ようこそ、お入りを・・・。

2021/6/30

盆点相伝茶事  稽古場の茶事

本日は
社中の三名の方に
盆点の相伝をさせていただきました

半東は
これまで18年稽古に通って下さっている
Mさんにお願いしました

クリックすると元のサイズで表示します
早朝4時半
茜色に染まる彩雲が
本日の相伝式を祝福しているようでした

今回正客をつとめていただいた方は
12年前に稽古場に入門され
帛紗捌きからお稽古を始められました

この12年の間に
女の子をご出産され
生まれたばかりの赤ちゃんを連れて
稽古場に挨拶に来られたのが
ついこの間のことのような気がします


次客に入られた方は
以前に習っておられた先生が
ご高齢になられたとのことで
2年ほど前に当教室に移って来られました

前の先生には
随分長くご指導をいただいていたようで
台天目のお免状までお持ちでしたが
この度
盆点を申請いただくにあたっては
その先生にもご挨拶に行っていただき
お許しを受けました

彼女をここまで育てられたその先生の思いと
指導を引き継いだことの責任を感じながら
相伝させていただきました


お詰には
11年前にやはり帛紗捌きから
お稽古を始められたSさんにお入りいただきました


彼女との出会いは
私が以前に出版した1冊の本がご縁でした



その時は
まさか彼女がお茶を始めるとは
思ってもいませんでした


ところがその後
不思議な偶然が重なり
ある意味導かれたように
彼女はお茶の世界に誘われることとなりました


そして
気づいたら表千家の最終許状の盆点を
いただくところまで
やってきたことに
ご本人が一番驚いているようでした



「一より習い十を知り
十より返るもとのその一」の
歌のごとく


これから「もとのその一」に返ってゆく
新たな道が
今日の三人の眼前にどこまでも続いています


ともに
その道を歩めることを
私もとても嬉しく思い
また
誇りと思っております


茶事のほんの一部分ですが
ご高覧いただければ幸いです


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
席入り後
すぐに相伝をさせていただき
御許状を手渡しいたしました



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
主菓子 花すいれん  鶴屋吉信製


クリックすると元のサイズで表示します
干菓子 御所氷室  鶴屋吉信製

22

2021/6/24

八坂神社  つれづれ

クリックすると元のサイズで表示します
今日は
京都の美術館に出かけた帰りに
久しぶりに八坂さんにお参りして
粽をいただいてきました


今年もまだ
祇園祭は神事のみで
山鉾巡行は無いようです


あの頃のように
お茶会に大勢の人が集まるような日々は
この先もう訪れることはないのでしょうか


それならそれで
もっと小規模で家庭的なお茶会が
あちこちで開かれるようになれば

本来のお茶に立ち返るという意味では
良いことかもしれませんが・・・


まあいずれにせよ
500年の歴史を持つ
茶道の底力は
ちょっとやそっとで消えることはないでしょう


大局的な流れと
身近な小さな変化をバランス良く見ながら
それぞれができることをして
ゆったり構えて参りましょう



15

2021/6/20

湯木美術館ーわび茶の継承と普及  美術館・お茶室

クリックすると元のサイズで表示します

梅雨の晴れ間の日曜日
先日来ずっと気になっていた

湯木美術館の春季展
【わび茶の継承と普及】に
ようやく行くことができました


クリックすると元のサイズで表示します

「利休のわび茶を深化させた千宗旦と
茶の湯を通じて交わった人々」

という副題のついた今回の特別展

このフレーズを聞くだけで
ワクワクして
武者震いしてしまう私です


4月以降の自粛期間を意識して
出歩くことをためらっていましたが
終了間近の今日
何とか拝見することができてよかったです


与次郎作の阿弥陀堂釜

そして
ノンコウ作の赤樂など

素直に心底「いいなあ〜。。。」と
感じてしまう私は
やはり【わび茶】が好きなんだナと
あらためて思いました


帰りがけに
受付に座っていた男性と
二言三言アクリル板越しに
言葉を交わしました


「わくちんがもっと普及すればねぇ・・・」

と仰るその方に

「そうですね・・・」と
うなずきながらも

私は

「わくちんを打たないと湯木美術館に
入れないような時代にならないことを
祈っています」

とだけ申し上げて

「ごきげんよう」と
おいとまさせていただきました



14

2021/6/18

皆様 お元気ですか?  つれづれ

もうすぐ訪れる夏至と共に
各地で出されている「緊急」の宣言とやらも
ようやく解除されそうですね

梅雨の最中の「お家時間」
皆様 お元気にお過ごしでいらっしゃいますか?

ところで

この「元気」という言葉
私が子供の頃は

「元気です」「元気が出た」

といったような使い方をしていたと思います

ところが最近は

スポーツ観戦などをした人が口をそろえて
「元気をもらいました」

と語っているのをよく耳にします

オリンピックが始まるとまた
毎日のように「元気をもらった!」という言葉が
あちこちで交わされるのでしょうか・・・



私はこの
元気を「もらう」という言い回しに
ずっと違和感を感じていました


そもそも「元気」って何なのでしょう

検索してみると次のように書かれていました


【元気】
活動の源となる気力
体の調子がよく健康であること 

【由来・語源】

「元気」は
もともと「病気」と対になって使われていた語
古くは「減気」と書き
病気が快方に向かうことを表した

近世には「験気」と書いて
治療の効果が現れて気分がよくなることの意となり
さらに現在のような意で使われるようになり
漢字も「元気」となった



うむうむなるほど・・・


まあやはり何となくではありますが

元気とは

自分の内側に元々持っている「気力」を
自ら活性化させること

頑張っている人からもらったり
誰かにあげたりするものではなく

強いて言えば

宇宙に遍く存在する
「気」「エネルギー」を
自分自身にとりこむこと



こんな意味なのかな。。。


クリックすると元のサイズで表示します

こんなことを考えつつ
今朝メールを開きましたら
昨日体験に来られたお一人の方から

「9月から好日会に入会したいです」と
ご連絡をいただいていました


そして


「帰り道で初心者用の茶筅、茶杓、お茶碗をゲットして
早速お家抹茶を楽しんでおります♪」


何とうれしいことでしょう!


この一言に
昨日の彼女のお顔を目に浮かべながら
私は
「元気」がもりもり「湧いて」きましたよ!(*^_^*)



14

2021/6/17

6月稽古場 6  稽古

クリックすると元のサイズで表示します

今朝は
爽やかな風が吹き
光が澄み切っていて

季節はこれから夏というのに
まるで秋が訪れたかのような清々しさが感じられました

こんな日は
きっと良いことがある・・・!と
そんな予感を感じながら
稽古場に向かいました


クリックすると元のサイズで表示します
「清流無間断」 
黄梅院太玄師


ご遠方よりお越しのIさんが
お庭に咲きましたので・・・と
「松本仙翁」の可憐なお花を
お持ち下さいました


クリックすると元のサイズで表示します

今日は朝一番に
一度に三名の方が
お稽古の体験に来られました


たまさか今日の午前は
お稽古に入られるお弟子さんが
ご都合でお一人だけになってしまったので

私が薄茶点前をして
お弟子さんに作法に則ってお茶を飲んでいただいて
皆さんに見学していただきました


体験の方に見ていただきやすいように
いつもと点前座の場所を変えてみました


クリックすると元のサイズで表示します
その後
せっかくですから
各自で茶筅をふって
お茶を点てて飲んでいただきました


終わってから

「どうでしたか?」とお尋ねしますと

皆さんお茶は初めてなのだそうで


「心が洗われるような感じがしました」

「普段とは違う”非日常”の世界を感じました」

「五感で楽しむ感じがよかったです・・特に”音”が印象的でした」

など素敵な感想をお聞きすることができました



でも
お稽古を始められるかどうかは
今日のところは・・・?でした


今日の体験を機に
もし一人でもお稽古を始めてみようと心を決められたら
来年開講する予定にしている
「好日会」を
時期を早めて
今年からスタートしてもいいかなと思っています




8


AutoPage最新お知らせ