ようこそ、お入りを・・・。

2017/7/7

薄茶器のお茶のはき方について  つれづれ

千利休の教えを
分かりやすく覚えさせるために作られたと言われる
「利休百首」の中に

次のような歌があります


中次は胴を横手にかきて取れ
茶杓は直におくものぞかし


棗には蓋半月に手をかけて
茶杓を丸く置くとこそしれ


また
蓋を拭く時に

棗は「こ」の字に
中次などは「ニ」の字に

という違いがあるのも
その形状から
ごく自然に導かれることのように思われます


そう考えますと
お茶のはき方の違いも

茶器の形状との調和と言いますか
茶道美といった観点でとらえますと
何となく納得できるような気がいたしますが
皆様はいかがお感じになられますでしょうか?



クリックすると元のサイズで表示します
(「定本 茶の湯表千家 上巻 P185)



12


AutoPage最新お知らせ