ようこそ、お入りを・・・。

2019/10/31


茶室は竣工しましたが
露地工事はまだまだ続いています

飛石の位置がようやく決まりました


『四季の茶の湯 土用』(山下惠光著)には

「客が渡って行きやすい石の打ち方が求められ
景色は二の次になるのは当然である。
飛石の打ち方にも
その亭主の心が表現されるものである。」


とあります


また
『露地ーその作り方と露地作法−』
(数江瓢鯰子・松村栄一著)には

「露地を生かすも殺すも飛石次第
この流れの形を決めるには
いくら慎重を期しても
過ぎるということはありません」

「およその仮置きをして
庭師・施主が
何度も実際に渡ってみて
これでよいということになったならば
本置きしていくのです」


とあります



本当に小さな小さな露地ですが
だからこそ
「飛石次第」という言葉に
重みが増します



仮置きの石の上を
何度もいったり来たりして
一応これで納得したつもりですが・・・

一つの石を少し動かすだけで
雰囲気がガラッと変わりますし

一つを動かすと
他の石や露地全体とのバランスが変わります

庭師さんが頭を悩ませるところなのだそうで
なかなかに難しいものだなあと
あらためて思いました


クリックすると元のサイズで表示します



さて今日は
先日のブログで登場したJ氏ご夫妻と
J氏のご紹介でご縁をいたたいた
フォトグラファーの桑島薫さんに
お越しいただき

玄庵の竣工写真を撮影していただきました


建築家の木村先生にアドヴァイスをお願いして
今日は主に
建物内の写真を撮っていただきました



簾をかけた下地窓からの微かな光は
柔らかで深くて静謐・・・




桑島さんには
来月の茶事の記録写真の撮影も
お願いしています


写真をしみじみと眺めながら
ほっとできる日が待ち遠しいです

その日を楽しみに
これからしばらく
席披き茶事に向けて
集中していきたいと思います









12

2019/10/27

クリックすると元のサイズで表示します
本日
片埜神社の神主さんにお越しいただき

この度の茶室新築にあたり
お世話になった方々にご出席いただいて
竣工祭を執り行いました

小間の中は狭いので
祭壇は母屋の六畳に設けていただきました


祝詞奏上の後
神主さんが茶室に入られ
各部屋の四隅をお祓いし
火打ち石をカチカチッと打って
清めて下さいました


ほの暗い茶室に
赤い火花が散るのが見えました

クリックすると元のサイズで表示します


ちょうど2年前の秋に
ふとした偶然によって
建築家の先生をご紹介いただいたことから
長年の夢が
実現に向けて動き始めました


作っていただいた図面を見ながら
徐々に夢をふくらませ
実際に工事が始まったのが
1年後の昨年の11月


それから
冬が来て春が来て
長かった夏もおわり・・・

新たな炉の季節を迎える今

夢見ていた
小間の茶室が
ついに完成いたしました

庵号は
師匠の許しをいただいて
「玄庵」と
させていただきました



色々な方々のお陰で
「玄庵」が無事に竣工したことを
神様にご報告し感謝すると共に
これから
このお茶室を末永くお守りいただき
ここに集う者達を
いつもお守り下さいますようにと
心を込めて祈りました


「玄庵」新築工事において
お世話になった方々のお名前を
書かせていただきます


木村正宏先生(アーキスタジオ哲

田尻晶英様  (田尻工務店
山口   様  (左官屋)
堀井友二様  (田尻工務店)
高橋香津代様 (田尻工務店)

武邑 紀様   (有. 西造園)




まだ露地などの工事は残っていますが
お陰様で
私にとっては
まさに夢の中にいるような
上質なお茶室を作っていただくことができ
心より感謝しております


良いご縁をいただき
本当にありがとうございました



16

2019/10/26

明日は・・  小間茶室新築工事

クリックすると元のサイズで表示します

小間に畳が入りました

「大工さんのお仕事場」が
徐々に

「私の茶室」に
なってきました


今朝は
いつもより1時間も早く
目が覚めてしまい

新しい畳の拭き掃除をしました



まだ席披きまでに
露地など
残工事は続くようですが

明日はいよいよ
茶室の竣工式をいたします


13

2019/9/14


今日は
朝から左官屋さん(山口さん)が来て
水屋の壁を塗って下さっていました

クリックすると元のサイズで表示します

ピアノのレッスンに出かける前に
少し壁について
お話をお聞きしました

壁土には
「すさ」という藁を細かくしたものを
混ぜるのだそうです

それも
下塗り用と中塗りや上塗り用とは
すさの大きさと量を変えて
作るのだそうです

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
右の壁はまだ下塗りのみ
正面の壁は
上塗りまでした状態だそうです


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
下塗りの状態

クリックすると元のサイズで表示します
上塗り
細かいすさが見えます


壁は本当に
自然の土と藁で
できているものなんだなあと
あらためて実感しました

******


ピアノのレッスンが終わって
夕方帰宅したら
左官屋さんはもうお帰りになった後でしたが

道具が
きれいに片つけられていて↓
感動しました!

クリックすると元のサイズで表示します



19

2019/9/7


山下惠光著 
『茶のある暮し 四季の茶の湯 夏』

私が常日頃大切にして
何度も読み返している
この本の中に
次のような文章があります

「弟子達が茶室を造るという。
その茶室をその弟子に
ふさわしいものに
指導していける師匠は
今日数少ない。

世間が分業化し専門化していく時代であるが
茶室は私達茶人のものであり
決して大工のものではない。

茶を知らなければ
使えるようなものは出来ない。」



細々ながらも
人様にお茶を教えて
指導料をいただいている者として
胸にズシンと響く
重みのある一言です


茶室を造るということは
私にとって
今回の小間が3度目のこととなります


1度目は
平成15年の6畳の稽古場

2度目は
平成27年の8畳の「洗心亭」

そして
3度目が今回の小間

当然のことながら
躙り口の沓脱石を据えるのも
今回で3度目となります


今回の茶室では
当初
以前使っていた石を
置いていただくつもりでしたが
庭師さんのすすめで
新しく鞍馬の石を使っていただくことに
なりました



ところが
その沓脱石一つとっても
その据えるべき高さと位置を
「ここです」と
はっきり言い切る力も自信も無い私です


しかし
大変ありがたいことに

今回の茶室工事では

夫々に茶の道に明るい
建築士さんと大工さん
そして庭師さんが
チームを組んでお仕事を
して下さっています

とはいえ
実際に使う私自身が
全ておまかせというわけには参りません


昨日は建築士の先生に立ち会っていただき
庭師さんの専門的なご指南をうけながら

実際に
躙り口を出入りして

ようやく
しかるべき場所に
沓脱石を据えることができました



クリックすると元のサイズで表示します
14


AutoPage最新お知らせ