ようこそ、お入りを・・・。

2021/1/24

1月 且座会   且座会

🍵『且座会』とは 


✿日本の伝統文化“お抹茶”の正式ないただき方を学ぶ教室です《表千家流》

✿和室にて月替わりのお道具を用いたお点前を見学していただきます  

✿お抹茶とお菓子を召し上がりながら1年を通して季節の移ろいを楽しんでいただきます        

🍵定員: 3〜6名       
🍵料金: 4回¥3,500     
🍵開催日:月1回  日曜日 



クリックすると元のサイズで表示します

昨年の秋
このフライヤーを1000部作って
近隣に配布いたしました


お茶を飲むだけの教室に
果たして何人来て下さるのだろうかと
思っていましたが

お陰様で四名の方からお申し込みをいただき
本日目出度く第一回目の「且座会」を
開催させていただきました

社中の有志お二人に補助をお願いして
受付から莨盆の用意
お点前や温めたお茶碗の持ち出しなど
お働きいただきました


クリックすると元のサイズで表示します
「且坐喫茶」 南宗吹毛
( 南宗寺田島碩應師)


クリックすると元のサイズで表示します

正座の苦手な方には
椅子に腰掛けていただきました


クリックすると元のサイズで表示します
「且坐喫茶」の掛物は
昨年の暮れに道具屋さんにて
見つけました


偶然とは言え
本当にタイミング良くこの掛物に
出会いました


武野紹鴎様や千利休様に
ご縁の深い
南宗寺のご住職が揮毫された
この掛物との邂逅が
「且座会」のスタートに弾みをつけてくれました


(今日はあまりにもくっきりと白いオーブが写り驚いています

8

2021/1/21

1月稽古場 3  稽古

クリックすると元のサイズで表示します

今朝稽古場への道を急いでいたら
突然まぶしさを感じて
思わず見上げたら
お日様がいつになく強く輝いているように見えて
しばらく立ち止まっていました


クリックすると元のサイズで表示します

今日は午後のお稽古の時間に
飛び入りでお客様が。。。

いつぞや知り合いのM先生を
ご紹介させていただいた
20代の青年です


あれからM先生の下でお稽古を始めて
ようやく薄茶点前をさせていただけるように
なったのだとか・・・


昨日「職場の植物園で梅の枝を切りましたので
お持ちしたい」とのメールをいただき
ちょうど今日は稽古日でしたので
お越し頂いて
社中とご一緒に一服飲んでいただきました



クリックすると元のサイズで表示します

紅い蕾みがたくさん・・・

かぐわしい春の香りをいただきました


クリックすると元のサイズで表示します
菓子 花水仙  鼓月製

9

2021/1/20

1月稽古場 2  稽古

クリックすると元のサイズで表示します
「松樹千年翠」大徳寺黄梅院太玄師

今日は午前と午後に三名ずつ
お稽古にお越しになりました



クリックすると元のサイズで表示します
竹台子 諸飾り 薄茶点前


突然ですが

「我が仏 隣の宝 婿舅 天下の軍 人の善し悪し」

という狂歌をご存じの方もいらっしゃると思います

茶席に持ち込んではならないとされる話題として
知られています

宗教や人の財産 
婿舅や嫁姑
そして政治の話と人の噂話・・・

昔も今も人が集まる所には
こういった話題が好まれるのかもしれません


茶席では
こういった俗世間の話を慎みましょう


という教えなのだと思いますが。。。

なんと今日の稽古場は
午前も午後もどういうわけか
海の向こうのあの大国の大統領の話題で
活気づいてしまいました


その責任は専ら私にあります


何だか今回の選挙は
単に政党と政党との争いではなく

かといって善と悪との戦いというような
単純なものでも無く

もっともっと壮大な天地宇宙
森羅万象に及ぶ次元の大転換。。。!

そのようなことが
大いなる力に守られつつ
今正に進行しているような気がするのです


とはいえ

世界にどんなことが起ころうと

私達はただ


お茶を点て お茶を飲む



それでいいのかも知れません



むしろ

そうあるべきなのかも知れません









12

2021/1/13

佳日  つれづれ

クリックすると元のサイズで表示します
午前7時過ぎ
新幹線の車窓より
東の空に昇る朝日を拝みます


クリックすると元のサイズで表示します
吉備国足守のお茶室に到着


クリックすると元のサイズで表示します
足下には霜柱が。。。


茶室には
お床の青竹花入にゆったりと結び柳が入れられ

掛物に画かれた初日の光に
心あらたまります



これまで毎年変わらず繰り返されてきたことが
これまでと同じようにはできないという
様々な制約の中

現実的に何が出来て何が出来ないか
その答えは
置かれている環境や立場
持っている信念により
一人一人違って当然でしょう


そしてその答えに
正解も不正解も無いと私は思います


大切なことは
一人一人がそれぞれの場所で
自分自身の答えを見つけるという
その作業そのものなのでしょう

それにより
人は自分自身がどんな存在かを知り
その存り方を表現することになるのです

それはある意味「芸術」です


だから
誤解を怖れずに言うならば
他人のことはそれぞれの自由にまかせて
あるがまま放っておいたらよいのでしょう




今日私は

美味しい濃茶をいただきました


美しいお点前を拝見しました


気の合う方々と和やかに会話を楽しみました


佳き一日を過ごさせていただいたことに
心より感謝いたします



皆様にとって
今日はどんな一日でしたでしょうか


一人一人悲喜こもごもの一日が
静かに暮れていきます

(-人-)

クリックすると元のサイズで表示します

16

2021/1/8

1月稽古場 1 「初稽古」  茶会


朝7時半
稽古場の2階の窓より

クリックすると元のサイズで表示します

今日は洗心亭にて
今年初めての「初稽古」を行いました

未だ落ち着かない世情もさることながら
昨年父が他界しましたため
控えめに新年を迎えておりますので

例年のような茶事形式の「初釜」ではなく

「初稽古」として茶会の形で
社中の皆様と新年のご挨拶を交わすことに
させていただきました


午前と午後に分けて
十三名社中全員にお越しいただきまして
私の点前でお薄一服ずつ飲んでいただきました



クリックすると元のサイズで表示します

玄関に「騎牛帰家」(きぎゅうきか)の画賛色紙を
飾りました

十牛図の6番目の図ですね
(興味のある方は→こちらの記事もどうぞ)


クリックすると元のサイズで表示します

今朝は外の水道が凍って
蛇口をひねることができませんでした


そのような極寒の中
外の腰掛けでお待ちいただくこともないかと思い
今回は室内の待合にて
直接席入りの御案内をさせていただきました

また露地はお通りいただきましたが
諸般の事情も鑑みて
蹲踞を使わずに席入りしていただきました



クリックすると元のサイズで表示します
掛物 ふくら雀画賛

「ふくら」は「福良」に通ずるとか。。。

竹台子諸飾り


クリックすると元のサイズで表示します
席入り後
お一人ずつ全員の方と
新年のご挨拶を交わしました


今年にかけるお一人お一人の熱い思いをお聞きし
私も胸が高鳴りました


 
クリックすると元のサイズで表示します
銘 常磐木 鼓月製


※先日の「新年のご挨拶」に少し書かせていただいた
『GO TO EHO!』は
お陰様で無事に行ってくることができました

興味を持っていただいた方は是非こちらもどうぞ↓

GO TO EHO!Report1

GO TO EHO!Report2

GO TO EHO!Report3
11


AutoPage最新お知らせ