ようこそ、お入りを・・・。

2019/10/6

北政所茶会  他会記

今日は
高台寺政所茶会に行って参りました

高台寺では
毎年10月6日に
北政所を偲んで
茶会が開かれています

私は
昔習っていた先生に
一度連れていっていただいたことがあります

(その時のブログはこちらから)

そして
本日は社中のMさんが
高台寺でお茶のお仕事をしているご縁で
13年ぶりにこのお茶会に
行かせていただきました


清々しい秋の一日を
高台寺にて
心ゆくまで楽しませていただきました


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します
湖月庵

寄付に掛けられていたのは
二通の消息

千利休が
二人の参禅の師
春屋宗園と古渓宗陳に送った
手紙のようでした

会記のような内容でした

しかし
よく見ると
二通の手紙のつなぎ目のところにも
字が書かれていて

一枚の紙に二通の手紙が書かれているようで
不思議に思いました


お席でそのことをおたずねしましたら
これは利休の手紙を
後に堀内不識斎が書き写したものだと
お答えいただき
納得いたしました


お茶を一服いただいた後

本堂へ参り
献茶式の始まるのを待ちました

クリックすると元のサイズで表示します
島原の司太夫・葵太夫がやってきます
禿の少女が可愛い。。。


クリックすると元のサイズで表示します
ゆるキャラの秀吉公が
すぐ隣でお出迎え!


堀内宗完宗匠のご奉仕で
お献茶がされました


クリックすると元のサイズで表示します
献茶式の後
司太夫のお点前が披露され
天目台にのった天目茶碗で
お茶をいただきました


クリックすると元のサイズで表示します
吉野太夫ゆかりの「遺芳庵」


クリックすると元のサイズで表示します
逆勝手の一畳台目で
道庫があって
点前座の正面に
掛物を掛ける釘がありました


クリックすると元のサイズで表示します
お庭の薄紅葉がきれい・・・

そういえば
以前夜咄の茶会で来たときは
ここがライトアップされていて
とても幻想的でした

霊屋(おたまや)は
外側は修復作業中でしたが
横からガラス越しに
秀吉像など拝見できました


クリックすると元のサイズで表示します
傘亭

クリックすると元のサイズで表示します
時雨亭

クリックすると元のサイズで表示します
洗心寮にて点心をいただきました


クリックすると元のサイズで表示します
円徳院では
売茶真流による
お煎茶席が設けられていました


クリックすると元のサイズで表示します
春光院での陣中席

5名ずつ大きなお茶碗で
お薄をいただきました

クリックすると元のサイズで表示します
円徳院北書院では
裏千家による拝服席も設けられていましたが
時間が無くなってしまったので

受付横の
「三面大黒天」にお参りだけして
帰ることにしました

お参りしていたら
隣でお守りなどを売っているおじさんが

この大黒さんは
秀吉の出世守り本尊で
大黒天・毘沙門天・弁財天の
三つのお顔があって

ものすごい御利益があるんだと
盛んに力説されるので
思わずお姿札を買ってしまいました




クリックすると元のサイズで表示します
最後に。。。

何となく面白そうだからと
軽い気持ちで
「アンドロイド観音」の
法話を聞くことに。。。



ところがそこで
私の中に
思いがけない心の激震がありました


それは
自分の心のすごく深いところで
起こったことなので

言葉では説明できません



ただ

永遠の時間に似た
とてつもない感謝の思いと

わけのわからない強い感情のほとばしりで
涙が止まりませんでした


クリックすると元のサイズで表示します




12


AutoPage最新お知らせ