ようこそ、お入りを・・・。

2021/10/3

GHPno.14  玄庵と茶事(GHP)

本日は
愛知県からN様をお招きして
お茶事をいたしました

N様は
私が若い頃に名古屋で初めて
お茶の手ほどきを受けた
故・平林先生の姪御さんであり
旧来の茶友でもあります


玄庵を席披きして
本当は昨年の5月にお越し頂く予定だったのを
世情を鑑みてしばらく延期しておりましたが
この度ようやくご来席が叶いました



クリックすると元のサイズで表示します

今回は一客一亭です


クリックすると元のサイズで表示します

N様が久しぶりに会って
ゆっくりとお話がしたいと
仰って下さいましたので

今回は
変則的な前茶形式にして

お茶の終わった後に
ゆっくり懐石を食べながら
おしゃべりをすることにしました


まずは初座にて炭点前をして
お菓子をお出しした後
中立ちとしました

クリックすると元のサイズで表示します

席中をあらため
後座では濃茶と続き薄をして

私も相伴させていただきました


クリックすると元のサイズで表示します

八事窯にて平林先生手造りの黒で濃茶

同じく八事窯での自作 赤のお茶碗と
先日妹から譲り受けた 
平林先生所持の御題茶碗で薄茶を点てました


クリックすると元のサイズで表示します
主菓子  秋の彩  虎屋製


クリックすると元のサイズで表示します
岡山銘菓 むらすずめ  橘香堂製


クリックすると元のサイズで表示します

お茶の後は
廊下伝いに六畳間に移っていただき
椅子席にて懐石をお出しして
私も相伴しながら
時間の経つのも忘れて
女同士のおしゃべりを楽しみました



クリックすると元のサイズで表示します

この水屋の瓶も
N様を通じて何年か前にいただいた
昔平林先生が使っておられたものです


本日N様が着ておられた小豆色のお召し物は
平林先生から譲られたお着物を
仕立て直したものだとお聞きして


まさに
今回のお茶事
N様と平林先生お二人を
お招きする心持ちで取り組んでいた私にとって

それは何よりもうれしいお心遣いでした




17

2021/4/4

GHP(No.12&13)  玄庵と茶事(GHP)

昨日と今日の二日間
玄庵にてお茶事を行いました

一昨年の秋に席披きをしてから
コロナ禍の中も回数を重ね
今回で12回目そして13回目となりました


お客様はそれぞれお二人ずつ

そして
両日とも社中から
半東にお一人ずつ入っていただきました


私は
可能な限り
社中の皆様に半東を経験していただきたいと
思っています


そしていずれは
社中の方々が
それぞれできる範囲で工夫し
ご自身でお茶事をしていただけたらいいなあと
願っています


そんな思いでおりましたら
昨日の茶事では
社中のお二人の方から
「半東の仕事を見学させて欲しい」という
お申し出がありました


お二人は朝の準備の段階から
お茶事が全て終了するまで
メモをとりつつ丸一日
茶事の流れや半東の仕事を見学し
学んでおられました


茶事は何回行っても
完璧ということはありませんが
経験を積めば積むほど
その楽しみが
どこまでも深まっていくような気がします


そして昨日と今日
一畳台目の親密な空間で
それぞれのお客様と
忘れがたい特別な
《一期一会》のひとときを
過ごさせていただきました


人とのご縁に
道具とのご縁に
そして
目には見えない存在のあらゆるサポートに
心より感謝いたします


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
苧環 花筏


クリックすると元のサイズで表示します
主菓子 卯の花巻  虎屋製


クリックすると元のサイズで表示します
干菓子  千本桜  鶴聲庵製


16

2020/11/28

小間の茶事  玄庵と茶事(GHP)

本日は
自宅の小間「玄庵」に
社中のお二人をお招きしました



クリックすると元のサイズで表示します
茶室の扁額を見上げ
この一会を見守っていただけるよう
祈ります


クリックすると元のサイズで表示します
懐石の下ごしらえは
できる限り前日にしておきます


クリックすると元のサイズで表示します
席を披いてからちょうど一年が過ぎ
露地の苔が伸びたところと
茶色く枯れてしまった箇所があります



クリックすると元のサイズで表示します
今日の煮物椀は
牡蠣真薯にしました



クリックすると元のサイズで表示します
主菓子 紅葉重ね  虎屋製



クリックすると元のサイズで表示します
干菓子  曲水の宴  鶴屋徳満製


クリックすると元のサイズで表示します

今日の濃茶は
重ね茶碗で各服点てにしました

今だかつてしたことの無い点前です

八寸の時の盃の応酬も
遠慮いたしましたm(__)m

17

2020/10/19

名残の茶事  玄庵と茶事(GHP)

クリックすると元のサイズで表示します
先週の金曜日
実家の父が入院していた病院を
退院すると連絡があり
名古屋に帰省しました

その新幹線の中で
茶事懐石の献立を思案。。。


クリックすると元のサイズで表示します
京都の台所 錦市場も
GOTOキャンペーンのお陰かどうか
ずいぶん活気を取り戻していました



クリックすると元のサイズで表示します
そして本日は
社中のお二人を
名残の茶事にお招きしました


クリックすると元のサイズで表示します
今朝は早朝から
空一面灰色の雲でおおわれていました

そして九時頃には
小雨が降ったりやんだりと
時雨れてきました




クリックすると元のサイズで表示します

昨日露地に出していた露地草履を
急きょ露地下駄に替えて
次客用の露地笠も出しました


クリックすると元のサイズで表示します
十一時少し前
待合で莨盆がお客様をお待ちしています


クリックすると元のサイズで表示します
露地下駄を履き
露地笠を使って迎え付けをしたのは
今日が初めてでした

露地笠の持ち方だけは
ずっと以前に先代の木村宗匠のお茶事教室で
教えていただいたのですが

その時は
後ろの方で席入りしたので
露地笠を持っての迎え付けを
しっかりと見たわけではありませんでした


ですから
これで良いのかどうかわからないのですが。。。

とりあえず
滅多に使うことのない露地笠を持って
迎え付けをすることができて
なんだか嬉しかったです

クリックすると元のサイズで表示します
今日の煮物椀は
銀杏のしんじょにしました


クリックすると元のサイズで表示します
八寸は甘鯛と栗


クリックすると元のサイズで表示します
主菓子 栗粉餅 虎屋製


栗が重なってしまいました(^_^;)


クリックすると元のサイズで表示します
後座


中立ちの頃には
雨はすっかりやんで日が射してきました


クリックすると元のサイズで表示します
干菓子  亀屋伊織製



16

2020/9/8

一夏を越しました  玄庵と茶事(GHP)

玄庵が初めての夏を越しました

クリックすると元のサイズで表示します

水屋の天井の上に
エアコンが設置されていて
左上の細い隙間が吹き出し口になっています

夏の間四六時中
ドライ運転させていたお蔭で
いつ中に入っても
室内はひんやりしていました

クリックすると元のサイズで表示します

扁額の横に開けてあるのは
エアコンの吸い込み口です

吹き出し口は
落天井と壁との間に
目立たないようにつけてあります



クリックすると元のサイズで表示します

今日は室内に秋の風を通して
畳を拭きました

クリックすると元のサイズで表示します

台所でお茶を点てて
茶室に運んでゆっくりいただきました

このお茶碗も実家で普段に使っていたものです

父方の祖母が母に買ってくれたものだと聞いています


十月になったら
またお茶事をしたいと思っています

11


AutoPage最新お知らせ