ようこそ、お入りを・・・。

2022/4/17

4月 且座会  稽古【且座会】

本日は
洗心亭にて且座会のお稽古をしました


且座会は
茶会に招かれた時の
お作法を学ぶクラスです



今日は
初めて露地を通っていただき
蹲踞の使い方や
席入りの仕方をお伝えしました

クリックすると元のサイズで表示します
用意された露地草履を履いて
一歩ずつ

クリックすると元のサイズで表示します
枝折戸を開けて・・・


クリックすると元のサイズで表示します
飛び石を渡って進み
留め石より先には行きません


クリックすると元のサイズで表示します
ちり穴



クリックすると元のサイズで表示します
蹲踞

茶席に入る前
手と口を清浄にして
心身共に清めます


クリックすると元のサイズで表示します
東大寺長老寛秀師「円相」


花は白山吹と花筏


クリックすると元のサイズで表示します
旅箪笥


クリックすると元のサイズで表示します
釣釜



クリックすると元のサイズで表示します
菓子  春霞  鼓月製

8

2022/3/13

3月 且座会  稽古【且座会】

クリックすると元のサイズで表示します
本日は
且座会のお稽古日でした


クリックすると元のサイズで表示します
「桃花笑春風」

六名全員
定刻にお集まりいただき
待合にて
しばし歓談


テレビという器械を通して
目に飛び込んでくる外界の様子に
心を鷲づかみにされて
沈んだ表情で涙ぐむ貴女は
きっと心優しい人なのでしょう

でも
そんな共感力の強い貴女なら

今はむしろ
目の前の
小さな花に目をとめて
微笑む貴女でいることの方が
大切なのかもしれない


少なくとも
あなたの周りを
ぽっと
明るくすることができるから・・・


皆で手に手を取って
光への道のりを歩んでゆきましょう



クリックすると元のサイズで表示します
「一花開五葉」
紫野小堀卓厳師


クリックすると元のサイズで表示します
抱清棚



クリックすると元のサイズで表示します
主菓子 早わらび  鼓月製


クリックすると元のサイズで表示します
今日は
振り出しの扱いを
お伝えさせていただきました


クリックすると元のサイズで表示します
茶杓 銘 山笑ふ







10

2022/2/13

2月 且座会  稽古【且座会】

本日は
且座会のお稽古日でした

クリックすると元のサイズで表示します
「一花開天下春」
東大寺長老寛秀師

毎月
順次交替で
自主的に正客を決めて下さっています


やはり
正客の場所に座る時は
皆さんいつもより
やや緊張気味ですね🤐


クリックすると元のサイズで表示します
今日のお茶碗のラインナップ


一碗目の筒茶碗は
社中のお点前さんにお願いして
絞り茶巾の扱いで
お茶を点てて頂きました


”先月は
お道具の中に干支の「寅」と「鶴」を探していただきましたが
今日はどこかに
「馬」と「牛」が隠れていますよ。。。”🤔

伏見稲荷の「初午」や
北野天満宮の「梅花祭」

いずれも春の訪れを告げる
京都のお祭りですね😀

今年は少しずつ平常が戻ってきますように!



クリックすると元のサイズで表示します
銘 下萌  鼓月製


雪の下の草にまで目をとめて
それを切り取って
丁寧にお菓子に仕立て上げるなんて・・・!と
とても感激してくださり
うれしかったです(*^_^*)


ピュアで新鮮な感覚をもって
お茶の世界を素直に楽しんでいる
且座会の皆さんのお話を聞くと
私自身があらためて
お茶の魅力を再認識することができて
幸せな気持ちになります

 



13

2022/1/16

1月 且座会  稽古【且座会】

本日は
今年最初の且座会をいたしました

クリックすると元のサイズで表示します
啐啄斎写 福禄寿画賛

「且座会」とは
お茶の正式ないただき方を学びながら
一年を通して四季の移ろいを楽しむ会です

昨年の1月にスタートし
会員6名が毎回和気藹々に集って
お茶の世界を体験しています


本日は
お正月ならではの道具組に
それぞれ色々な発見をして
楽しまれました


「今日は炉縁に何か書いてあるのですか!?」

「お茶碗が華やかです!」

「目で楽しむお正月ですね」

「お茶ってもっと堅苦しいかと思っていました。。。」

「懐紙って全部使いきってから
新しいものを買うのかと思っていました」

「お茶の所作はたおやかですね。。。」



”今日のお道具の中に
虎と鶴が隠れていますよ”


答えは・・・?

竹の皆具(虎は竹林に棲む)と鱗鶴蒔絵の棗


クリックすると元のサイズで表示します
主菓子  あけぼの椿  鼓月製


クリックすると元のサイズで表示します
干菓子  塩芳軒製

10

2021/12/12

12月 且座会  稽古【且座会】

本日は
今年最後の且座会をいたしました

クリックすると元のサイズで表示します
「無事是貴人」
前大徳誡堂師

いつものように
社中の方にお点前をしていただき
私は専ら道具のお話や所作の指導をいたしました


クリックすると元のサイズで表示します

今日も
一人ずつにじって席入りし
点前座で点てられたお茶を
立って取りに出ていただきました



クリックすると元のサイズで表示します
銘 木枯らし  鼓月製


先月より
食籠の扱い方もお稽古しています


クリックすると元のサイズで表示します

両器の拝見もしていただきました

将来皆さんが
諸々の所作に慣れてこられましたら
是非京都や大阪のお茶会に
お連れしたいと夢を描いております


さて且座会では
毎回お稽古の後
一人一人感想をお聞きしています


今日も色々なユニークな感想をいただきました


・この年になっても知らないことがいっぱいあることが
よくわかりました

・季節をこんなに繊細に感じるお茶って素晴らしいです

・今年は個人的に色々大変なことがありましたが
こうやって無事にお茶を飲めることが感謝です

・”木枯らし”のお菓子をいただき
普通だったら塵になるような枯葉にまで
風情を感じるという世界がステキです


このような感想をいただいて
大変うれしく思っています


この他に本日は
20代のAさんからお聞きしたお話に
私はとても大きな衝撃と学びをいただいたので
それをここに紹介させていただきます



Aさん「先生 茶杓って色々な大きさや形があるんですね
私は家で茶杓を使った後洗って干していたんですけど
この頃何だか角度が変わってきた?と思っていたら
この前見たら真っ直ぐになっていたんです・・・」


私「え。。ええっ!洗っちゃったのオ〜!?」


お茶を習うずっと前から
茶杓は濡らしていけないと親から教わり
ごくごく当たり前のことと思って
何の疑いも無く
これまで言われた通りにしてきた私ですが

濡らしたら実際のところどうなるのか
やってみたこともないので
全く知りませんでした


しかし
今日は彼女のお話を聞いて
洗ったら真っ直ぐの竹の棒になってしまう
ということを
教えていただきました

その真っ直ぐになった竹を見てみたいと
思いましたが

彼女曰く「捨てちゃいました。。。」(^_^;)


あ〜でもホントに
茶杓って洗ったらだめなんですねぇ

やはり経験することは大切ですね

今日は本当に
良い勉強をさせていただきました(^_^)/


14


AutoPage最新お知らせ