ようこそ、お入りを・・・。

2014/12/26

12月稽古場 6  稽古

今日は
今年最後の終い稽古をいたしました

クリックすると元のサイズで表示します
「先者今年無事 芽出度千秋楽」
前大徳泰道師


クリックすると元のサイズで表示します
三重棚  長緒


クリックすると元のサイズで表示します
重ね茶碗

クリックすると元のサイズで表示します
大折据


クリックすると元のサイズで表示します
数茶

十種香の札の当たった人から
順にお茶をいただくという
七事式の稽古の一つです


他の七事式と異なり
席中でお菓子をいただくなど

なごやかにお茶を楽しむ
くつろいだ雰囲気で
おこなわれます


クリックすると元のサイズで表示します
主菓子  柚子金団  鼓月製


クリックすると元のサイズで表示します
中菓子  華  鼓月製


クリックすると元のサイズで表示します
巴半田

最後に廻り炭をして
今年一年の稽古をしめくくりました


社中の皆様と共に
日々精進を重ねて

何はともあれ無事に
今年最後の稽古を
和気藹々に終えることができましたことを
ありがたく感謝しております


また
この一年
このブログを訪れて下さった方々にも
心より感謝申し上げます


ありがとうございました

皆様 どうぞ
よいお年をお迎えくださいますように







15

2014/12/24

12月稽古場 5  稽古

クリックすると元のサイズで表示します
「悠然聴松風」
紫野寛州師


今年も残すところ1週間となりました

あれもしなければ
これもまだ・・・と

何となく気忙しい日々ですが
このような時こそ

悠然と松風の音を聴きながら
ゆったりとお茶をいただく
心のゆとりが
必要かもしれませんね




クリックすると元のサイズで表示します
茶筅飾り


クリックすると元のサイズで表示します
主菓子  南天  鼓月製


クリックすると元のサイズで表示します
干菓子 也風流(またふうりゅう)  末富製


11

2014/12/18

12月稽古場 4  稽古

クリックすると元のサイズで表示します
「三冬枯木花」
前大徳一甫師

「三冬」とは
陰暦の10月・11月・12月の
冬季三ケ月のこと

その寒気厳しい真冬に
枯れ木に突然 
花がぽっと咲く

これは

「悟りの上の 自由な境地」

を示しているのだそうです
(参考:分類総覧「禅語の味わい方」)   


実は今年の年頭
私は

「自由」という言葉が気になり

この一年 折に触れて
真の「自由」とは何なのか考えながら
過ごしてきました


寒さ極まり
正に今日のように
指先が痛くなるほどの寒気の中

花はもちろん
実も葉も
すべてを落とし

ただ
そこに寒々と立ちすくんでいる枯れ木

そこに突然
柔らかな小さな花が咲く・・・!?

出口が見つかりそうにないような
状況の中でも

ありえないような素晴らしいことが
起こることを

受け入れて認める「自由」


そんな「自由」な境地を
楽しめる自分でありたいと思います

クリックすると元のサイズで表示します

朝と午後のお稽古が終わり
皆さんがお帰りになった後
一人で
筒茶碗でお薄を点てて自服しました


ここ数日
心が不安定になることが重なり
自分のエネルギーが落ちていると
感じていました


誰もいない部屋で
ただ黙々と点前をしていると
不思議と
気持ちが静まってきて


今この瞬間も
今朝のことも
昨日や一昨日のことも

すべてがなんだか
夢の中のできごとのような
感覚になりました


クリックすると元のサイズで表示します
主菓子 雪中花  鼓月製


クリックすると元のサイズで表示します
干菓子  黒豆しぼり

10

2014/12/11

12月稽古場 3  稽古

クリックすると元のサイズで表示します
「看々臘月盡」
前大徳紹尚師

「よく見なさい もう12月ですよ」
という意味だそうです


いつも
この時期になると
思います


色々あったけれど
あっという間の一年だったな・・・


そして

この一年
私はどれだけ成長出来たのかな・・・と



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



私の茶道教室には現在
23名の方が在籍されていますが

お稽古が終わると

「なかなか覚わらなくて
すみません」

というようなことを
皆さんよくおっしゃいます



中には
真綿に水がしみこむように
どんどん
新しいことを吸収していかれる方もありますが

ゆっくりゆっくりと咀嚼して
少しずつ飲み込んでいかれる方もあります

そうかと思えば

これまでの間には
大急ぎでバタバタッと
走り抜けていったような方も何人か
いらっしゃいました


お点前の所作も
皆さんに同じようにご指導しているつもりですが

お一人おひとり
全て少しずつ違っていて
誰一人として
同じ方はいらっしゃいません


考えてみたら
それは当たりまえのことなのです

一人ずつそれぞれ
お顔が違うように
お点前の癖や
吸収する早さが違って当然なのです


私は
そんな皆さん一人一人と
お出会いし

23名の方全員に
真剣に向き合っております


以前
「先生の所では○年お世話になりましたので卒業します」
とおっしゃって
自ら去っていかれた方もありました


それもまた
その人の道


ご縁のあったすべてのお弟子さんの
それぞれの思いや個性を尊重し
大切にしたいと
私は思っています



ゆっくり歩む人には
その人にしか見えない
足元の景色が見えるものです


そして
歩き続ける限り

間違いなく
少しずつ前に進んでいるのです


大丈夫

この一年

あなたも
ちゃんと成長していらっしゃいますよ


クリックすると元のサイズで表示します
丸卓  筒茶碗

筒茶碗でいただくお茶が
とてもおいしく感じられる季節になりましたね

14

2014/12/10

12月稽古場 2  稽古

クリックすると元のサイズで表示します
「看々臘月盡」
前大徳紹尚師

今年もあとひと月足らずとなりました

皆様にとって
今年はどんな一年でしたでしょうか

それぞれに
「良きこと」もあれば「良くないこと」も
あったかもしれません

でも
私たちの視点より
もっと高い高い次元から見れば

全ての出来事は

「よきこと」だった!


そんなふうに言い切って
この一年を振り返ってみるのも
よいかもしれませんね



クリックすると元のサイズで表示します
丸卓  薄茶点前


クリックすると元のサイズで表示します
主菓子  京の師走  鼓月製


クリックすると元のサイズで表示します
干菓子  雪輪 笹  亀屋伊織製  



8


AutoPage最新お知らせ