ようこそ、お入りを・・・。

2022/2/28

2月稽古場 6  稽古【洗心会】

2月最終日の今日は
研究会をいたしました

9名の方々が
午後1時から5時まで
それぞれ真剣に
切磋琢磨しながら
お稽古に励みました


クリックすると元のサイズで表示します

本日はまず
お茶とうをしていただきました





クリックすると元のサイズで表示します

利休様にお茶をお供えして
それぞれの思いを利休様にお伝えし
感謝申し上げました


クリックすると元のサイズで表示します

唐物の真と行を
お稽古していただきました


私自身が
これまでに師事した師匠から教えられた
唐物点前の心を
少しでもお伝えできれば幸いです



クリックすると元のサイズで表示します

今日は
利休七種茶碗と伝わるお茶碗の写しを
全て使ってみました


これらのお茶碗は
これまでにもしばしば
お稽古で使っていましたが
七種を全部並べて使ったのは
多分初めてではないかと思います


黒樂三種
赤樂四種

本歌が現存するのは
このうち大黒・東陽坊・早船の三碗だけですが
その他のお茶碗は写しが伝えられています


今日は
それぞれの特徴を手に取って
確認していただきました




クリックすると元のサイズで表示します
主菓子 下萌  鼓月製

9

2022/2/24

2月稽古場 5  稽古【洗心会】

クリックすると元のサイズで表示します

今月は
冊子「不審菴」より
露地と祖堂についてお勉強いたしました


美しい写真の数々・・・

片目を閉じて見ると
あら不思議。。。!


奥行きが感じられて
臨場感を楽しむことができます(*^_<*)


クリックすると元のサイズで表示します
「紅炉一點雪」 前大徳紹尚師

不審菴御祖堂には
「點雪」の扁額が掛り
「點雪堂」とも呼ばれます




クリックすると元のサイズで表示します
「弄花香衣満」 前大徳泰道師


クリックすると元のサイズで表示します
好文棚 濃茶点前 長緒

今月に入って
”陽性者”やら”濃厚接触者”などという
摩訶不思議な言葉を聞くことが
私の周りでも爆発的に増えたような気がします

このひと月あまり
実際にはお元気な多くの方々が
社会生活において
多大な制約を強いられて
過ごされたのではないかと感じます


稽古場でも
月初めにはその影響で
お休みされていた方がありましたが
今日はその方々も
久しぶりにお元気なお顔を見せて下さいました


各自の立っている場所によって
社会的影響は様々ですが
お互いに自分自身のバランスを大切にして
何とかこの流れを
泳ぎ切っていきたいものですね


クリックすると元のサイズで表示します
主菓子 北野の春  鼓月製

明日2月25日は
北野天満宮梅花祭ですね

人の世は未だ
落ち着いてはいませんが
梅は毎年変わらず
香しい花を開く季節となりました


クリックすると元のサイズで表示します
つい先日までは
午後のお稽古が終わる頃には
すっかり暗くなっていましたが

今日はまだうっすらと
光が射していて
少しずつ日が長くなってきたのを感じます


今月は
私自身のお稽古はお休みでしたので
皆さんが帰られた後

久しぶりに
長緒の点前をして
濃茶をゆっくりと自服しました


8

2022/2/18

2月 好日会   稽古【好日会】

本日は
好日会のお稽古日でした

クリックすると元のサイズで表示します

好日会は
表千家の薄茶点前を
一年かけてゆっくりと学ぶクラスです

いつものお二人に加えて
今回は相次いで二人の方が
体験を希望されて参加されました

今日もまず
私が説明をしながらお点前をして
皆さんに一服ずつ飲んでいただき

その後
割稽古をいたしました

今日の割稽古は
「茶筅とおし」と「茶筅すすぎ」


空のお茶碗で練習していただいた後
お盆の上で
棗からお茶をはいて
ご自分で点てて自服していただきました

クリックすると元のサイズで表示します

体験のお二人にも
自分で茶筅をふって
点ててもらいました


稽古は一時間ほどで終わりましたが
体験されたお二人が
揃って来月からのご入会を決めて下さり
大変嬉しく思いました


また
稽古が終わった後
インターホンが鳴ったので
外に出てみると
ショッピングカーをひいた女性が
一人立っておられました


「ここは茶道をしてはるんですか?」

「はい」

「私は膝が悪くて長くは座れないので
お点前はできないですけど
お茶の飲み方とか作法だけでも
教えてもらえるんですか?」



とりあえず中に入って
稽古場の様子を見て頂くことにしました

しかし
且座会は六名より増やすことは
考えていないし
立礼のクラスを作る予定もないので
「申し訳ありません・・・」と
お帰りいただくことにしました


ところが
玄関を出られる時に
もし「空き」が出来たら連絡してほしいと
ご自分の御名前と連絡先を書いて下さいました


彼女Bさんが帰った後
あらためて考えてみました


月一回の好日会の後
午後からなら時間はありますし

Bさんと同じようなことを
望んでいる方が他にもいらっしゃれば

新たに
椅子に腰掛けて
お茶の飲み方だけを学ぶクラスを
設けることも可能かなと思い始めました


そこで
いただいた連絡先にお電話をして
そのようにお伝えしますと

Bさんはとても喜ばれて
「友達を誘います!」と
お返事下さいました

そして
「お茶の世界を広めるために
先生もっと頑張ってください!!」と

なぜか激励されてしまいました


さてどうなることやら。。。


でもなんだかワクワクしてきましたよ(*^_^*)



14

2022/2/17

2月稽古場 4  稽古【洗心会】

クリックすると元のサイズで表示します
「弄花香満衣」 前大徳泰道師


クリックすると元のサイズで表示します
好文棚

今日は全員長緒を使って
お濃茶の稽古をしていただきました

20年ほど前
稽古場を始めた頃は
社中で長緒の点前をなさる方は
一人もいらっしゃいませんでした

やがて一人二人と
習い事のお点前ができるようになり
お免状をお持ちの方々も入会され
月に一度
「研究会」の日を設けて
相伝物の稽古を行うようになりました


そして
月日が流れるうちに
お陰様で
ほとんどの方が台天目や盆点の
お免状をいただかれるまでに成長され

今では「洗心会」の通常稽古では
習い事や飾り物の稽古も行っております

有り難いことです


その一方で
「且座会」の会員6名は
月に一回
表千家の流儀に則って
お茶を飲むという稽古を
和気藹々に楽しんでいただいています


また昨年秋にスタートした
「好日会」も
メンバーはまだ2名ですが
明日の稽古日には
おふたりの方が体験に来られることになっています



ご自分にあった様々なスタイルで
お茶の世界を自然体で楽しむ場を提供したいという
私の小さな夢が
少しずつ形になってきているのを
うれしく思います


クリックすると元のサイズで表示します
主菓子 鶯餅  鼓月製


クリックすると元のサイズで表示します
梅しぐれ 乃し梅本舗 佐藤屋

山形県の伝統銘菓です

10

2022/2/13

2月 且座会  稽古【且座会】

本日は
且座会のお稽古日でした

クリックすると元のサイズで表示します
「一花開天下春」
東大寺長老寛秀師

毎月
順次交替で
自主的に正客を決めて下さっています


やはり
正客の場所に座る時は
皆さんいつもより
やや緊張気味ですね🤐


クリックすると元のサイズで表示します
今日のお茶碗のラインナップ


一碗目の筒茶碗は
社中のお点前さんにお願いして
絞り茶巾の扱いで
お茶を点てて頂きました


”先月は
お道具の中に干支の「寅」と「鶴」を探していただきましたが
今日はどこかに
「馬」と「牛」が隠れていますよ。。。”🤔

伏見稲荷の「初午」や
北野天満宮の「梅花祭」

いずれも春の訪れを告げる
京都のお祭りですね😀

今年は少しずつ平常が戻ってきますように!



クリックすると元のサイズで表示します
銘 下萌  鼓月製


雪の下の草にまで目をとめて
それを切り取って
丁寧にお菓子に仕立て上げるなんて・・・!と
とても感激してくださり
うれしかったです(*^_^*)


ピュアで新鮮な感覚をもって
お茶の世界を素直に楽しんでいる
且座会の皆さんのお話を聞くと
私自身があらためて
お茶の魅力を再認識することができて
幸せな気持ちになります

 



13


AutoPage最新お知らせ