ようこそ、お入りを・・・。

2021/9/20

愛しきもの  つれづれ

クリックすると元のサイズで表示します

行きつけの美容院に
さりげなく飾られていたお花


見たことがなかったので
名前をお尋ねしたら

月桃(げっとう)という
沖縄の植物の実なのだそうです


そしてまた
花入れが面白いですね・・・と


お聞きしたら


何とこれは
彼女の義理のお父様が
遺された酒器なのだそうです


彼女は
茶道の嗜みは全く無いのですが
普段からとても細やかな
心遣いをしてくださる方です


お茶をしていなくても
ある意味
「お茶のある人」だなあと
常々感じていましたので

この酒器を花入れとして使う心に
あらためて感服いたしました


そして
彼女がこの花入れを手に取り
お酒を注ぐように傾けますと。。。

クリックすると元のサイズで表示します

なんとまあ!

笹の葉の下から
愛らしい小鳥がひょっこりと顔をだしました

この器を作られた作家さんの
遊び心

そしてこの酒器を愛でて楽しまれた
彼女の亡きお義父様の優しさに


何だか心が温かくなりました


8

2021/9/17

9月 好日会  稽古【好日会】

クリックすると元のサイズで表示します

本日
「好日会」のお稽古が新たにスタートいたしました


「好日会」とは

茶道初心者の方だけを対象にした
少人数のクラスです

ゆっくりしたペースで
お茶の世界に馴染んでいただき

一年をかけて
薄茶点前を習得していただくコースです


一年後以降は
そのまま「好日会」の稽古に月1回通い
四季折々の道具を使って
薄茶点前を楽しんでいただくことができます


またご希望であれば
洗心会にご入会いただき
茶道の奥をより深めることも可能です


もしご興味のある方がいらっしゃいましたら
【北山茶露音HP】をご覧いただき
お問い合わせ下さいませ



クリックすると元のサイズで表示します
本日のお菓子  月あかり  鼓月製



クリックすると元のサイズで表示します

第1回目の今日のメニューは・・・

1.席入り・お菓子のいただき方

2.点前を見学しながら道具の名前を覚える

3.薄茶のいただき方

4.お盆の上で自分で点てて飲む


ほぼ1時間で終了しました


次回は10月15日(金)10時より



6

2021/9/16

9月稽古場 5  稽古【洗心会】

クリックすると元のサイズで表示します
「秋澄萬景清」
堀内宗心筆


クリックすると元のサイズで表示します
溜塗二重棚 濃茶 組合点


クリックすると元のサイズで表示します

今月は
冊子「茶の湯への誘い」から
茶事の流れについて学んでいまして
本日は
「後座の床の花」の項目を読みました

その中に
「花は野にあるように入れよ」という
利休の教えと伝わる言葉が記されています


たしかこれは利休七則の一つ

ところで
それはどの茶書に書かれていたのかな?

と思って調べてみたのですが。。。


意外なことに
利休七則は一つの書物に
まとめて書かれているわけでは無いようです


因みに利休七則とは
千利休が茶の湯の心得を説いたとして
流布している次の七つの教えです


茶は服のよきように
炭は湯の沸くように
夏は涼しく冬は暖かに

花は野にあるように
刻限は早めに
降らずとも雨の用意
相客に心せよ


確かにこの内
初めの三つは
「南方録」に記されています

しかし
あとの四つは南方録の中には
書かれていませんし
利休百首の中にもありません

出典が知りたくなって
以前に読んだ本を本棚から取り出して
さあっと斜め読みしてみたのですが・・・

利休がこのように仰ったという記述が
見当たらないのです

クリックすると元のサイズで表示します


『利休七則』とは
いつ誰によって
このようにまとめられたのでしょうか?

そしてその出典は?


茶の湯の謎が
また一つ増えました
(@_@)



8

2021/9/15

「好日会」の御案内  お知らせ

クリックすると元のサイズで表示します

《好日会》
初心者のための茶道教室

【稽古日】

第1回  9月17日(金)

第2回 10月15日(金)

第3回 11月19日(金)

【時間】10時〜12時


表千家茶道の薄茶点前を一からゆっくりと学びます

初めて茶道に触れる方におすすめの講座です


詳しくは北山茶露音HPをごらん下さい⇒北山茶露音


お問い合わせ・お申し込みはコチラから
北山茶露音〔お問い合わせ〕


9

2021/9/12

9月且座会  稽古【且座会】

今日は且座会のお稽古をいたしました

且座会については
北山茶露音HP⇒コチラをご参照下さいませ

クリックすると元のサイズで表示します
定刻に四名の方が
このお部屋にお集まり下さいました

8月はお休みでしたので
まずは
それぞれにこの夏をどう過ごされたか
お伺いいたしました


家の中の断捨離を加速させました...

ゆっくりと身体を休ませることができました...

リモートワークで思いがけず忙しい夏を過ごしました...

念願の富士登山を達成しました...





クリックすると元のサイズで表示します
「清秋竹露深」
紫野大亀老師

お一人ずつ習い通りに席入りされ
着座された後
掛物について簡単に解説




クリックすると元のサイズで表示します

まずは
お菓子が運ばれます

社中から
二人お手伝いをお願いしていまして
お点前と運びをしていただき
私は専ら
道具の説明や所作の指導をいたします


クリックすると元のサイズで表示します
銘 千代見草  鼓月製

菊の異称です


クリックすると元のサイズで表示します

本日使ったお茶碗です

参加者のAさんが

「最近やっと涼しくなったなあとは
思っていたのですけど
今日のお道具を見て
いつの間にかこんな季節になっていたのだと
あらためて気づきました」と

感想をおっしゃって下さいました


クリックすると元のサイズで表示します

本日は
お点前が終わった後に
道具の箱を少し持ち出して

箱の見方を説明させていただきました



参加者のMさんが
「箱の蓋の表ではなくて裏に書いてあるんですね・・・」と
不思議そうに仰ったのが
印象に残りました


その他にも

「秋の《色》をお道具の中に見つけました」

「万事控えめな雰囲気に秋らしさを感じました」

などといった感想をいただきました



次回の且座会は10月10日にいたします



10


AutoPage最新お知らせ