ようこそ、お入りを・・・。

2019/12/1

曙会と湯木美術館と御堂筋界隈  他会記

クリックすると元のサイズで表示します
今日は曙会に行ってきました

九時頃着きましたが
既に一席目が始まっていましたので
待ち合いの会記などを見ながら
ゆっくり待たせていただきました

ご案内があって
席入りさせていただきましたが
なかなか正客が決まらず

80歳くらいのお元気な先生から
「私がしゃべってあげるから(正客に)座って」
と言われまして。。。

川口軒さんにも促されて
その先生の手をひいて
次客に座っていただき
私は正客に座らせていただくことになりました


お席主は日根繁子様という方で
曙会では初めて懸釜をなさるとのことでしたが
お茶の道はうんと長く歩んでおられるようでした

お床の掛け物は
「寒月照霜池」

妙喜庵の竹で造られたという
尺八花入の銘は「三昧」

袋棚に高取の水指という
この時季らしい落ち着いたお取り合わせでした

お隣に座られた次客の先生と一緒に
色々お話しさせていただいておりましたら
何とその先生とお席主は
かつて同門で
幼なじみだったとのことが席中でわかり
お二人とも感激しておられました

珍しいお名前なので「もしや・・・」と思って
次客の先生がおたずねになり
そのことがわかったのです

お互いにまだお小さい頃に
お稽古場でご一緒だったようで

「なんか面影ありますなあ」

「あの頃は私も今より可愛かった〜!」

と仰るので私も

「いえいえ今もお可愛いですヨ」
と申し上げたら

すかさず
「せやな!私は童顔やから」とおっしゃり

お席は終始明るい雰囲気に包まれました



楽しいひとときを過ごした後
一人で少し足をのばして
湯木美術館に立ち寄ることにしました


クリックすると元のサイズで表示します
外側が工事中でびっくりしましたが
中は通常通り開館していました

クリックすると元のサイズで表示します
「伝統と創造を重ねる
上方の手わざ」

茶席を彩る江戸時代から近現代の名品


川端近左 三好木屑 白井半七
北大路魯山人などの作品と並んで
こういった作家が手本とした名品が
展示されていました


クリックすると元のサイズで表示します
御堂筋の銀杏並木
夜はイルミネーションで彩られます

クリックすると元のサイズで表示します
見上げたらなんか びっくりして。。。(おまけ)



12


AutoPage最新お知らせ