ようこそ、お入りを・・・。

2015/2/27

2月稽古場 6  稽古

クリックすると元のサイズで表示します

利休様の祥月命日は旧暦2月28日です

表千家家元では
新暦に換算して
3月27日に利休忌の行事が催されます


今日の研究会では
明日が2月28日ということで

床に利休像を掛けて
菜の花とお茶を
お供えさせていただきました


クリックすると元のサイズで表示します
初炭


クリックすると元のサイズで表示します
お茶とう


クリックすると元のサイズで表示します
薄茶 筒茶碗  絞り茶巾


クリックすると元のサイズで表示します
後炭


クリックすると元のサイズで表示します
唐物  

今日は「行」の稽古をしました



クリックすると元のサイズで表示します
主菓子  初音  鼓月製

8

2015/2/25

2月稽古場 5   稽古
クリックすると元のサイズで表示します

『弄花香満衣』
(花を弄ずれば 香 衣に満つ)
前大徳泰道師

本日2月25日は
菅原道真の祥月命日です

北野天満宮では
毎年この日に
梅花祭が行われます


お供えの気持ちで
鶴首の花入れに
梅の一枝を
入れました


今日も
稽古場には
朝からよき人々が集い

日の暮れるまで
途切れることなく

熱心に
お稽古が続けられていました


皆様の真剣な眼差しを見ていますと
背筋がぴんと伸びる思いがいたします


クリックすると元のサイズで表示します
好文棚  組合点

今日は
習い事のお免状をお持ちの方には

茶筅飾 組合点 仕組点のいずれかを
ご自分で選んで
お稽古していただきました


クリックすると元のサイズで表示します
主菓子  野焼  鼓月製


クリックすると元のサイズで表示します
干菓子  金沢諸江屋の唐松せんべい 小布施の栗らくがん 

9

2015/2/23

愛宕坂茶道美術館  美術館・お茶室
週末
福井の芦原温泉まででかけて
ゆっくりしたついでに

福井市愛宕坂茶道美術館
立ち寄りました

クリックすると元のサイズで表示します

1階の常設展示室には

室町時代後期
越前を支配した朝倉氏に関する資料が
展示されていました

朝倉氏は
天正元年(1573)に織田信長に滅ぼされるまで
京都の文化文物を積極的に取り入れ

茶の湯の嗜みは
中級・下級武士の間にも
深く浸透していたのだそうです

驚いたことには

遺跡から出土したという展示品の中に

日本一古いと言われる茶筌と
竹の茶杓がありました


その茶筌は
少し押しつぶされたような形で
出雲のぼてぼて茶の茶筌を
短くしたようなものでした


また茶杓は
長さ八寸ほどの
少し湾曲した竹べらのような
大変素朴なものでした

その他には
日本製の茶壷や
日本製の天目茶碗などが展示されていて


京の都から遠く離れたこの山間で
千利休が歴史の舞台に現れる以前より

茶の湯文化が
広く花開いていたことに
驚かされました


江戸時代に入ってからは
福井藩主・越前松平家により
茶道文化は発展し

今日まで
この地域に受け継がれているのだそうです


2階の企画展示室では

「館蔵茶道具優品展」と題し
江戸時代を中心とした
館蔵品が展示されていました
(3月3日まで)


クリックすると元のサイズで表示します
茶室「尚庵」


8

2015/2/19

2月稽古場 4   稽古

クリックすると元のサイズで表示します
「雪月花」
禅居庵

今日は
庭の片隅で咲いていた
万作の花を入れてみました

ちょっと香りが
気になりましたが

「まず咲く」ことから
名付けられたという
早春の花

皆さんと一緒に眺めたくて・・・


クリックすると元のサイズで表示します
好文棚  濃茶点前


クリックすると元のサイズで表示します
筒茶碗


筒茶碗の扱いは
これまで
先生によって
微妙に異なる点があると感じていましたが

昨日のお稽古で
「目からウロコ」の扱いを
教えていただきましたので

今日は
皆さんがお帰りになった後で

一人で
稽古をしてみました


理にかなっていて
しかもとても丁寧な扱いなので

格の高い筒茶碗を使う時や
目上の方に筒茶碗でお茶を差し上げる時には
このような扱い方をすることが
一番よいのではないかと感じました


ある程度
お稽古を積まれた方には
この扱い方をお伝えして

後は
時と場合により
ご自身で選択して
お点前していただいたらよいかなと思っています



クリックすると元のサイズで表示します
主菓子  花水仙  鼓月製


クリックすると元のサイズで表示します
干菓子  長生殿  こぼれ松葉


10

2015/2/12

2月稽古場 3  稽古

今日は
ご結婚 お引越し ご出産のために
しばらくお休みをされていた
Kさん(旧姓Fさん)が
久しぶりに稽古場にお顔を見せてくれました


まだ当分は
子育てに専念されるそうですが

将来はまた
お稽古を続けたいと思っているとのこと


何にでも一生懸命のKさん

今は子育てを頑張って
いつか余裕ができた時には


お家の近くの
通いやすいお稽古場でもいいですから

是非またお茶のお稽古
再開してくださいね



クリックすると元のサイズで表示します
「紅炉一点雪」
前大徳紹尚師


赤く燃えた炭に舞い落ちた雪が
一瞬のうちに
消えてなくなるように


怒りも
悲しみも

喜びでさえも

それに執着せず


一瞬で
手放したら

きっと

いつも心は
穏やかでいられるのでしょうね・・・



クリックすると元のサイズで表示します
炭点前

いつも
週稽古では
あまりしていただく機会が無いのですが

今月と来月は
なるべく一日に一人ずつ
炭点前をしていただこうと思っています


クリックすると元のサイズで表示します
主菓子  初音  鼓月製



8


AutoPage最新お知らせ