ようこそ、お入りを・・・。

2021/5/26

5月稽古場 6  稽古【洗心会】

クリックすると元のサイズで表示します
「鳥啼山更幽」
前大徳明道師

今朝5時頃
「ケンケンケンケン・・・」という
鋭い鳥の鳴き声で目が覚めました


何の鳥でしょう?


そう言えば夏が近づく今頃の時季に
この鳴き声をよく耳にするような気がします


稽古場でそんな話をしていたら
開け放した窓の外
どこか上空彼方より
「ケンケンケンケン・・・」という声が
また聞こえてきました



その後の静寂。。。




クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

今月は表千家歴代の茶杓のうち
五代随流斎作の写しを使って
お稽古をいたしました


表千家では代々「宗左」を名乗られますが
随流斎は「宗佐」という字を使われていて
「人偏そうさ」と呼ばれているそうです


なぜ敢えてこの字を使われたのか
その心をお尋ねしてみたいものです


元禄4年7月19没
享年42歳


歴代家元の中で
一番短命であられたようです


クリックすると元のサイズで表示します
銘 芍薬 鼓月製



※昨日このブログ記事を書いた後
鳥の鳴き声を調べましたら
その声の主がわかりました

チョウゲンボウ(長元坊)
『サントリーの愛鳥活動』HPより




11


AutoPage最新お知らせ