ようこそ、お入りを・・・。

2019/10/3

10月稽古場 2  稽古

クリックすると元のサイズで表示します
「一期一会」
紫野大真師

先日
お世話になっている大工さんが
小間に掛ける扁額の木の見本を
持ってきて下さいました

松と神代杉を持ってきて下さったのですが
私は神代杉を選びました


その時お持ちいただいた見本(?)を
どうぞお花の敷板にして下さいと
二枚とも置いていって下さいました


蛤端になっていて
木目の味わいのある敷板です

木地の敷板は
もしかしたら
表千家の好みには無いかもしれませんが
せっかくですから
今日は
神代杉を使ってみました

クリックすると元のサイズで表示します
さて今日は
面白いご質問が
二つありました

【その1】
先日の研究会で
初めて且坐のお稽古に参加された方から

「三客がお香を焚いた時
香銘はきかないのですか?

私の持っている本では
香銘をきくと書いてあったのですが。。。」


「そうですか・・・
私が今までお稽古した中では
且坐で香銘をたずねることは
一度もなかったけれど・・

本には正客が東にたずねるとか
書いてあったのですか?」



「いいえ。。。次客もみんな順番にきくと
書いてありました。。。」


(!)
そこでやっと
彼女の疑問がわかりました


「あ〜〜『聞く』というのはね
お香銘をたずねるということではなくて
お香の『匂いをかぐ』ということなんですよ☆」

「あっ・・・
香銘を聞くのではなくて
『香を聞く』だったんですね♪」


【その2】

学校茶道の指導者の方から

「今の時期
お花が無くて困っているのですが
先日もう椿が咲いていたので
椿を入れてもよろしいですか?

生徒は初心者ばかりです。。。」


「いえいえ
椿はやはり炉の花です

早咲きの椿が咲いているからといって
今入れるのはやめた方がいいかと
私は思いますよ

たとえ一種でも
秋草をさがして・・・


初心の方々は何もご存じ無いのですから
尚更きちんとなさる責任が
あると思いますよ・・・


そういう『こだわり』を持って
お茶をするということが
大切なことだと
私の師匠もいつもおっしゃっています

自己満足かもしれませんけどね(*^_^*)」


「わかりました! お聞きしてよかったです(*^_^*)」


クリックすると元のサイズで表示します
風炉の灰

先日二つ飾りから
一つ飾りにした時にまっすぐにおし直して

昨日から大板にしたので
風炉をふりますから
またおし直しました

あまり見えないかもしれませんが
やはりきちんとするべきことを
していないと
自分自身が何となく気持ち悪いのです

当たり前のことをしているだけですけど
ある意味これも
自己満足かもしれませんね(^_^;)



しかし・・



人を満足させ喜ばせるためには


まず

自分自身が満足し

喜んでいなければならない


というのが

私の持論なのです
_(._.)_



15


AutoPage最新お知らせ