ようこそ、お入りを・・・。

2021/5/31

田植え  つれづれ

今日は歯医者さんに
月一回の検診に行った帰り
田植えをしている光景を見かけました

クリックすると元のサイズで表示します

これからまた
この場所に青い稲が育ち
秋にはたわわな黄色い穂が実るのだなあ・・と
やってくる季節に思いを馳せながら
車を道の脇にとめて
しばし眺めておりました

ところで
日本で稲作が行われるようになったのは
いつでしたっけ?

確か昔学校で習ったのは

弥生時代つまり紀元前3世紀頃に
稲作が大陸から日本に伝えられて
それまでの採集中心の縄文時代の生活から
稲作中心の定住生活へと変化した

こんな風に覚えたと記憶しています


ところが
近年の発掘調査・研究により
実際には
もっとはるか以前
今から5000年程前に
既に日本にコメが存在していたことが
わかったのだそうです


5000年ってすごーく前ですよね!

だって私達はまだ紀元後2000年程しか
経験していないのですから・・・


岡山理化大学大学入口にある
朝寝鼻貝塚
からは

最近になって
約6000年前の栽培種の稲の細胞化石が
検出されたそうです

また
岡山県古代吉備文化財センター
HPの情報によりますと

岡山県南部の総社市南溝手遺跡から
縄文時代後期(約3500年前)の土器の器面に
籾の痕跡が残る土器(籾痕土器)が
発見されたのだそうです


因みに私は
縁あって毎月岡山の総社あたりまで
お稽古に出かけていますが
行くとなぜかいつも
とても懐かしい感じがします


それは単に
日本の原風景が残っているからかな・・・と
何となく思っていましたが

もしかしたら
何千年も前に前世で
その辺りの集落に住んで
お米を食べて
案外幸せに生きていたのかも。。。?!


縄文時代
私達の祖先はいったいどんな人達で
本当はどんな暮しをしていたのか
なんだかとても気になります
10

2021/5/30

道具の出し入れ  裏仕事
クリックすると元のサイズで表示します

5月最後の日曜日
今日は今月使った道具を片付け
その後
来月のお稽古に使う道具を出しました


お茶をしていると
道具を出してはまた片付けて
それを年がら年中
繰り返しているような気がします



誰にも邪魔されず
一人黙々と道具の出し入れをしている
その時間は
結構楽しいものです


とは言え子供の頃は
遊ぶ方に夢中になって
出した物がなかなか片付けられず

「出しっぱなしにしないでさっさと片付けなさい!」と
母に口を酸っぱくして言われたことを
懐かしく思い出します


そもそも
”すべての事物は
自然に任せておくと無秩序状態になっていく”
というのが
私達の生きているこの世界における
『エントロピー増大の法則』です


ジグソーパズルをひっくり返したら
それはてんでバラバラになるけれど
誰かが手を加えない限り
時間と共にピースが勝手に収って絵が完成することは
あり得ないということです


そういう意味では
私達の身体が生きている間
常に一定のレベルで秩序を保って機能し続けるのは
一見この法則に反しているようで
興味深いところです


お茶室も同じかな

ほっておけばあっという間に
散らかっていくでしょうね


清潔さを保ち
片付けるものはさっさと片付け
出す物は惜しげ無くどんどん出して
常に循環し続けていくことで

健康な有機体として
生き生きと活用することができる

うむうむ・・・


誰もいない茶室にぼんやりすわって
そんなたわいもないことを
つらつら考えているうちに
あっという間に一日が過ぎました


11

2021/5/28

5月稽古場 7  稽古【洗心会】

本日は
研究会をいたしました

色々な制限のある中ではありますが
十名の方々にご参加いただいて
研究会を実施できましたことを
心より感謝いたします

今日は

・初炭
・薄茶
・茶通箱
・花月

以上の稽古をいたしました


クリックすると元のサイズで表示します
「行雲流水」
東大寺長老寛秀師


クリックすると元のサイズで表示します
初炭

久しぶりに炭点前の稽古を
していただきました


その後
薄茶点前にお客様三名


通常でしたら
替茶碗の扱いを稽古するところですが
今日は一人一碗ずつ
水屋から持ち出しました


クリックすると元のサイズで表示します
茶通箱

今年茶通箱の免状を取得された
Mさんにお点前をしていただきました

お客様お二人で
飲み口をずらして
飲み回しをしていただきました



クリックすると元のサイズで表示します
銘 若葉風   鼓月製


最後に花月の稽古をいたしました

先月花月をしなくて間が空いたせいか
はたまた
今日の茶通箱の稽古で
皆さんの脳が疲れてしまったのか・・・

今日の花月は
おぼろ月どころか
正に先日の《皆既月食》?!


お一人のお尋ねに
答えている間に
他の四人がそれぞれあらぬ方向へ動き出し・・・


ついに私も迷宮入り。。。(>_<)


稽古が終わった後
一人でよくよく考えたら
もつれた糸はほどけてきたのですが・・・


まあこんなわけで
皆様からのご希望もあり
8月に研究会の予定を変更して

『花月フェス』

を開催することになりました♪

その日は
少なくとも3回以上続けて
花月をやってみようと思いまーす!(^^)!

11

2021/5/27

ワビ・サビ・ネズミ?!  つれづれ

クリックすると元のサイズで表示します

今日も朝から
雨が降ったりやんだり・・・

梅雨空の下
皆様いかがお過ごしですか?


クリックすると元のサイズで表示します

「玄庵」の外壁は
順調に?侘び寂びの一途をたどっております


クリックすると元のサイズで表示します

とは言え
茶室の内壁はできる限り綺麗に保ちたく・・・



クリックすると元のサイズで表示します

今年も
湿気取りの「ドライペット」を
設置いたしました

去年はここに相当水がたまりました


もう少し気温が上がったら
エアコンも入れようと思います


ところで皆様
この下の写真は何かおわかりでしょうか?↓

クリックすると元のサイズで表示します


これは
「ペストコントロ」
という
ネズミ退治用のグッズです


実は今週の月曜日の晩
自宅1階の天井から突然
「バタバタバタ・・・・・!」という
大きな音が聞こえ
びっくり仰天しました

姿は見ていませんが
恐らくネズミが走った音と思われます


昔ながらの造りの家ならわかりますが
うちのパナホームのような住宅でも
ネズミが住み着くことがあるのでしょうか?


実家の母に相談してみましたが
私はネズミと同居したくはないものの
殺生は絶対にしたくありません


結局
ネットで検索して
ネズミの嫌がる超音波を出すことで
ネズミに外へ出ていってもらうよう
試してみることにしました


それが
この「ペストコントロ」です

効果の程はわかりませんが
一応夕べは
足音は聞こえませんでした


猫を飼うと良いと
アドヴァイスしてくれた方もありましたが
とりあえずお守り代わりに
玄関に猫のお人形を置きました


ネズミさんネズミさん


どうか他の場所で
幸せに暮らして下さい/(^_^;)



クリックすると元のサイズで表示します


8

2021/5/26

5月稽古場 6  稽古【洗心会】

クリックすると元のサイズで表示します
「鳥啼山更幽」
前大徳明道師

今朝5時頃
「ケンケンケンケン・・・」という
鋭い鳥の鳴き声で目が覚めました


何の鳥でしょう?


そう言えば夏が近づく今頃の時季に
この鳴き声をよく耳にするような気がします


稽古場でそんな話をしていたら
開け放した窓の外
どこか上空彼方より
「ケンケンケンケン・・・」という声が
また聞こえてきました



その後の静寂。。。




クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

今月は表千家歴代の茶杓のうち
五代随流斎作の写しを使って
お稽古をいたしました


表千家では代々「宗左」を名乗られますが
随流斎は「宗佐」という字を使われていて
「人偏そうさ」と呼ばれているそうです


なぜ敢えてこの字を使われたのか
その心をお尋ねしてみたいものです


元禄4年7月19没
享年42歳


歴代家元の中で
一番短命であられたようです


クリックすると元のサイズで表示します
銘 芍薬 鼓月製



※昨日このブログ記事を書いた後
鳥の鳴き声を調べましたら
その声の主がわかりました

チョウゲンボウ(長元坊)
『サントリーの愛鳥活動』HPより




11


AutoPage最新お知らせ