ようこそ、お入りを・・・。

2021/10/23

岡林院特別拝観  お知らせ


クリックすると元のサイズで表示します

高台寺の北
ねねの道より東に延びる細い石畳の参道の奥
塔頭・岡林院(こうりんいん)があります

普段は一般には公開されていないそうですが
北政所ねね様400年遠忌となる今年
11月1日〜29日の約1ヶ月間のみ
特別拝観できるのだそうです

久しぶりの京都散策にお出かけになっては
いかがでしょうか

特別拝観料 1,500円

拝観付精進料理 3,500円

お問い合わせ:075-533-4064
✉:gk-info@gk-temples.com


尚お寺の法要・天候その他の諸事情により
予告なく拝観がお休みになることも
あるようですので
お出かけになる前に
お問い合わせ確認いただくこと
おすすめしますとのことです


普段人があまり入ることの無いお庭が美しく
是非見て頂きたいそうです


この催しのお手伝いをされている
社中の守屋様よりの情報でした



10

2021/9/15

「好日会」の御案内  お知らせ

クリックすると元のサイズで表示します

《好日会》
初心者のための茶道教室

【稽古日】

第1回  9月17日(金)

第2回 10月15日(金)

第3回 11月19日(金)

【時間】10時〜12時


表千家茶道の薄茶点前を一からゆっくりと学びます

初めて茶道に触れる方におすすめの講座です


詳しくは北山茶露音HPをごらん下さい⇒北山茶露音


お問い合わせ・お申し込みはコチラから
北山茶露音〔お問い合わせ〕


9

2021/7/19

コンサートへのお誘い  お知らせ
ようやく梅雨が明けたかと思ったら
今日は一気に暑さがうなぎ上りとなりました!

皆様お元気にお過ごしでいらっしゃいますか?

私はひと月の半分は
このブログに書いているように お茶のことをしていますが
残りの半分は 音楽の仕事に携わっています

ピアノの指導の他 2ヶ月に一回のペースで
演奏活動も行っています

来月8月1日には 
第28回目のクレモナ・コンサートを行う予定です


会場はお茶の稽古場のある「北山茶露音」の2階にあります
クレモナ・サロンです

客席は20席ほど(現在は10〜15)の少人数で
音楽を肌で感じる贅沢な空間です


今回はサクソフォン奏者の方をお招きして
私はピアノ伴奏をさせていただきます


今は毎日練習に励んでいるところです


もしブログをご覧の方で
聴いてみようかなと思っていただけましたら
是非一度いらして下さいませ

お申し込み方法は下に記載してありますので
どうぞお気軽にお申し込み下さい


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第28回 クレモナ・コンサート
   
〜〜真夏の昼下がり〜〜
《お洒落なサックスはいかが?》


時に 限りなく優しく・・・
時に 激しく情熱的な・・・

サクソフォンの音色に酔いしれる
夏の日の午後。。。
カクテル

《演奏曲》

「80日間世界一周」
「二ユー・シネマ・パラダイス」
「いつか王子様が」
「タンゴの歴史」他


クリックすると元のサイズで表示します
 Saxophone: 西川 静 
 
    
日時:8月1日(日)14:00開演(13:30開場)

場所:北山茶露音2F”クレモナサロン”

1,500


☆お申し込みはこちらから↓
https://kitayamasalon.com/contact/contact.php

☆過去のコンサートの様子はこちらから↓
クレモナ・サロンblog


8

2020/10/4

新しいパンフレット  お知らせ

北山茶露音ができて
この秋で丸5年になります

創設当時に作ったパンフレットが
ほとんど無くなってしまったので
この度
新しいパンフレットを作成しました

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

始めに作ったパンフレットの内容は
主に建物の紹介でしたが

今回のパンフレットでは
北山茶露音の中味をお伝えする内容にしました


クリックすると元のサイズで表示します

北山茶露音とは


ポイント1:茶道で心を洗う

ポイント2:ピアノで心を歌う

ポイント3:音楽を聴いて心を癒やす


先日
クレモナ・サロンで開いた
第24回クレモナ・コンサートの様子は
コチラをご覧下さい



9

2019/5/12

蹲踞 (つくばい)の写真  お知らせ

クリックすると元のサイズで表示します

この蹲踞の写真は
2006年9月に
『ブログ聖なる日常〜2009』内の記事
蹲踞 (つくばい)
に載せたものです

この蹲踞のあった場所に
現在小間を建築中なので
今はこの蹲踞は壊されています

小間ができあがる頃には
新たに石組みをしていただき
蘇ることになっています

ところが
先日突然
次のようなメールをいただきました


《現在わたくしどもは、汐文社という出版社より刊行予定の

『水とくらす日本のわざ』という

子ども向け学校図書館書籍を制作しております。


その中で、「つくばい」についてとりあげているページがあり、

もし可能でしたら、運営しているブログの中のお写真を

お借りして、紙面に掲載させていただけないかと思い、
ご連絡させていただきました。


お借りしたいお写真ですが、「聖なる日常ブログ」の

2006年9月29日の「蹲踞(つくばい)」の記事の中の

はじめのお写真です。

こちらのお写真がとても素敵だったため、

失礼を承知で突然のご連絡をさせていただきました。》



驚きました!

13年も前に書いたブログ記事の蹲踞が
出版社の方の目にとまるなんて。。。

よく調べてみると
この写真をこれまでにも
他のサイトの方が気に入って下さり
コピーして使っておられるようです

それで

『茶道 つくばい』で検索すると
私の知らない間に
この写真が結構上位にヒットするように
なっていたようです

いずれにせよ
全国の子ども達の勉強に役立てていただけるなんて
なんとありがたくまた光栄なことでしょう!

すぐに承諾させていただきました

そして
出版された本がこれです↓



クリックすると元のサイズで表示します
和の文化を発見する 水とくらす日本のわざ 3伝統
監修:中庭光彦  汐文社


クリックすると元のサイズで表示します
目次


クリックすると元のサイズで表示します
p14〜15 打ち水


クリックすると元のサイズで表示します
p15 右上の写真です


クリックすると元のサイズで表示します
●写真・画像提供 

「北山茶露音」と書いていただきました

19


AutoPage最新お知らせ