ようこそ、お入りを・・・。

2016/1/28

1月稽古場 4  稽古

クリックすると元のサイズで表示します
啐啄斎写 福禄寿画賛

クリックすると元のサイズで表示します
干菓子  福豆  薄氷

いずれも
社中の方の手作りです


現在
社中には
20余名の方が在籍されています


月に5日の稽古日を設けて
朝10時から夜7時頃までお稽古をしています

お弟子さん達には
ご都合でそのうち2日を選んで
お越しいただいています


茶の道に入ったばかりの初心者の方から
茶歴のずいぶん長い方まで

それぞれに個性豊かで多才な方々が
集って下さっております


熱心な多くのお弟子さんに恵まれて
私は本当に幸せ者でございます



18

2016/1/27

1月稽古場 3  稽古

今年一番の
厳しい寒さも
峠を越えたようです


茶室に差し込む光にも
春が少しずつ近づいていることを
感ずる一日でした


とは言え今日は
ご自身やご家族が体調を崩されて
三名の方がお休みされました


既に花粉が飛んでいるのか
私自身も鼻がむずむずして
一日中マスクをかけて
稽古場に座っていました


体調管理に
気を遣う季節です





クリックすると元のサイズで表示します
啐啄斎写 福禄寿画賛

今年家元初釜で
松風楼に掛けられていた掛物の写しです


クリックすると元のサイズで表示します
紹鴎棚 長緒 濃茶点前 


クリックすると元のサイズで表示します
主菓子  寒紅梅  鼓月製


クリックすると元のサイズで表示します
干菓子  松葉  薄氷


12

2016/1/25

逸翁白梅茶会  他会記
クリックすると元のサイズで表示します
本日は
大阪府池田市にある
小林一三記念館で開かれた
逸翁白梅茶会に参加させていただきました


このお茶会は
小林一三(逸翁)さんを偲んで
その命日に
逸翁さんのお道具を使い
毎年開かれているのだそうです


逸翁さんのご命日は
昭和32年1月25日なのだそうです

私が生まれたのは
昭和31年の9月ですから

ほぼ私がこの世に生を受けた時代に
逸翁さんはお亡くなりになったのだなあと
あらためて思いました


本日の懸釜ご担当は
生形宗匠でございました


今年の干支 お猿さんに因んだお道具が
色々使われておりましたが

中でも印象に残ったのは

掛物 雪中燈籠猿図  森狙仙筆




雪をかぶった燈籠の周りで
思い思いに遊ぶ
数匹の猿を画いたもので
とても心温まる画でした


お茶碗は
伊羅保  黒織部  赤楽柳絵

いずれも
手に取るととても軽やかで

逸翁さんの
繊細なお優しい心が感じ取れました


今日は
今年一番の厳しい寒さの一日でしたが

茶室「人我亭」には
静かな冬の陽が差し込み

心穏やかなひとときを
過ごさせていただきました













19

2016/1/21

1月稽古場 2  稽古

クリックすると元のサイズで表示します
「福寿」
前大徳柳生紹尚師

クリックすると元のサイズで表示します
今日は
お一人お稽古が終わる度に
障子とアルミサッシを開けて
換気をしました


今日も
昨日と同じく
朝10時から夜7時頃まで
お稽古をしていましたが

昨日と違って
お稽古が終わった後も
気分が悪くなることもなく
全く疲れを感じませんでした


もっと早くに気づくべきだったとは思いますが
それにしても
大事に至らずにすんで
よかったと
胸をなでおろしています


お正月に引いた御神籤は
『大吉』と出ましたが
「油断をしないように」とも
書いてありました


今年一年
気を引き締めて
がんばろうと思います


クリックすると元のサイズで表示します
主菓子  あけぼの椿  鼓月製

クリックすると元のサイズで表示します
干菓子

14

2016/1/20

1月稽古場 1  稽古

クリックすると元のサイズで表示します
今日は
今年初めての稽古日でした

そして
明日は二十四節気の「大寒」です

寒さも本格的になり
今日は
障子戸の外のアルミサッシを
全てぴっちりと閉めて
お稽古をしていました

そのため
換気不足のために
炭の燃焼による
一酸化炭素が茶室にたまり

お弟子さんの中に
お体の不調を訴える方が現れ
皆さんに大変ご迷惑をおかけしてしまいました

そして
皆さんのお稽古が終わる頃
私自身にも頭痛とめまいがおこってきました


以前の茶室に比べて
広くなったので
なんとなく
油断をしていました


今日は炭の燃え方も激しく
しかも窓を開けていなかったのが
よくなかったのだと思います

よく考えたら
自宅の稽古場と違い
こちらは
茶室以外の洋間がほとんど二重サッシになっていて
家全体の気密性が
とても高かったのです

これまでにも
こちらに移ってから
稽古やお茶会の途中で
気分の悪くなられた方がありました

社中の皆様に
心よりお詫び申し上げますと共に

これからは
こまめに窓を開けて
換気に気を配りながら
お稽古するよう
万全の注意を払って参りたいと思います



17


AutoPage最新お知らせ