ようこそ、お入りを・・・。

2013/4/20

建仁寺 四頭茶会  他会記

今日は
かねてより一度出かけたいと願っていた
建仁寺の四頭茶会に
初めて参加させていただきました

この茶会は
建仁寺の開祖で
宋より茶種を持ち帰ったと伝えられる
茶祖栄西禅師のご生誕慶讃法会として
毎年4月20日に行われています

クリックすると元のサイズで表示します
本席の始まる前に営まれる
慶讃法要に是非とも臨席させていただきたく
夜明けと共に建仁寺に参じました

期待に胸をふくらませながら
七時の受付を待ちました

クリックすると元のサイズで表示します

第一席目の券をいただいて
大方丈へと向かいました


因みに
法要に臨席するためには
必ずしも一席目に入る必要は
ありませんでした


社中の方々は
七時ごろに到着し
受付で四席目の券をいただかれましたが
ご一緒に法要に臨席することができて
ほっとしました

クリックすると元のサイズで表示します
左右の龍虎図に囲まれた
中央には栄西禅師の頂相(ちんそう)

禅宗寺院でのお茶は
こうした先人の遺徳を偲び
修道の方便 心のいましめとして
いただくことになっているのだそうです

いただいたパンフレットに
「この頂相が
後には禅僧の墨跡や
家元の書などにおきかえられるようになった」
とあり
茶席の掛物の意味を
あらためて感じさせていただきました




午前八時 
栄西禅師ご生誕の慶讃法要が
厳粛に営まれました

読経を聴きながら
お茶へのご縁
また 
社中の皆様と共に
ここに臨席させていただけるご縁を
深く感謝いたしました



法要の後
この大方丈にて
古式ゆかしき四頭の茶会に
参加させていただきました


クリックすると元のサイズで表示します
本席が始まる前の
お水屋のご準備の様子


クリックすると元のサイズで表示します
本席の後は

表千家堀内宗完宗匠ご担当の
霊洞院副席

裏千家金澤宗維社中ご担当の
九昌院副席

花月庵家元ご担当の
両足院煎茶席

をまわらせていただきました


クリックすると元のサイズで表示します
禅居庵の点心席では
泉仙の精進料理をゆっくりいただきました



最後に入るつもりだった
野点のお番茶席は
あいにく雨がぽつぽつ落ちてきて
早めに終わってしまったので
入ることはできませんでしたが

お茶にゆかりの建仁寺にて
ご縁の方々と共に
存分に過ごさせていただき
一生の思い出に残る
まことにありがたい一日でございました


建仁寺は
私が尊敬申し上げ 
現在師事している師匠の
ゆかりのお寺でもあります


また本日は
本席でのお茶をいただいた後

今年の2月に高台寺の夜咄茶会で
お点前をなさっていた
建仁寺塔頭の真神様にお目にかかり

思いがけずお声をかけていただくという
幸せなハプニングもあり

重ねてご縁のありがたさを感じさせていただきました





なお
来年は栄西禅師八百年大遠忌のため
四頭茶会は行われないとのことですが
そのかわり
今年は10月にも四頭茶会が開かれるとのことでした






10

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


AutoPage最新お知らせ