ようこそ、お入りを・・・。

2017/4/30

神宮茶室  美術館・お茶室

名古屋の実家に出かけた帰りに
足を延ばして
伊勢神宮に行って参りました

クリックすると元のサイズで表示します


伊勢神宮では
「春の神楽祭」が行われていて

内宮神苑の特設舞台で
舞楽が公開されていました

クリックすると元のサイズで表示します


その神楽祭の行われる三日間

普段は非公開の「神宮茶室」が
特別公開されていました


「神宮茶室」は
昭和60年に
松下幸之助氏の発意により建造され
伊勢神宮に献納されたお茶室です

建物は「真」「行」「草」の
三つの棟から構成されています

茶室の中に入ることは
できませんでしたが、

新緑の美しい庭を
散策しながら

それぞれの棟を
拝見させていただきました


クリックすると元のサイズで表示します
「東の間」と「西の間」のある「行」の棟

クリックすると元のサイズで表示します
「上段の間」のある「真」の棟


クリックすると元のサイズで表示します
四畳半の「草」の棟
『霽月』(せいげつ)


12

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


AutoPage最新お知らせ