ようこそ、お入りを・・・。

2014/5/30

5月稽古場 4  稽古

今朝
お稽古が始まる前の八時ごろ
いつものように
玄関前の掃除をしていましたら

晴れ渡った空から
色々な鳥たちの元気な鳴き声が
次から次に聞こえて参りました


箒を持つ手を止めて
しばらく声のする方を見上げていましたが
なかなかその姿を見ることはできませんでした


今は
鳥達の巣立ちの季節です


命の喜びにあふれた
鳥達のさえずりを聴いていたら

このありふれた日常が
もしかしたら

本当はとても素敵な楽園なのかもしれない・・・と

ふとそんなことを思って
なんだかとても幸せな気持ちになりました







クリックすると元のサイズで表示します

今日のお花は

縞葦 河原撫子 下野草  山紫陽花


クリックすると元のサイズで表示します

今日は朝から
五月とは思えないような
暑さでした


それでも
五月中は袷を着ていようと・・・

エアコンを入れるのも
もう少し我慢してみようと・・・


障子戸を開け放ち
時折微かに室内に入ってくる風に
ほんの一瞬
ほっとしながら

初夏の暑さに
身体がじわっと汗ばむのを感じつつ
お稽古に励みました


正に

「殿閣に微涼を生ず」


皆様
暑い中
お疲れ様でした

でも
暑い中で
熱いお茶をいただく醍醐味も
味わっていただけたかな?


来月からは
暑い日はエアコン入れますね


今日は
それぞれの方の稽古歴に合わせて

薄茶 濃茶 炭点前  男点前などの
お稽古をしていただきました

クリックすると元のサイズで表示します
主菓子  青嵐  鼓月製

13

2014/5/28

5月稽古場 3  稽古

クリックすると元のサイズで表示します
「青山緑水」
黄梅院太玄師

花は
縞葦 下野草  河原撫子

私は
たくさん茶花を育てているわけでは
ないのですが
稽古日にはいつも
何かお花がぽっと咲いてくれているのが
不思議でありがたいです


クリックすると元のサイズで表示します
運び 濃茶


本日
初めて濃茶の稽古をなさった方が
いらっしゃいました

服紗の四方捌き

茶入れの扱い

拝見物の出し方


新しく覚えることが色々ありますが
稽古を重ねるうちに
少しずつ身につきますので

あせることなく淡々と
お稽古を繰り返し楽しんでください



クリックすると元のサイズで表示します

炭点前のお稽古は
時々しかできませんが
皆さんが少しずつ覚えていってくださるのが
うれしいです

クリックすると元のサイズで表示します
主菓子  時鳥  鼓月製


クリックすると元のサイズで表示します
干菓子  聖護院八ツ橋



7

2014/5/26

「南山城の古寺巡礼展」特別鑑賞会  美術館・お茶室

京都国立博物館では
6月15日まで
「南山城の古寺巡礼」と題した
特別展が開かれています



クリックすると元のサイズで表示します


本日は月曜日で
博物館は休館日ですが

家庭画報5月号の読者イベント

「白洲信哉さんと巡る 京都国立博物館貸切
『南山城の古寺巡礼展』特別鑑賞会

が催され
運よく抽選に当たった私も
参加させていただきました


クリックすると元のサイズで表示します

午前10時に京都駅をバスで出発し
まず初めに
京都東山の中腹にあります
「山荘 京大和」にて
京料理をいただきました


クリックすると元のサイズで表示します
茶室 「送陽亭」

「山荘 京大和」の庭にあるこの建物は
ここが西本願寺の別荘だった時に
お茶室として使われていたのだそうです

西に開いた窓から
沈む夕日が美しく見えたことから
「送陽亭」と名付けられたといいます


クリックすると元のサイズで表示します

京都国立博物館では
白洲正子さんのお孫さんである
白洲信哉氏のご案内で

「南山城」の古寺の仏像達を
ゆっくりと鑑賞させていただきました


「南山城」とは
奈良と京都の間
京都府南部の木津川沿いの一帯で

枚方市の端に住む私の家からは
車で10分から30分程で行くことのできる
身近な地域です


そんな近くの場所に
奈良時代から平安時代の伝統を守り伝える
古い寺院がたくさん点在していることに驚くと共に

またその場所が
文筆家白洲正子さんの心をとらえ
古来 貴族たちの憧れの聖地だったことを知り

あらためて
その一帯を訪ねてみたくなりました



10

2014/5/25

平成26年度表千家同門会大阪支部総会  講習会

クリックすると元のサイズで表示します
今日は
大阪商工会議所で開かれた
平成26年度表千家同門会大阪支部総会に
社中のMさんとご一緒に出席しました

この支部総会は毎年五月に開かれ
年度の会計報告や貢献のあった方々の表彰式などと共に
宗匠方による講演が行われます

本日は
森宗匠により碌々斎についてご講話がありました

私は毎年出席しているわけではないのですが
何年か前に出席した折には
偶然
昔習っていた先生が
その席で喜寿表彰を受けられて

久しぶりに先生にお目にかかることができ
御無沙汰を詫びると共に
お祝いの言葉をおかけさせていただくことができました


今日も
どなたか知り合いの先生にお目にかかるかしらと
密かに期待をしていたのですが
残念ながら私の知っている方は
どなたも出席なさっていないようでした


ところが
同門会に功労のあった先生への
表彰式が進められる中のこと

隣の席にすわっていた社中のMさんが
突然驚いたように
「あっ!」と小さい声を発せられました


なんと
彼女が今から40年程前
高校生だった頃に
お世話になっていた先生が

壇上に呼ばれ
表彰されていらっしゃったのです


Mさんは
高校の茶道部でお茶を始められ
結婚後はブランクがあったものの
十年ほど前からお稽古を再開され

今年になって同門会にも入会されて
今回初めて総会に出席されたのです

偶然
長年御無沙汰していた恩師に出会って
彼女は大変驚いていましたが

休憩時間には
さっそく前列の先生のお席まで向かい
私も一緒に
お祝いの言葉を述べさせていただきました

先生も
かつての愛弟子との思いがけない再会に
大変お喜びのご様子でした


その場面に
立ち会わせていただいた私も
とても幸せな気持ちにさせていただくことができ
本日
彼女とご一緒して本当によかったと
この不思議なめぐり合わせに
心より感謝いたしました




10

2014/5/21

5月稽古場 2  稽古

クリックすると元のサイズで表示します
社中の方が
お庭のお花をたくさんお持ちくださいました

その中で
”小葉の髄菜”と”山法師”をいれてみました


クリックすると元のサイズで表示します

運び 薄茶点前


利休百首より


稽古とは
一より習ひ十を知り
十よりかへるもとのその一



点前こそ
薄茶にあれと聞くものを
麁相(そそう)になせし人はあやまり





今日のお稽古は
十二名

朝から晩まで
途切れることなく
茶室に座って
皆様のお点前を拝見していました

この一年の間に
素晴らしく成長なさった方が
何人かあり
うれしく思いました


稽古年数が長い方には
今一度初心に返って
基本的なことを確認しながら
お点前に集中していただきました


また
この一年で
社中同士の心の交流が
より深まっていることも感じられて
それもうれしく思いました



クリックすると元のサイズで表示します
干菓子  亀屋良永製 末富製


11


AutoPage最新お知らせ