ようこそ、お入りを・・・。

2015/11/17

11月稽古場 3  稽古【洗心会】

クリックすると元のサイズで表示します
「松樹千年翠」
大徳寺黄梅院太玄師

花入れは
現在露地の竹垣工事を進めて下さっている
「竹匠」さんの作られたものです


先日
「竹匠」さんのお店で見つけて
おとしを入れていただきました


景色の良い
置き筒の花入れで
とても気に入っています



クリックすると元のサイズで表示します
運び 薄茶点前


皆さんのお稽古が終わった後
釜がまだ煮えていたので
一人でお点前をしました

お茶を点て
自服をしていると


突然
深い森の中にたった一人取り残されたような
何とも言えない孤独感が
襲ってきて
泣き出したいような気分になりました


ちょっと
疲れているのでしょうか・・・


それとも
まだ
自分自身が
この茶室に慣れていないからでしょうか


でも
ふと気づくと
扁額の「洗心」という言葉が

私を静かに
じっと見下ろしていました


その時なぜか
子供の頃から
ずっと見守り続けてくれている
誰かの存在を感じ

すうっと
心が安らぎました

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
主菓子 蔦紅葉


14

2015/11/15

資格者講習会と湯木美術館  講習会

本日は
大阪美術倶楽部にて

同門会大阪支部の資格者講習会を受講して参りました


クリックすると元のサイズで表示します

今回の受講科目は
「茶カフキ」でした



講師の先生は
森宗匠と吉水宗匠に
お出ましいただいていました


私は
吉水宗匠の会場で受講しました


日本のお茶の歴史を
利休以前にさかのぼり

平安時代の團茶から
鎌倉〜室町時代の闘茶のお話など

わかりやすくお話下さいました



大阪美術倶楽部から
歩いて10分ほどの所に
湯木美術館があります↓

クリックすると元のサイズで表示します

「禅僧と茶道具〜大徳寺を中心に」という
特別展が開かれていました
(12月20日まで)


印象に残ったのは

千家名物 黄瀬戸建水 銘「利休大脇差」

これは
稽古で写し物の稽古道具を使っているので
本歌を篤と拝見しました


それから

宇治焼 肩衝茶入

昨年 
ある所で
宇治焼のお茶入でもてなしていただいたので
その日のことを
懐かしく思い出しました


それから

茶飯釜 銭屋宗徳所持

表流では
茶飯釜でのもてなしは
あまり聞いたことがありませんでしたが

宗旦の時代からあったものだということを
初めて知りました

展示されていた茶飯釜は
宗旦が
弟子の銭屋宗徳に送ったものでした

この釜一つで
懐石用の飯を炊き

お茶を点てる湯も沸かすそうです


蓋に工夫があって
面白いと思いました





11

2015/11/12

11月稽古場 2  稽古【洗心会】

新しい稽古場「洗心亭」は
自宅から歩いて
2分ほどのところにあります


今朝9時ごろ
稽古場に向かって歩いている時

見事な菊を作って並べている
ご近所の家の前を通りかかると

私が着物を着て
茶花用にと花を一枝
手にしていたからでしょうか



「お花の先生をされているんですか」と
手入れをされていたご主人が
声をかけてくださいました


「いいえ お花ではないのですが
お茶を教えております」と
申し上げると


「よかったら 持って行ってくださいよ」と

菊の花を何本も取って
手渡して下さいました

クリックすると元のサイズで表示します

私は
恐縮しながらも

大切に育てたお花を

「花もそろそろ終わりですから」と
言いながら

惜しげもなく切って下さった
ご主人の気持ちを

ありがたく
頂戴することにいたしました


クリックすると元のサイズで表示します

今日のお床には
いただいた黄色い小菊を
たっぷりと
飾らせていただきました



クリックすると元のサイズで表示します
干菓子  松風  利休古印


13

2015/11/11

11月稽古場 1  稽古【洗心会】


今日から
「洗心亭」での
稽古がスタートしました



今朝
目覚める瞬間に

突然
目の前に
オレンジ色の英語の文字が見えました


"God bless you"


不思議でした・・・


クリックすると元のサイズで表示します
「鶴舞千年松」
東大寺 寛秀師



今日は
7名の方がお稽古に来られました



茶室の定位置に座り
お弟子さんの入室されるのを
静かに待っていますと

さあっと襖が開き

そこに
お弟子さんの満面の笑顔が
ありました



今日は
先日の茶席披きの緊張感から
ちょっぴり解放された
お弟子さん達の

華やぐ笑顔が
とても印象的な
お稽古初日となりました



クリックすると元のサイズで表示します
主菓子  織部  鼓月製



15

2015/11/9

蹲踞の石   稽古場茶室改装工事

昨日は
新しい茶室の席披きをしましたが

実は
外構工事はまだ終わっていなくて
露地はこれから造ります


今日は
造園屋さんと一緒に
蹲踞の石を選びにいかせていただきました

クリックすると元のサイズで表示します

あまりにもたくさんの
蹲踞や灯篭に
びっくりするやら
興奮するやら・・・!


造園屋さんに
石の説明を受けながら
色々見せていただく中で

心にとまった蹲踞ありました


鞍馬石なのだそうです

水穴が深いです

”みかん”に彫ってあるのだそうです


クリックすると元のサイズで表示します

12


AutoPage最新お知らせ