ようこそ、お入りを・・・。

2015/10/22

10月稽古場 4  稽古

クリックすると元のサイズで表示します
「円相  お茶はいかが」
東大寺道善師


花入 如心斎好 稲塚写

花  浜菊  りんどう


今日より
また一人新しい方が
稽古場におみえになりました

まずは
席入りの仕方を稽古していただき

お薄とお濃茶を
一服ずつ
召し上がっていただきました





クリックすると元のサイズで表示します
午後のお稽古に来られた方が
おうちの山から
紫式部をたくさん採って
お持ちくださいました


花入れを宗全籠にかえて
入れてみました



クリックすると元のサイズで表示します
中置



クリックすると元のサイズで表示します
主菓子  菊襲(きくがさね) 鼓月製

「菊襲」とは
女房装束の衣類のかさね色目の一つで
表は白 裏は蘇芳色

九月九日の重陽に節句から
着用したのだそうです


ちょうど昨日は
旧暦の九月九日

旧重陽でございました



クリックすると元のサイズで表示します
干菓子  熊本銘菓 松風   奈良の葛菓子 菊の香


今日のお稽古は
”菊尽くし”になりました




12

2015/10/21

つけぼし  つれづれ

今日は
月に一度通っているお稽古場で
「つけぼし」という
珍しいお香のつくり方を
教えていただきました

これは
紅葉や松葉などの落ち葉に
香木の小さな削りかすや
古くなった練り香の粉などを
うすめた大和糊などでつけて
作ります

名残の時季だけに
使うものなのだそうです



クリックすると元のサイズで表示します


紅葉の裏側に
糊をつけて
そこに
削ったお香などをまぶして
糊がかわくまで陰干しをしました


日中は
まだ暑いと感じるような日もありますが

来月には
お茶室は風炉から炉へと変わります

もう
「冬の隣」なのですね。。。


10

2015/10/15

東大寺席  茶会

クリックすると元のサイズで表示します

本日は
奈良の東大寺において
「大仏さま秋の祭」が行われ
大仏殿にて慶讃法要が営まれました

献茶式では
猶有斎宗匠のご奉仕により
濃茶・薄茶が大仏様に献じられました

そして今年も
東大寺塔頭真言院での
添え釜のお手伝いを
させていただきました


本年は
東大寺と所縁の深い
高野山開創1200年にあたります

お床には
高野山金剛峰寺の
和田有玄座主の書かれた

一行軸『光明満法界』を

お寺からお借りして
掛けさせていただきました


また
お水取りの際にお使いになる
別火坊台子や
東大寺古材から作られたお茶杓など

東大寺に因んだお道具で
お客様をおもてなしさせていただきました


別火坊台子には
柱に蝋燭立がついており

今日は
お堂の電気を消して
蝋燭の灯りをともしました



一年に一度
このお茶会のために集まる方々と共に

緊張感の中
和気藹々に
楽しくお手伝いをさせていただきました


お顔見知りのお客様も
大勢お越しいただき
うれしいことでした


クリックすると元のサイズで表示します


15

2015/10/13

畳が入りました  稽古場茶室改装工事

本日
新しい茶室の畳が入りました

来月より
お稽古場はこちらに移ります


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

17

2015/10/11

第33回 松花堂忌茶会  他会記

京都・八幡市に
江戸時代の文化人・松花堂昭乗ゆかりの
松花堂庭園があります


本日は
昭乗の遺徳を偲んで毎年開かれている
松花堂忌茶会に

社中の方々と連れだって
出かけて参りました

クリックすると元のサイズで表示します
本席  松隠

待合には
石清水八幡宮の宮大工が
昭乗の画を写して書いたという
布袋図

本席の床には

「仏性」の歌題で書かれた
昭乗筆 和歌短冊が
掛けられていました


クリックすると元のサイズで表示します

お薄をいただいた後は
別館にて
吉兆の点心をいただき

続いて2階の副席にて
お煎茶をいただきました


その後
ゆっくり庭園内を散策し
「草庵・松花堂」や「泉坊書院」を巡り

最後に
松花堂美術館にて開かれている
「館蔵品展」を拝見いたしました


心地よい風の吹く中
薄く色づいた木々の葉に目をやりながら

穏やかな秋の一日を楽しませていただきました


12


AutoPage最新お知らせ