ようこそ、お入りを・・・。

2019/11/17

京焼今展「渾然楽事」  つれづれ


クリックすると元のサイズで表示します

『京焼今展』という
イベントに行ってきました
(2019/11/16・17・18)

クリックすると元のサイズで表示します

このイベントは

「“いま”という時代を象徴する焼き物を探求し
“これから”を創造していく場」
として

2013年に始まり
毎年京都の建仁寺・両足院で開かれていて
今回で7回目を迎えるのだそうです

クリックすると元のサイズで表示します

受付でいただいたパンフレットの冒頭に

「喜びや祝いは日常の中に渾然としてある」

という一文を見つけて
このイベントへの期待感がぐっと高まりました


クリックすると元のサイズで表示します
そして入口で
思わずこの写真を撮りました

あまりうまくは撮れていませんが
何気ない景色が
枠で切り取られるだけで
素敵な一枚の絵になるということは
誰もが体験することができる
日常の中の「非日常」の発見の一つかな?
と思います


さて
今回の「京焼今展」は
両足院の和尚様より
「渾然楽事」というお題が出され

それに基づいて
「楽事人」と呼ばれる
様々な分野のクリエイターが

それぞれに焼物作家を選んで
その両者が渾然一体となって
作品を創られたのだそうです


クリックすると元のサイズで表示します
さてこれは?

原子力発電の炉の形を模した
焼き物を焼く窯だそうです


これでもちろん
お茶碗などが焼けますが
この窯そのものも
作品なのだそうです


「色々な意味を込めている・・・」とのこと




クリックすると元のサイズで表示します
こちらでは
朝鮮茶をいただきながら

江戸時代の朝鮮通信使との交流に
思いを馳せました

クリックすると元のサイズで表示します
こちらのコンセプトは
「ツボと凝りの展望」

何のこと?

毛氈の上に並べられた
沢山の小石のような焼き物の上を
踏んで歩くのでした


痛気持ちいい。。。。!?!?


クリックすると元のサイズで表示します
こちらの本堂では
作家さんとお話がはずみました

幾何学模様の現わす無限の世界
太極図
陰と陽。。。

「目に見える音」を楽しんでもらいたい

という作家さんの言葉に
私の脳が反応して

ドビュッシーの「アラベスク」が
聞こえてきました



クリックすると元のサイズで表示します
ん!?

目の前にある階段に
写真を撮っている自分の影が
くっきりと写っているのにびっくりして
おもわず・・・


クリックすると元のサイズで表示します
お茶室の中に飾られた
一枚の写真

小さく白い月が写っています

この写真を撮られたのが
実は
今回茶室の竣工・席披きの写真撮影を
お願いしている
桑島薫さんなのです


クリックすると元のサイズで表示します
桑島さんのこれまでの作品が
右側のお茶室の中に
うずたかく積まれていて
自由に拝見することができました



5年程前に
こちらのお茶室で行われたお茶会に
参加したことがあり
懐かしく思いました

その時の記事はコチラ
からどうぞ・・




9

2019/11/14

茶壺の飾り緒  つれづれ

昨日は
いつものように
朝6時半に家を出て
岡山に行ってきました

クリックすると元のサイズで表示します

そこで
思いがけないお稽古を
していただきました

クリックすると元のサイズで表示します

茶壺の
飾り緒の結び方です

こんなことを
教えていただけるなんて
夢にも思っていませんでした


私が初めてお茶の手ほどきを受けた
名古屋のH先生の形見分けとして
もう何年も前に
先生の姪御さんから
飾り緒の雛形をいただいていました


習い事十三箇条の本などにも
写真が載っています

しかし
実際に結び方を教えていただいたことは無く

雛形や写真を見ているだけでは
いったいどうやって
結ぶのか皆目見当もつかず
しまい込んでいました


しかも
そのような飾り緒を掛けた状態で
飾り壺を間近に拝見したことも
私の記憶では一度もありません


なので
私には一生縁の無いことかな。。。と
ずっと思っていました


ところが昨日は
師匠が何度も目の前で実演して下さり
私達にも紐を持たせて練習させて
下さいました

とは言え
一度聞いたくらいでは
覚わりそうもなく複雑で
ほんとに自分一人でできるのか
とても心配でした


家に帰るやいなや着物を脱いで
しまってあった壺を出してきました


案の定
すぐにはできませんでした


しかし
この度師匠に最初の形と
ちょっとしてコツを教えていただいたので
後は
雛形を見ながら
深夜まで悪戦苦闘しつつ・・・


ついに
結ぶことができました!



クリックすると元のサイズで表示します


多分これでまあまあ大丈夫かな・・・
と思いますがどうでしょうか

クリックすると元のサイズで表示します
お床の下座が右になるので
こちら側を行にしました

あってるのかな。。。
18

2019/11/10

表千家同門会大阪支部・資格者講習会  講習会
クリックすると元のサイズで表示します
今日は
大阪美術倶楽部で行われた
資格者講習会に出かけてきました


本日は
𠮷水宗匠と木村宗匠がお越しでした


講習科目は
初炭・唐物(草)・薄茶でした


木村宗匠より
茶杓の五度拭きについて
丁寧なご指導があり
長年の疑問が払拭されて
うれしく思いました


五度拭きには
大きく言って
三通りのやり方がある

というお話で

そのどれが正しいということではなく
自分の習っている先生に従ったらよい

ということでした



私は過去から現在に至るまで
6人の先生に
直接ご指導を受けて参りましたが

実際のところ
先生によって
その三通りの教えがあって
「本当は」どうなんだろう?と

ずっと思っていました


結局
「答えは一つではない」
というのが
唯一の答えであるとわかって
とてもすっきりしました


色々ある教えを否定することなく
脈々と伝えられるその大きな流れ
その全てが私達の流儀「表千家」である

と言い切っていただいたことが
とても心地よかったです


但し
例えば茶事で
茶杓の拭き方に限らず
何か一つの方法を選ぶのならば
なぜそうするのかを
説明できなければならない

とも仰いました


それは
誰かがこうしていたから・・・
というのではなく
自分自身で考えて
答えを出すということだと


これから
小間での茶事を
続けていく中で
迷うことも色々出てくるかと思います


もちろん
師匠にお尋ねして教えていただくことも
あるとは思いますが

もっと細かい点で
臨機応変に対応していかなければならない場合

それを一つ一つ自分の勉強として
試行錯誤しながら
その時々の答えを見つけて参りたいと思います



21

2019/11/9

松花堂美術館  美術館・お茶室

八幡市にある
松花堂庭園内には
松花堂昭乗が隠居所として建てた
草庵「松花堂」が移築されていますが

その他に
「松隠」「梅隠」「竹隠」という
三つのお茶室があります

いずれも昨年の地震により被害を受けて
しばらく利用できませんでしたが
ようやく三棟の復旧工事が終わったようです

現在松花堂美術館では
特別展「茶室のアイデア」
中村昌生と『庭屋一如』(12月8日)が開催されています

クリックすると元のサイズで表示します

そして今日は
『茶室の位置づけ』と題した
講演会が行われ

講演会後に
「松隠」「梅隠」の見学会が
行われました


クリックすると元のサイズで表示します

講師は
桐浴邦夫(きりさこくにお)先生でした

予想していた以上に
沢山の方が来られていて
時間ぎりぎりに行った私は
一番後ろの席しか空いていませんでした

クリックすると元のサイズで表示します

お話は

1 自然と建築
2 平等の空間
3 もてなしの空間
4 市中の山居

といった流れで進められました




日本人は
恵みでもあり時には災いにもなる
「自然」というものに
人智の及ばない神・仏を意識し

そういった自然の下では
人のすることなど知れていて

大自然の前では
人間は平等であることを知っていた


「市中の山居」において
庭木や室内の丸太や土壁は
自然を感じさせる象徴であり
それは
ある意味人工的な”自然”だが
それは抽象的な自然であり
「心の中の自然」がそこにはある


ジョアン・ロドリゲス(1559〜1629)の
『日本教会史』より↓

「都市にあるこれらの狭い小家では互いに
茶を招待し合い
そうすることによって
この都市がその周辺に欠いていた
爽やかな隠遁の場所の補いをしていた

むしろある点では
彼らにはこの様式が
純粋な隠遁よりもまさると考えていた」


こんなお話が
印象に残りました



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
松隠


クリックすると元のサイズで表示します
梅隠

今日は
室内の撮影は禁止されていました


下の写真は
2014年5月に茶室を借りて
お茶事をした時のものです

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


建てられてから40年ほどですが
経年による侘びた風情がありました


この時の印象がとても心に残っていたので
綺麗に壁が塗られた
今日拝見した真新しい室内を見たら
何となく残念な気持ちになってしまいました


でもまた年月がたてば
5年前に見たような独特の風合いが
出てくるのでしょう



クリックすると元のサイズで表示します
竹隠

竹隠は
実は昨年
お借りする予約をしていたのですが
地震により使えなくなってしまったという
連絡をいただいたお茶室です

クリックすると元のサイズで表示します
突き上げ窓が
高く開けられていました





9

2019/11/6

習礼  玄庵
クリックすると元のサイズで表示します
本日は
今月22日に予定しています
玄庵の席披きに先だち
習礼の茶事をいたしました

習礼(しゅうらい)というのは
リハーサルというような意味です

リハーサルと言っても
お客様は
この度の茶室新築でお世話になった
建築家の木村先生と
工務店の田尻さんですので

私としては
お二人への感謝の気持ちを
少しでもお伝えできたらと思いながら
準備を進めて参りました

しかしながら
これまでの広間での稽古茶事とは異なり
今回は初めて経験することが
たくさんあって

向切のお点前に慣れていない上に
小間のお茶事に必要な
簾や突き上げ窓の扱い
また
座履きの使用等など。。。


自分の未熟さを
またもや突きつけられました


しかし
今回は社中の方々に
半東や台所など
数名の方にお手伝いをいただき
彼女たちのパワーに
本当に助けられました


点前は未熟でしたが
席中では
お二人のお客様との出会いから
今日までの記憶をたどりながら

感謝の思いを道具に託して
幸せな時間を過ごすことができました

一畳台目という空間の狭さが
本当に人の心を近づけてくれるのだなあと
実感いたしました












22


AutoPage最新お知らせ