

茶入の胴拭き 棗の甲拭き

男性は素手で釜の蓋を開ける

男性は居前のまま茶碗を出す

男性だけがする引き柄杓

点前をしまう時に 男性は茶杓をもったまま服紗をさばく

膝を繰る時 男性は手をつかない

茶杓・仕服を拝見に出す時 男性は居前から



実際に
男点前をやってみて

普段している点前が
いかに女性にとって
自然で優しいものであるかを
あらためて感じました


ところで
歴史をひもとけば
そもそも
茶の湯はごく最近までは
男たち中心の世界だったようです


それでも
江戸時代中ごろには
武家や商人の家族など
女性が茶の湯に親しむようになったとも
伝えられています

「よくわかる茶道の歴史」(谷端昭夫 著 淡交社 )に
江戸時代の女性の茶の湯について
書かれている箇所があります

それによると
江戸時代
茶の湯を嗜む女性が増えてきたため
大口樵翁(しょうおう)という茶匠が
女性のために著した
「刀自袂」(とじのたもと)という著作が
残されているそうです


そこには

「いまの女の ものしりかほ(物知顔)にさし出いらへるは
いと はずかしからずや」

「婦人の茶事は物たらぬさまこそ あらまほしけれ」

などと記されていて

あくまで出すぎず、目立たぬ所作が必要だと
書かれているのだそうです


ちょっと耳が痛い話ですね


それにしても
表千家の「女点前」が
いつどのようにして定められたのか
知りたいものだと思います




14

2013/10/30

10月稽古場 6  稽古【洗心会】

今日の研究会では
台天目 運びの盆香合
男点前で濃茶・続き薄を
お勉強いたしました


クリックすると元のサイズで表示します
「閑坐聴松風」
前大徳文雅師


クリックすると元のサイズで表示します
油滴天目


クリックすると元のサイズで表示します
倶利香合


クリックすると元のサイズで表示します
中置  

現在 教室に男性が二人
お稽古に来られています

今日の参加者は全員女性でしたが
男性のお弟子さんを
持っていらっしゃる方もあるので

今日は男点前で
濃茶と続き薄のお点前をしていただき
お客様にはと男性の濃茶の飲み方を
お勉強していただきました


私自身も
お茶を習い始めてからつい最近まで
男点前というものを
したことがありませんでした


しかし
男性のお弟子さんに教えるにあたって
独習だけではわからないことがあるので
先日師匠に願い出て
男点前をご指導していただきました


そのような機会は
おそらく二度とないと思い
憐み深く教えて下さる一言一言のご注意を
ひとつ残らず覚えて帰ろうと
一生懸命に集中して
お稽古させていただきました


でも
目で見て
わかったつもりでいたことも
実際にやってみると
とても難しく
一回のお稽古では
到底自分のものにはなりません



今日は
自分自身の復習のつもりで
お弟子さんに
お稽古をしていただきました


「男点前」などと言うけれど
実はこれがお家元がなさっている
本来の表千家のお点前であって
私たちがしているのは
女性用に工夫された「女点前」です


そう思うと
男点前は私たちにとって
とても新鮮で
本当の表千家のお点前をしているという
わくわくした気持ちにさせられます


クリックすると元のサイズで表示します
主菓子  里の秋  鼓月製


12


AutoPage最新お知らせ