ようこそ、お入りを・・・。

2019/7/1

積善之家必有餘慶  他会記

「積善之家必有餘慶」

積善の家には必ず余慶(よけい)有り


本日伺ったお席の待合で
拝見した言葉です


子供や子孫が幸せであるように願う。。。


そして
自分が今幸せであるのは

遡る祖先のお陰。。。


その命のつながりを
あらためて思わせていただきました



お席主は御年88歳

長きにわたって
茶の道を歩まれたというそのお方は
美しい白髪と柔らかな物腰の
上品なご婦人でした


ただお耳が遠いために
席主の隣には
娘さんがお座りになって
お道具のご説明をしてくださいました


その母娘並んだお姿に
お家の幸せを感じさせていただきました


本席の掛け物は
 
「白雲深處躍金龍」

青漆爪紅の長板には

南鐐の大きな水指がいかにも涼しげで

小ぶりの筒釜についた蝉の鐶付が
これぞ夏のお茶!と言わんばかりで
楽しませていただきました


お正客がその形を絶賛されていた
煙管の雁首も南鐐で
古いものにもかかわらず
涼しげに光っておりました


10


AutoPage最新お知らせ