ようこそ、お入りを・・・。

2013/4/16

地蔵院お茶事  他会記

昨日は
京都西京極にあります
地蔵院安胎寺
のご住職の奥様より
お茶事のお招きを受けて
でかけて参りました
クリックすると元のサイズで表示します

連客と共に定刻より早めに到着し
少し離れた木陰にてしばし待っていますと
やがて門が開いて
ご住職が打ち水をなさっている姿が見えました

ややあって
そろそろ入らせていただきましょうと
清々しく水の打たれた門をくぐりました


待合でお白湯をいただき
廊下に据えられた外腰掛で
迎えつけを待ちます



やがてご亭主が現れ
蹲踞の水をあらためますと
主客互いに歩み寄り
無言で挨拶をかわします


亭主を見送った後
あらためて蹲踞に向かって進み
いよいよ茶事が始まります



席に入りますと
広々した十一畳の広間に
二畳の上段の間があり
そこには
「褒寿」と力強く書かれた
時代と重みを感じさせる横物が
掛かっておりました

この掛物を
ご亭主が掛けてくださった
その思いは
茶事が進行するにつれ
徐々に明らかとなり
私の心を打つこととなります


一汁三菜 すすめ鉢 八寸と
ご亭主の心のこもったもてなしを受け
やがて中立の時を迎えます


鐘の音を聞いて
あらためて席に入りますと

上段の間には
初座の掛物に代わり

ある種の凄みをもった
時代を感じさせる竹一重花入が掛けられ
紅椿が一枝・・・


この花入れが
随流斎のものと聞かされ
あらためて驚きました


深みのある萩焼のお茶碗で
たっぷりと練られた濃茶をいただいた後
続いて朝日焼と仁清写日ノ出茶碗にて
薄茶がふるまわれました


お使いいただいた
筋の通った数々のお道具を通じて
ご亭主が今回の茶事に寄せる
並々ならぬ思いが伝わって参りました


何よりも
「このような日を迎えることができるなんて・・・」
と喜びの心で
細やかなもてなしをしてくださるご亭主のお気持ちがうれしく

帰り際には
ご本堂の地蔵菩薩様に手を合わせ
このご縁を深く感謝いたしました





7

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


AutoPage最新お知らせ