ようこそ、お入りを・・・。

2016/6/17

北山会館「千家十職展」  美術館・お茶室

京都北山にある
表千家北山会館で
特別展が
今月末まで開かれています


私の住んでいる
枚方北山から京都の北山までは
車で1時間で行くことができます


今日は
午前中に時間があったので
9時半の開館時間をめざして
車を走らせました

クリックすると元のサイズで表示します

今回の特別展は
「千家十職展 新しい作品を中心に」という
タイトルで催されていました


まず2階の展示室を
続いて
立礼席の道具を拝見しました

而妙斎筆横物
「青山緑水」の表具の美しさにみとれ
その前におかれた
大胆な形の四方手付置籠を見ていたら

スタッフの女性が近づいて来られて
しばらくお話をさせていただきました


この花入れは
竹細工であるのに
「飛来一閑作」となっているのが
興味深く思いました

慶入作蓋置に
「七回才」と書かれているのは

干支が七回巡ってきた年の作であろうとのことでした

呈茶ロビーで
お薄を一服いただいて

三階展示室に上がりました

十職さん達の
繊細かつ大胆な渾身の作品の数々に
眼福を得る思いでした

最後に
地階清友ホールで上映されている
「千家十職 各家の仕事」を見ました


広いホールにたった一人きり
贅沢なひとときでした

クリックすると元のサイズで表示します


これまでも
千家十職の特別展は
何度か催され
その都度拝見していましたが

今回
あらためて気づいたことが
ありました

それは
茶事のハイライト
濃茶点前において

茶を入れる茶入れに関しては

千家十職の職人さんは
全くというわけではないですが
ほとんど作っておられないということです


茶入れは
唐物はもちろん
瀬戸などの国焼のものも

古い時代から現代に至るまで
十職さん以外の様々な作家・職人の作ったものが
使われているということに

今さらですが
気が付きました

これは
「茶入れ」が
茶の湯に置いて

他の道具とは
一線を画し
性格を異にしていることを
表しているような気がしました









17

2016/6/16

6月稽古場 4  稽古

今日は
断続的に雨の降り続ける中

午前中にお二人
午後は三名の方が
お稽古にお越しになりました


暑さに向かうこの時季
体調を崩される方が多いようです

先日
お身体の不調で早くお帰りになった方は
お元気になってお稽古に来られましたが

今日もまた一名の方が
体調不良の為ご欠席でした

身体は
魂の宿る神殿です

ご自分の身体の声をよく聞いて
休める時にはしっかりと休んで
夏を乗り切って参りましょう



クリックすると元のサイズで表示します
『青山緑水』
大徳寺黄梅院太玄師

「茶碗飾」


クリックすると元のサイズで表示します

夏椿 半夏生 下野草


クリックすると元のサイズで表示します
二重棚

今日は
「続き薄」の稽古をしました


クリックすると元のサイズで表示します
主菓子  夏椿  鼓月製


月初めに注文して
本日届いたお菓子と

今朝用意したお花が

思いがけず
同じ「夏椿」になってしまいました


クリックすると元のサイズで表示します
岡山銘菓きびだんご


おまけ↓
クリックすると元のサイズで表示します
岡山の桃太郎線




13

2016/6/9

6月稽古場 3  稽古

今月に入り
西日本は
4日に梅雨入りをしたそうですが
その後も
比較的爽やかな気候が続いていました

しかし今日は
朝から蒸し暑さを感じ
午後からは
本降りの雨となりました


本日は
午後より四名の方々がお越しになり
薄茶点前の稽古をなさいました


釜の煮える音
茶碗に湯のそそがれる音に
耳を傾けながら

緊張感の中にも

おいしいお菓子とお薄に
ふと心が和み

社中の皆様の
楽しげな笑い声が茶室に響く
午後のお稽古でした


クリックすると元のサイズで表示します
鮎の画 「潺々」
大徳寺黄梅院太玄師賛

クリックすると元のサイズで表示します
「山是山水是水」
前大徳紹尚師


クリックすると元のサイズで表示します
二重棚  薄茶点前  総飾り

11

2016/6/8

6月稽古場 2  稽古

クリックすると元のサイズで表示します
鮎の画 「潺々」
大徳寺黄梅院太玄師賛


クリックすると元のサイズで表示します
二重棚  薄茶点前


クリックすると元のサイズで表示します

先日
石清水八幡宮のお献茶に参列した折
茶筅を買ったところで
いただいたお茶杓です

(その日の記事はコチラから)

後日
ネットで
茶筒探して買いました

銘を「石清水」とつけました

節のあたりの景色が

正に
岩の隙間から湧き出る清水のようで
気に入っています





クリックすると元のサイズで表示します
主菓子  風薫る   鼓月製


クリックすると元のサイズで表示します
干菓子  ピーナッツせんべい

7

2016/6/5

曙会  他会記

大阪今橋の鶴屋八幡における
曙会の月釜に行ってきました

クリックすると元のサイズで表示します

本日のご担当は
古曾部焼窯元 寒川義崇先生でした

朝九時半に到着しましたが
待合には既に大勢の参会者が
お越しになっていました


本席の床には
沢庵和尚の消息が掛けられていました

長板の上の
義山の水指が涼しげでした

お茶杓は尋牛斎宗匠作 銘「蛍」

主茶碗は左入作馬盥

点て出しには
古曾部焼の数茶碗を多数使って
楽しませて下さいました

寒川先生は
ふさふさの髪と
きびきびしたお話ぶりから
私よりもお若いのかと思いましたら

御年65歳とお聞きし
驚きました



12


AutoPage最新お知らせ