ようこそ、お入りを・・・。

2021/7/6

雲龍風炉  つれづれ


「雲龍風炉」という風炉があります

この風炉は土風炉の一つで
雲龍釜をのせるために作られたと聞いています

私が初めて雲龍風炉を見たのは
今からちょうど17年前の夏でした

それは
小間で催された朝茶の席でした


すっきりとした雲龍風炉の上で
静かに鳴っている端正な雲龍釜の姿は
思わず息をのむほど美しく感じられました


そこで初めて拝見した
風炉の鱗灰


当時の私にとって
それは全く未知の世界でした

クリックすると元のサイズで表示します


その後
雲龍窯のことは
時々脳裏をかすめてはいたものの
自分にとっては
遠い憧れのようなものでありました


ところが三ヶ月前
社中の方から掻立鐶の扱いについて
お尋ねがあったことから

全く思いもよらない展開で
素晴らしい雲龍風炉に出会うことになりました

そして本日
道具屋さんが
自宅まで運んできて下さいました

クリックすると元のサイズで表示します


雲龍風炉は
唐銅のものもありますが
土風炉の雲龍風炉は
制作する人が少なく

また古い物は割れてしまって
あまり残されていないと
これまで色々な方から聞いていました

ところが
そんな「ほとんど出ない」雲龍風炉が
タイミング良く「出た」ということで
道具屋さん自身もびっくりされたのだそうです


「こういうのを”道具を呼ぶ”って言うんですね!」


と仰っていただいて
ホントかな・・?と思いつつも
何だか嬉しい気持ちになりました



17年前の”憧れ”が
ついに目の前の現実となりました


でもまだこの風炉を使うまでには
勉強しなければいけないことが
色々あります


風炉の蒔灰の作り方
土風炉の拭き方
そして
鱗灰の蒔き方


まだまだ道のりは遠いです。。。




14

2021/6/24

八坂神社  つれづれ

クリックすると元のサイズで表示します
今日は
京都の美術館に出かけた帰りに
久しぶりに八坂さんにお参りして
粽をいただいてきました


今年もまだ
祇園祭は神事のみで
山鉾巡行は無いようです


あの頃のように
お茶会に大勢の人が集まるような日々は
この先もう訪れることはないのでしょうか


それならそれで
もっと小規模で家庭的なお茶会が
あちこちで開かれるようになれば

本来のお茶に立ち返るという意味では
良いことかもしれませんが・・・


まあいずれにせよ
500年の歴史を持つ
茶道の底力は
ちょっとやそっとで消えることはないでしょう


大局的な流れと
身近な小さな変化をバランス良く見ながら
それぞれができることをして
ゆったり構えて参りましょう



15

2021/6/18

皆様 お元気ですか?  つれづれ

もうすぐ訪れる夏至と共に
各地で出されている「緊急」の宣言とやらも
ようやく解除されそうですね

梅雨の最中の「お家時間」
皆様 お元気にお過ごしでいらっしゃいますか?

ところで

この「元気」という言葉
私が子供の頃は

「元気です」「元気が出た」

といったような使い方をしていたと思います

ところが最近は

スポーツ観戦などをした人が口をそろえて
「元気をもらいました」

と語っているのをよく耳にします

オリンピックが始まるとまた
毎日のように「元気をもらった!」という言葉が
あちこちで交わされるのでしょうか・・・



私はこの
元気を「もらう」という言い回しに
ずっと違和感を感じていました


そもそも「元気」って何なのでしょう

検索してみると次のように書かれていました


【元気】
活動の源となる気力
体の調子がよく健康であること 

【由来・語源】

「元気」は
もともと「病気」と対になって使われていた語
古くは「減気」と書き
病気が快方に向かうことを表した

近世には「験気」と書いて
治療の効果が現れて気分がよくなることの意となり
さらに現在のような意で使われるようになり
漢字も「元気」となった



うむうむなるほど・・・


まあやはり何となくではありますが

元気とは

自分の内側に元々持っている「気力」を
自ら活性化させること

頑張っている人からもらったり
誰かにあげたりするものではなく

強いて言えば

宇宙に遍く存在する
「気」「エネルギー」を
自分自身にとりこむこと



こんな意味なのかな。。。


クリックすると元のサイズで表示します

こんなことを考えつつ
今朝メールを開きましたら
昨日体験に来られたお一人の方から

「9月から好日会に入会したいです」と
ご連絡をいただいていました


そして


「帰り道で初心者用の茶筅、茶杓、お茶碗をゲットして
早速お家抹茶を楽しんでおります♪」


何とうれしいことでしょう!


この一言に
昨日の彼女のお顔を目に浮かべながら
私は
「元気」がもりもり「湧いて」きましたよ!(*^_^*)



14

2021/6/1

水無月いかがお過ごしですか。。。  つれづれ

今日から6月
水無月となりましたね

自粛生活
皆様いかがお過ごしですか?


私はお陰様で
ピアノのレッスンもお茶のお稽古も
昨年とは違って
通常通りに行うことができています


ただ
以前と違うのは
自分の行くお稽古がお休みになったり
いつも参会していたお茶会が休会になったり
また
毎月のように出かけていたコンサートや美術館に
足を運ぶことが全く無くなってしまったことです


そのお陰で
ピアノの練習は毎日しっかりできるようになったのですが
それでも何だか身体を持て余してしまって
このところ毎晩
夕食後に1〜2時間夫と近所を歩いています

夕涼みがてら
カエルの合唱が響く中
夜道を歩くのもなかなか乙なものです


まあこんなことができるのも
もしかしたら
”緊急事態”のお陰でしょうかね・・・



クリックすると元のサイズで表示します
午前中は玄庵の露地の草取りをしました

秋になったらお茶事をする予定です

クリックすると元のサイズで表示します
自宅の天井裏のネズ公は
相当大きい・・・!

足音と共に
天井板が「たわむ」のがわかるほどです

撃退用の強力な超音波器械を
新たにもう一つ購入しました!


クリックすると元のサイズで表示します
これで暫く様子をみることにします


そして午後からは
お手紙を3通書きました

クリックすると元のサイズで表示します

今月末には
盆点相伝茶事を執り行う予定です


11

2021/5/31

田植え  つれづれ

今日は歯医者さんに
月一回の検診に行った帰り
田植えをしている光景を見かけました

クリックすると元のサイズで表示します

これからまた
この場所に青い稲が育ち
秋にはたわわな黄色い穂が実るのだなあ・・と
やってくる季節に思いを馳せながら
車を道の脇にとめて
しばし眺めておりました

ところで
日本で稲作が行われるようになったのは
いつでしたっけ?

確か昔学校で習ったのは

弥生時代つまり紀元前3世紀頃に
稲作が大陸から日本に伝えられて
それまでの採集中心の縄文時代の生活から
稲作中心の定住生活へと変化した

こんな風に覚えたと記憶しています


ところが
近年の発掘調査・研究により
実際には
もっとはるか以前
今から5000年程前に
既に日本にコメが存在していたことが
わかったのだそうです


5000年ってすごーく前ですよね!

だって私達はまだ紀元後2000年程しか
経験していないのですから・・・


岡山理化大学大学入口にある
朝寝鼻貝塚
からは

最近になって
約6000年前の栽培種の稲の細胞化石が
検出されたそうです

また
岡山県古代吉備文化財センター
HPの情報によりますと

岡山県南部の総社市南溝手遺跡から
縄文時代後期(約3500年前)の土器の器面に
籾の痕跡が残る土器(籾痕土器)が
発見されたのだそうです


因みに私は
縁あって毎月岡山の総社あたりまで
お稽古に出かけていますが
行くとなぜかいつも
とても懐かしい感じがします


それは単に
日本の原風景が残っているからかな・・・と
何となく思っていましたが

もしかしたら
何千年も前に前世で
その辺りの集落に住んで
お米を食べて
案外幸せに生きていたのかも。。。?!


縄文時代
私達の祖先はいったいどんな人達で
本当はどんな暮しをしていたのか
なんだかとても気になります
10


AutoPage最新お知らせ