ようこそ、お入りを・・・。

2022/4/30

4月稽古場 7  稽古【洗心会】

卯月末日の今日は
炉の季節最後の研究会をいたしました


世の中は
ゴールデンウィークに入りましたが

そんな中
本日は十名の社中がお集まりくださり

時に切磋琢磨し
又時に和気藹々に
精進をいたしました

稽古に先立ち
「飾物五箇条」の免状を
Sさんに手渡しさせていただきました


先輩諸姉からの
「おめでとうございます」の声に
心なしかSさんの頬が紅潮しているようで
微笑ましかったです



クリックすると元のサイズで表示します
軸飾


クリックすると元のサイズで表示します
盆香合


クリックすると元のサイズで表示します
江岑棚

続き薄の稽古をしていただきました

お客様は二人入っていただき
亭主は薄茶を相伴


見学者へは
水屋から点て出しさせていただきました
  

クリックすると元のサイズで表示します
主菓子  里山吹  鼓月製


クリックすると元のサイズで表示します
干菓子  こくせん  高田本山土産


今日は
午後1時から稽古を始め
5時前には全て終わりました


「お疲れ様でした」の挨拶を交わした後も
窓の外の陽の高さに
皆さん立ち去りがたいかのごとく

しばし談笑する方あり
水屋の片つけをして下さる方ありで

私にも水屋から薄茶を点てて下さり
ゆったりと流れる春夕のひとときを
共に過ごさせていただきました



5

2022/4/28

4月稽古場 6  稽古【洗心会】

クリックすると元のサイズで表示します
「梨花一枝春」
前大徳文雅師


この春
飾物五箇条の免状を許されたSさんに
今日は「茶碗飾」の稽古をしていただきました


茶事の初座における
亭主と正客の挨拶の仕方なども
少しずつ学んでいただこうと思います



クリックすると元のサイズで表示します
旅箪笥 濃茶点前 仕組点

仕組んだ茶碗を
建水に乗せて持ちだしたところです



「習事」の本によると

仕組点とは
道具を運ぶ手間をはぶき
茶碗と建水を一緒に持ち出して
濃茶を点てる法


とあります

また

この仕組点は
侘びた老人にふさわしい

老人が濃茶を点てる場合に
手間を省き
しかも亭主がそうした所作をするのが
不自然でない場合


とも記されています



実際にやってみると
若い頃にはさほど感じませんでしたが

建水に茶碗を乗せて両手で持ったまま
立ち座りをするのは
バランスをとるのがなかなか難しいです


仕組点が自然に見える
「侘びた老人」になるためには
足腰を鍛えておかなければならないようです。。。

7

2022/4/27

4月稽古場 5  稽古【洗心会】

クリックすると元のサイズで表示します
「梨花一枝春」
前大徳文雅師


昨年鉢植えにして一冬を超した
苧環(おだまき)が
見事な花をたくさんつけてくれました


クリックすると元のサイズで表示します
旅箪笥  茶筅飾

今日はお稽古に来られた六名が
全員濃茶点前をしました

茶筅飾 組合点 仕組点

それぞれにやりたいお点前を
していただきました


そして
本日も代わる代わる
灰を擂っていただきました



クリックすると元のサイズで表示します

何となく
先週より色が濃くなったような気がします

また
しっとりしたような感触に
なってきました


ココアパウダーのような
きな粉のような・・・


何だか美味しそうに見えます




クリックすると元のサイズで表示します
主菓子  花菖蒲  鼓月製


クリックすると元のサイズで表示します
干菓子  走井の鳩せんべい

石清水八幡宮一の鳥居前にある
走井餅老舗で売っている
鳩の絵が可愛いお煎餅です


7

2022/4/21

4月稽古場 4  稽古【洗心会】

クリックすると元のサイズで表示します
「柳緑花紅」前大徳紹尚師

旅箪笥 薄茶

棚板を上に重ねる場合の点前



クリックすると元のサイズで表示します
今日も
お稽古に来られた方々に
灰を擂っていただきました


どれくらいの時間をかけて
するものなのか
よくわかりませんが

とりあえず
すった時間を記録して
その都度
灰の様子を確かめていこうと思います

クリックすると元のサイズで表示します
昨日より更に一歩
鱗灰に近づいてきたように思いますが・・・



クリックすると元のサイズで表示します
主菓子  藤波  鼓月製


クリックすると元のサイズで表示します
白鳥の湖  
 

長野県松本市の
御菓子処竹屋で創られているお菓子です

見た目も口当たりも御干菓子のようですが
実は洋菓子なのです

先日玄庵のお茶事に
愛知県よりお越しいただいた
お客様から頂戴しました



8

2022/4/20

4月稽古場 3  稽古【洗心会】

昨年の夏
土風炉が家にやって参りました

その時の記事はコチラ

今年はその風炉を使って
お茶事をしてみようと思うのですが
そのためには
土風炉の蒔灰を作らなければなりません


初めてのことでよくわからないのですが
とりあえず昨日はまず
乳鉢に買ってきた風炉用の灰を入れて
乳棒をぐるぐる30分ほど回して
すってみました

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


そして
本日のお稽古

クリックすると元のサイズで表示します
「柳緑花紅」前大徳紹尚師


クリックすると元のサイズで表示します
旅箪笥 芝点て


クリックすると元のサイズで表示します
今日は午前午後ともに
三名ずつお稽古に来られましたので

見学している間に
六名に代わる代わる
それぞれ30分くらいずつ
灰を擂っていただきました

クリックすると元のサイズで表示します

私自身がまだ下手なので
何とも言えないのですが
昨日より
少し鱗灰に近づいてきたかしら?


だんだん灰ができていくのが
これから楽しみです




8


AutoPage最新お知らせ