ようこそ、お入りを・・・。

2022/1/27

1月稽古場 5  稽古【洗心会】

クリックすると元のサイズで表示します
「松無古今色」
當麻寺中之坊貫主 實秀師


クリックすると元のサイズで表示します
長板 諸飾り 濃茶点前

今日は
午前午後共に
三名ずつ来られまして
全員が濃茶点前をお稽古されました

穂屋香炉は
釜の蓋を置く時だけその蓋を裏返し
使わない時には
その都度きちんと蓋をします

その律儀さが
なんとも心地よいものです


クリックすると元のサイズで表示します

お濃茶は
相変わらず一服点てです

お稽古用の高麗茶碗写しを三碗出して
それぞれお好きな茶碗を使って
点前をしていただきました


「高麗茶碗」とは

一口に言えば朝鮮半島で作られ
日本の茶の湯で用いられた茶碗

技法的にも見た目でも形のうえでも
さまざまなものがあり
細かく分類すると
百種類を超える


「わかりやすい高麗茶碗のはなし」(著:谷晃)より


今日は
高麗茶碗写しより
狂言袴 粉引 絵御本手を
使っていただきました

12

2022/1/26

1月稽古場 4  稽古【洗心会】

クリックすると元のサイズで表示します
「松無古今色」
當麻寺中之坊貫主 實秀師


クリックすると元のサイズで表示します
長板 諸飾り 濃茶点前

久しぶりに
穂屋香炉蓋置の扱いを
お稽古していただきました


ところで
長板で濃茶点前をする時
仕服を置く位置に
迷うことはありませんか


これは
これまで習った先生によっても
少しずつ違っていました


お茶のお点前では
他にも時々そういうことがあります


以前ある宗匠が
表千家では
色々ある全ての流れを包み込んだものが
表千家流であって
その中で
より良いものが自然に残されていくのです
というようなことを
仰っておられました


私もこういう考え方が好きです


お弟子さんにお伝えする時は
その内容によって
私の習った全てをお伝えする場合もあれば
自分の中で一つを選択して
お伝えすることもあります

もしかしたら
私の知らない別のやり方も
あるのかもしれません


お茶の世界は
本当に深くて広いです


クリックすると元のサイズで表示します
主菓子  水仙花  鼓月製



クリックすると元のサイズで表示します
干菓子  花一枝  亀屋良永製


11

2022/1/21

1月 好日会  稽古【好日会】

今日は
好日会の稽古日でした

「好日会」とは
四季折々の道具を用いて
薄茶点前をゆっくりと習い
1年を通してお茶のある暮しを楽しむという
お稽古会です

昨年の9月より月1回第3金曜日の午前に
実施しています

現在はお2人の方にお越しいただいていますが
将来的には
2〜3名のクラスが
あと1クラスできたら良いなあと
考えています


このブログをご覧の方で
ご興味のある方がいらっしゃいましたら
是非ご連絡下さい

詳細はHP北山茶露音「洗心亭」をご覧くださいませ


クリックすると元のサイズで表示します

本日は
私の点前で薄茶を飲んでいただいた後
帛紗捌きをして
棗と茶杓を拭く稽古をして
最後にご自身で棗からお茶をはいて
ご自服していただきました


次回は
茶筅とおしと茶筅すすぎの
お稽古です


点前座に座ってお点前をする日に向かって
一歩ずつ一歩ずつ。。。

クリックすると元のサイズで表示します


9

2022/1/20

1月稽古場 3  稽古【洗心会】

今日は「大寒」

暦通りの
大変寒さが身にしむ一日でした


そのような中
本日も朝から皆様がお稽古にお越しになり
一日茶室に座って過ごしました


諸事情により
初釜に参加することができなかったお二人も
今日は元気にお顔を見せて下さり
年頭のご挨拶を交わしました


令和四年の洗心亭
いよいよ本格的に動き始めました!

クリックすると元のサイズで表示します

不審菴

この冊子は
以前稽古場15周年を記念して
皆で家元訪問をさせていただいた折りに
いただいたものです


今年は
この「不審菴」を
毎回お稽古の前に読んで
表千家について
皆さんとお勉強することにいたしました


クリックすると元のサイズで表示します
今月はまず
「表門」の頁を読んでいます


きちんと声に出して読んでいきますと
「江岑」「茶頭」などの読み方を
ご存じ無い方が
案外たくさんいらっしゃいました


これはしっかり読んでいただくことにして
よかったなあと
あらためて思っております

クリックすると元のサイズで表示します
長板 諸飾り 濃茶点前



10

2022/1/19

1月稽古場 2  稽古【洗心会】

クリックすると元のサイズで表示します
「一華開五葉」 
前大徳文雅師 


禅宗の初祖・達磨大師が
二祖・慧可(えか)に与えた
伝法の偈の中にある一句です


吾れ本(もと)この土に来たり

法を伝えて 迷情を救う

一華 五葉に開き

結果 自然(じねん)に成る


《意味》
私はこの地に来て
迷える衆生をすくうために法を伝えた

一つの花は五弁の花びらを開き
やがておのずから実を結ぶであろう


この句には
次のような2つの意味があるそうです

@達磨が伝えた禅が
やがて五つの宗派(臨済・曹洞・い仰・雲門・法眼)に
分かれて花開く

A「五葉」が仏の五つの智慧
(大円鏡智・平等性智・妙観察智・成所作智・法界体性智)
を表す

これは「五智如来の智慧」と言われ
「この世の全てをありのままに見ることのできる
曇りのない心」のことだそうです


ただ今日の私は
「結果自然に成る」という
安堵と喜びの気持ちで
この掛物を掛けさせていただきました


私事ですが
アメリカ在住の息子夫婦に
子供が生まれました


名実ともに”おばあちゃん”に
なりました

クリックすると元のサイズで表示します
長板 諸飾り 薄茶点前


クリックすると元のサイズで表示します
主菓子  春告草  鼓月製


クリックすると元のサイズで表示します
干菓子  雪渓  大和甘林堂


12


AutoPage最新お知らせ