ようこそ、お入りを・・・。

2020/8/9

逸翁美術館ーわびとサビとはどう違う?  美術館・お茶室
クリックすると元のサイズで表示します
逸翁美術館2020展示
「わびとサビとはどう違う?
(9月6日まで開催)

とても興味深いタイトルに惹かれて
出かけてきました


パンフレットには
「多様な解釈があるとは思いますが・・」と前置きして

余白の多い簡略な筆使いの絵。
割れてヒビが入った茶碗。
不完全な物。Incomplete。
けれども他の物に無い固有の姿に
かえって面白さが感じられる。
それが「わび」。

燻し銀。煤けた古竹。
時を経て色味や肌合いが変質した素材。
無常。Impermanent。
けれども新品ピカピカの物には無い、
落ち着いた味わいが感じられる。
それが「さび」。



この説明だけでも
「わびさび」の違いが
かなりわかりやすくなった気がしますが

会場にはもう少し踏み込んだ解説文が
ありました

それも大変うまく表現されていたので
会場の方に許可を得て
書き写させていただきました


全文となるとかなり長くなってしまうので
その一部を抜粋して書かせていただきます



「侘しい」とは、

あれば良いなと思う物が無い、少ない、足りないなどから、
思いの通りにならないことを嘆く失意の念を表わす。

桃山末期、世俗を離れた生活に風雅を感ずる心が生まれた。
ここで用いられる器物は、単に粗末というだけでは、
趣味人たちの「侘び」の美意識を満足させず
それぞれに固有の価値が見出され、
一種の品格を有すると認められることが必要となった。


「寂しい」とは、

今まで居た人がいなくなってしまって、心細い心情を表わす。
あるいは、以前あった物がなくなってしまって、残念に思う気持ち。

本来「寂び」は時間の経過に伴い、
人や物が失せて空しく静かになった様を表わす。
「寂び」は閑寂な境地や、枯淡な趣き、
古びた味わいを表わす語に転じた。



会場では
「侘び」と「さび」に分けて
道具が展示されていました


とはいえ
実際には侘びとさびの感覚には
重なる部分も多く
「これは侘び これはサビ」と
はっきりと分けて考えられるものでもないような気もしました


会場の出口には
そのようなことも何となく書かれていたようです


それから

「粗い」は「素朴」
「歪み」は「愉快」
「壊れ」は「個性」
「褪せ」は「枯淡」
「剥げ」は「穏和」
「荒れ」は「渋い」


こんな切り口も大変面白く
時間の経つのを忘れて
楽しませていただきました

”本来ネガティヴであったものを
ポジティブに楽しむ心”
『逆転の発想』

それはある意味

今のそしてこれからの時代
最も必要とされる
生き方なのではないかと
思わされました



クリックすると元のサイズで表示します
雅俗山荘

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

もし
レストランのお料理がお茶漬けだったら・・・・侘び?

もし
レストランにお客さんが誰もいなかったら・・・寂び?


10

2020/8/6

8月稽古場 1  稽古

クリックすると元のサイズで表示します
同門誌8月号と
「表千家茶道を指導する教授者各位の活動について」


クリックすると元のサイズで表示します
「茶の湯への誘い」(表千家北山会館)

この度この冊子を社中全員にお配りすることにしました

毎回稽古の始まる前に
1項目ずつ皆さんと一緒に読んで参ります


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
「随處作主」
(ずいしょにしゅとなす)


随処に主となれば、立処皆真なり。
外に心をとらわれず、いつ、どこにあっても
どんな場合でも、心の主は
自分でありたい。(臨済録)

禅居庵住職 一渓筆





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
主菓子 ひまわり 鼓月製
干菓子 きらめき 末富製 


16

2020/8/4

月も・・・  つれづれ

クリックすると元のサイズで表示します
(2020年8月3日撮影)

月も雲間のなきは嫌にて候


何事もあまりにあからさまでは
かえって面白みに欠けるというような
そんな感覚・・・


六百年前の珠光の想い
令和に生きる私にも
何となくわかります_(._.)_


15

2020/8/2

後片付け  裏仕事

昨日はなんだか身体が重くて
後片付けをする元気が無く

一日休息日と決め込んで
近所の映画館に映画を見に行きました


久しぶりにジブリを映画館で見て
心が癒やされました



そして今日は
心機一転

一日がかりで
一昨日のお茶事の後片付けをしました

クリックすると元のサイズで表示します
稽古場の台所です

半東さんが綺麗に洗って
乾かして下さった食器や調理器具を
一つ一つ元の場所にしまい
台所がいつもの顔になりました


クリックすると元のサイズで表示します
そして
お茶事に使った道具達も
丁寧に箱に戻して
稽古場もまた普段の様子に戻りました


お茶事は本当に
道具の出し入れの繰り返しに
相当エネルギーを使います(@_@)


クリックすると元のサイズで表示します
夕方になり
台所でほっと一服


これが美味しいんですよね....



さて実は
今回のお茶事は
私にとって
ちょうど80回目のお茶事でした


第1回目は
今から16年前の
平成16年5月に行った
初風炉茶事です

クリックすると元のサイズで表示します

社中5人を招いて
道具の揃わない中
稽古道具や自作の茶杓などを使って
懐石も点心で行いました



80回もやってきたのかなあと
感慨深く思いますが

毎度のことながら
いつも必ずいくつか心残りのことがあります


おまけに
40代の頃に比べると
重い道具の持ち運びに
かなり負担を感ずるようになってきました


これからもまだまだ
お茶事を続けていきたいと思っているのに
大丈夫だろうか・・・と
ふと弱気になってしまいます


でも
70代や80代の先生方もいらっしゃるのだし
これからは今まで以上に体調管理に気を配って
体力・気力を充実させて
心に残る一会を催せるよう
頑張っていきたいと願っています







18


AutoPage最新お知らせ