ようこそ、お入りを・・・。

2021/12/29

終い稽古  稽古【洗心会】

今日は
今年最後の研究会に
お忙しい中
六名の方がご参加下さいました


クリックすると元のサイズで表示します
「先者今年無事 芽出度千秋楽」
前大徳泰道師


お稽古の始まる前の時間に
皆さんにそれぞれ
今年はどんな年だったかをおたずねしました


平穏な一年

来年への準備の一年

新しい環境に飛び込んだ一年

色々あったけれど何とか無事に終わった一年

感謝の一年

これからの新しい時代へ向けての一年



皆さんのポジティブなお話に
もっと耳を傾けていたいような
気持ちになりました


クリックすると元のサイズで表示します
三重棚

今日はまず
廻り炭をいたしました


クリックすると元のサイズで表示します

稽古場では
これまで12月には
何度も廻り炭をして参りましたが
埋み火を取り出すと
いつも火が消えてしまって
下火を新たに入れなおさなければ
なりませんでした


そこで
今年は本に書いてあったように
稽古の始まる3時間前から釜をかけて
炉中を十分に温めておきましたら
6名が二巡しても尚
下火がちゃんと残っていて
亭主が炭を入れると
パチパチと音がし始めました

大変嬉しいことでした!

クリックすると元のサイズで表示します
今日のお菓子は
善哉を作りました


皆さん喜んで下さり
正に「善き哉」です(*^_^*)


その間に
釜もしっかり煮えがついて
次は「一二三」のお稽古です


クリックすると元のサイズで表示します

今日は薄茶で「一二三」をしました

一人ずつお茶碗を替えて
点てていただきました


クリックすると元のサイズで表示します

和気藹々のうちに
今年最後のお稽古も
無事に終わりました


クリックすると元のサイズで表示します

「どうぞ良いお年を!」と
皆様を送り出した後
点前座に座り
一人で自服いたしました

昨年の今頃は
11月に父が亡くなって
まだ何となく落ち着かない気分でしたが
あれからもう一年。。。


時々夢に現われる父は
いつも上機嫌です


「先者今年無事」の掛物を見ながら
穏やかな気持ちで
ゆっくりとお茶をいただきました


クリックすると元のサイズで表示します


この一年
ブログ「一期一会」を訪れて下さった皆様
応援いただき
ありがとうございました


私は子どもの頃から
日記をつけることが習慣でしたので
始めは自分のためにこうして
お稽古の記録をブログに残していたのですが
年数を重ねて
沢山の方にご覧いただけるようになり
それもまた大きな励みとなっております

来年も
お稽古や茶事のことなど
お茶のある日常を
書き綴って参りたいと思います


何卒よろしくお願い申し上げます


1月は7日と8日に
二日に分けて初釜を行う予定です



それでは皆様
どうぞ良いお年をお迎え下さいますよう!

20

2021/12/23

12月稽古場 6  稽古【洗心会】

クリックすると元のサイズで表示します
「三冬枯木花」
前大徳一甫師


「三冬」とは
陰暦十月十一月十二月の
冬季三ケ月のこと

その寒気厳しい冬の真っ只中
枯れ木に突然 
ぽっと花が咲く

陰極まれば陽に転ず




クリックすると元のサイズで表示します
丸卓


今日は今年最後の週稽古でした

昨日の「ひとり御献茶」
報告会のようなお稽古となりました

応援して下さった社中の皆様
本当にありがとうございました!


クリックすると元のサイズで表示します

昨年の8月より
毎回のお稽古で
1年以上かけて少しずつ読んできた
「茶の湯への誘い」ですが
今月でやっと最後まで読み終わりました


最後に
「日常のお茶」の大切さについて
書かれていました


私はこの「日常」という言葉が
とても好きです


何気ない日常の中に”奇跡”がある

日常の中に”聖なるもの”が潜んでいる


というのが私の持論です


お茶を飲むということは
全くもって日常的な行為でありながら
同時に
その中に非日常的とも言える
高い精神性が垣間見える

だからこそ
私はお茶に惹かれ
お茶をこよなく愛しているのです



クリックすると元のサイズで表示します
銘やぶこうじ  鼓月製




13

2021/12/23

ひとり御献茶を終えて  つれづれ

クリックすると元のサイズで表示します
伊勢市朝熊山頂上より

眼下には鳥羽湾に島々が浮かび
少し先には渥美半島も
うっすらと見えます

雲が無い日には
その遙か前方に
富士山を望むこともできるそうです


冬至の早朝
伊勢神宮の前で無事に御献茶を終えた後

私は清々しい気持ちでここに立ち
広々とした空と海と山を眺めて
大きく深呼吸をしました


思えば
本当に不思議な流れを感じつつ
見えない存在の力や
身近な人々に助けられながら

この度の御献茶を
実現することができました


ただただ感謝です


それは
温かく応援して下さった方だけでなく

宇治橋の前で近づいてきた
腕章の彼に対しても同じくです

なぜなら
「(献茶のできる場所は)無いです」と
けんもほろろに言われてしまったからこそ
私は
誰もいない静かなあの場所に移動して
結果的には
大勢の人達の視線に心乱されることなく
神様に御茶を献ずることができたのですから


それにしても
薄明かりの中
早朝の参道でのI氏との邂逅は
正に天照大御神様の
計らいとしか思えないような
不思議なできごとでした


そして
またしても私のこんな無謀な計画を
咎めることもなく案外面白がって
最後まで付き合ってくれた我が夫に
心から感謝しています


長くなりましたが
最後までお読みいただき
ありがとうございました(^_^)/



※「ひとり御献茶1〜6」の記事を
まだご覧いただいていない方は
お時間のある時に是非
「ひとり御献茶 1」から
順にご覧いただけたら嬉しいです



17

2021/12/22

ひとり御献茶 6  つれづれ

「宇治橋の正面は人が多いけど
すぐ裏の神社から日の出を見たら
誰もいなくていいですよ」


ついさっき
偶然出会ったI氏の言葉を思い出し

私は道具の入った袋を抱えて
とりあえず
後ろの方へ向かいました


宇治橋のずっと手前
駐車場の後ろにも
十名ほどの人がいましたが

そのすぐ横に小さな石の階段があり
上っていくと
そこには小さな神社があって
鳥居の前に木立で囲まれた
三畳ほどの広さの平らな場所がありました


木々の枝の隙間からは
前方に伊勢神宮の鳥居と山の端を
望むことができました


そして
そこには誰もいませんでした



クリックすると元のサイズで表示します

夫が
「ここならいいんじゃない?」と言うので
私は早速準備を始めました



クリックすると元のサイズで表示します

今日は少し空は曇っていましたが
昨日山縁から太陽が昇ってきた
7時45分頃を待ち

私は心を鎮めてお茶を点て始めました




クリックすると元のサイズで表示します


新しい地球の時代の始まりを御祝いし
天照大御神様に御茶を献じます

今日より
世界が愛と光で満たされてゆきますように

ありがとうございます

2021年12月22日冬至




ひとり御献茶を終えて
14

2021/12/22

ひとり御献茶 5  つれづれ

2日目(冬至前夜)

宿の部屋で
道具を出してリハーサル


ここまで来たら
やるしか無い。。。

クリックすると元のサイズで表示します



3日目(12月22日 冬至)

5時に起床し
着物に着替え
まずは内宮に向かい
早朝のお詣りをしました

クリックすると元のサイズで表示します

宇治橋へ戻る途中の参道で
薄暗がりの中突然

「あっ・・原田さん!」

という声に

夫と私が驚いて振り向くと

そこに若い男性が一人立っていました


「僕・・Iです」


つい先日
暮れのご挨拶に自宅に来て下さったけれど
私は出かけていてお会いできなかった
I氏でした

I氏は洗心亭の工事の時にお世話になった
工務店の方です


こんなところでお目にかかるとは・・・と

お互いに驚きました

二言三言お話しして
お別れしましたが
その時I氏が

「宇治橋の正面は人が多いけど
すぐ裏の神社から日の出を見たら
誰もいなくていいですよ」と

仰ったことが
今から思うとなんだか不思議です


クリックすると元のサイズで表示します

駐車場まで戻ると
宇治橋の前には
すでに長い列ができていました


クリックすると元のサイズで表示します

私は
集まった人達の邪魔にならないよう
松の木の横の隅っこに
ビニールシートを敷き
そろそろ献茶の準備をしかかったその時です・・


腕章を付けた男性がこちらへ歩いてこられ
「伊勢神宮の者ですが
ここで何かされるんですか?」

夫が間髪を入れず
「御献茶です」

と答えましたが

その方が困ったような顔をされたので
私は

「皆さんが冬至の日にお詣りするのと
同じ気持ちで
ここでお茶を点てるだけなんですけど・・・」

と言いました


すると
「ちょっと聞いてきます」と
警備員室の方へ小走りに駆けていき
すぐに戻って来られますと


「お気持ちはわかりますが
ここは他の方が通られますし
伊勢神宮の催しと思われても困るので・・・」

と仰います


「そうですか・・・わかりました
ではどこかできる場所はありますか?」

「無いです」


とにべもなく。。。


その時です

ふと
先ほどのI氏の言葉を思い出しました

私は気持ちを切り替えて
腕章の彼に一礼した後

すぐに荷物をまとめると
夫と共に
再び駐車場の方に向かいました


ひとり御献茶 6
5


AutoPage最新お知らせ