ようこそ、お入りを・・・。

2019/7/13

堀内宗心『私の茶の湯考』より@  座右の書
クリックすると元のサイズで表示します
堀内宗心『私の茶の湯考』世界文化社
          
「第1章 茶道について考えること」より抜粋

(p13-14)
お茶を含めて、人を指導するということは
ひとつの菩薩道であります。

つねに相手と同じ高さまで身を落として、
すなわち身を低めて、そうして
人を引き上げるということであります。

荷物の集配所で働いているリフトのように、
その人のところへ走っていって、
荷物と同じ高さまで支台を下げて
荷物を持ち上げて
目的地に持っていくのであります。



(p15)
わび茶の三原則について

一、道具はもちろん、花や料理にいたるまで、
心を込めるべき、主となるものは一つに絞ること、

一、礼儀を正しくすること、

一、茶人はいかにあるべきか、という自覚をもつこと、



(p16)
使用目的を優先しないと茶器としての意義はないのであります。
茶器に限らず、建築の場合、すなわち茶室について
必ずしも茶人の作意が先にたつのではなくて
必要に迫られた条件によってこれに適合するための
工夫と努力から茶室は創り出されるということであります。



(p21)
道具一種のわび茶について

これというものが一つあれば
お茶ができるという考え方です

作為は作りだしていくものではなくて
場に臨んで必要から生まれてくる、
そうせんでもいいものを無理につくるというのでなく
自然に出てくるというのが
ほんとうの作為であると思います。



(p22)
季節感について

季節があってええんです。ええんですけども...
私はもっと自由に使ってええんやないかと思うんです。...
むしろ集中すべきなのは直心の交わりで
客と自分の対決であって
季節というのはおのずからのものだと、私は言うんです。



(p23)
わび茶と主客の対決について

対決は対決なんで喧嘩する意味の対決ではない。
相対することなんですね。
別になんの飾り気もなく人と人がふれあうと。




8

2019/7/13

わび茶・・・  つれづれ

クリックすると元のサイズで表示します

小間のお茶室が
一歩ずつ完成に向けて
歩を早めております

まだ壁は塗られていない
お茶室の中にじっと座っていると

「わび茶」とは・・・

という未知の世界への不安で心がいっぱいになって
なんだか畏れ多くなります


でもここまで来てしまったのですから
もう逃げ出すわけにはいかないのです


振り返れば
これまでもずっとそうでした


稽古場にいながら
どうして
私がこんなところに座って
お茶を教えているのだろう。。。と
何度思ったかわかりません


これは
運命だったと考える他はありません


「わび茶」とは何か・・・


それを知るためには
実践するしかないのはわかっています


しかし利休の時代より
「さびたるハよし さばしたるハあし」(『源流茶話』)と
言われます

令和時代に
どんなお茶を目指していったらよいのか・・・


その手がかりが欲しくて
本棚にある一冊に手をのばしました


40代の頃
茶道を再開した頃に
何となく手に取って読んだ本です

裏表紙に
2001年7月17日という
読んだ日付のメモがありました


18年ぶりに読んでみると
よく覚えていることもあれば
あの頃には気づかなかった発見や驚きもありました


今一度ここで
自分自身の指針として
特に心に響いた言葉を抜粋し
書きとめておきたいと思います


クリックすると元のサイズで表示します

『私の茶の湯考』(著・掘内宗心 世界文化社) 

8


AutoPage最新お知らせ