ようこそ、お入りを・・・。

2020/3/1

曙会  他会記


本日は午後から
鶴屋八幡本店での月釜
「曙会」に出かけて参りました

淀屋橋駅構内の通路は
日曜日のお昼とは思えないほど
閑散としていました


クリックすると元のサイズで表示します


今日の曙会ご担当は
馬繋先生でした

新型ウィルスの感染拡大を防ぐために
様々な対策が取られていました


まず待合に入る前には
必ずハンドソープと水道水で手を洗うよう
ご案内され

受付のプラスチック札は省略

席入り直前には
主催者がアルコール洗浄剤を持って立っていて
再度手の消毒を促されました


お菓子は主菓子と干菓子が一緒に
銘々皿に乗せて運ばれ

お道具を拝見に回すことは一切排除されていました


主催者にお聞きしたところ
茶巾と銘々皿やお茶碗は全て
毎回熱湯消毒をするなど
万全の注意を払うということで
今日の茶会を決行されたとのことです

なるほど・・と思いました

お茶をいただいた後の
空になったお茶碗からも
白い湯気がゆらめき

お茶がとても美味しく感じられたのは
そのためだったのか・・・と
合点がいきました



クリックすると元のサイズで表示します

掛け物は
席主が旅先で出会って求められたという
漢詩の書かれたお軸で
筆ではなく指で書かれたものだとか


たいそうふっくらとした白い椿は
一本の木に三つだけついた蕾の一つで

正に今日の日のために最高の姿を
見せてくれているような
気高ささえも感じられました


席主のお話によると
本日の茶会は
「西方への旅」をテーマに
道具組をされたとのことです


お道具の中に
そのテーマを探しながら
いつもより少しゆったりとしたお席を
楽しませていただきました


13

2020/2/2

曙会  他会記

クリックすると元のサイズで表示します
今日は
今年初めての曙会に
社中の方々とご一緒に参りました

本日の席主は
寛澄侑子先生でした

おおらかなお人柄と
遊び心たっぷりのお道具組が印象的な
先生のお席
楽しみに伺いました


寛澄先生はお顔が大変広くて
いつも大勢のお客様で大盛会なので

比較的お人が少なくなるであろう
最後のお席を目がけて出かけたのですが

なんと本日だけで
180余名の方々がお越しだそうで

午後2時を過ぎても
待合には沢山のお客様がお待ちでした


待合には

まるでその歌の景色を絵に描いたような
美しい料紙に

「花をのみ待つらん人に山里の
雪間の草の春をみせばや」

の掛物


本席の掛物は

雪 一行

そして

節分を前にして
如月の季節を楽しむ
梅の意匠のお道具の数々


皆口釜(みなくちがま)から
立ち上る豪快な湯気も
この時季ならではのごちそうです


備前火ダスキの
大ぶりの建水も
堂々としていて釜によく合っていました


上座から次々に送られてくる
お茶碗を贅沢な気分で
一つ一つ拝見させていただいているうちに

寛澄先生のお好きなお茶碗のイメージが
何となく伝わってきました


侘びた中にも
繊細で女性らしい可愛らしさが
必ずどこかに表現されているなあと
感じました


そんなお人柄の先生とお道具の魅力が
きっと大勢のお客様を呼び寄せて
いるのだとあらためて思いました

・・・・・・・・・・・・・・・

さて曙会では
6月7日(日)に茶筅供養をされるそうです

水屋の引き出しにたまっている
古い茶筅や茶巾
柄杓なども供養していただけるそうです

4月の曙会より
供養したい物を受け付けて下さるそうなので
古い茶筅などの処分でお困りでしたら
どうぞお持ち下さいませ

とても有り難い企画だと思います
私も是非持っていかせていただきます






13

2020/1/28

大徳寺月次利休忌  他会記

クリックすると元のサイズで表示します

今日は
今年初めての大徳寺月次利休忌に
行って参りました


クリックすると元のサイズで表示します

まずは十時からの法要に参列いたしました

今日は番号札が若い31番でしたので
法要の後
閑隠席にて2席目でお茶をいただくことができました

お床には
子年生まれの啐琢斎が
ちょうど60歳でご隠居された折りに書かれた
大黒画讃が掛けられていました

内室であった「おたく」さんに送られたものだそうです


水指も
子年に因んで
古瀬戸の「小槌」


主茶碗は赤楽で銘令春

替えは猶有斎お家元自筆の子(ね)

いずれも
新たな年の初めを祝うご趣向でした


本日は
あと一席だけまわろうと思い

瑞峯院の
光悦寺・山下昭子様のお席に向かいました


お床には
大綱和尚筆 即位の句

明治天皇の父
孝明天皇が即位された折に
詠まれた歌とのことでした


点前座には
高麗卓に俵形の水指

別床には

「松」「竹」「梅」の
三幅が掛かり

その前には三番叟の飾り物が置かれて

こちらも
初春を寿ぐお道具組を
楽しませていただきました


興味深かったのは
寄付に置かれていた如心斎の物とは別に
席中で使われたお茶杓

アテネの月桂樹を削って作られたのだそうです


その頃
陸上競技をされていたお孫様へ
「韋駄天」という銘をつけて
山下宗匠がプレゼントされたのだそうです

そのお茶杓を手に
本日お点前をされたお孫様を
山下宗匠は天国から
目を細めてご覧になっていたことでしょう



もう一つ面白かったのは
お床の盆石「菊花石」のまわりに敷かれた
真っ白い石

これは
山下宗匠がエジプトに行かれた折に
ピラミッドの周りにあった石を
拾い集めてこられたものだとか。。。


ちょうど修復中だったそうで
「お咎め無しでした」と
楽しげにおっしゃるお席主の
ユーモアあふれるお話と笑顔が

どんな素晴らしいお道具よりも
素敵で魅力的でした



今日は一人で出かけましたので
その感動を共有してお話できる人が
いないのがちょっと寂しかったです



聚光院では
利休様のお墓にお参りにいきました

ちょうどお家元の皆様が
お参りをされていました


少し下がってお待ちした後

墓前に一人静かに手を合わせて
昨年の諸々を感謝し
新たな一年の精進を誓って参りました


21

2019/12/21

今年最後のおよばれ  他会記

クリックすると元のサイズで表示します

今日は大阪市内で開かれたお茶会に出かけ
今年最後のおよばれをしてきました

ご亭主の婦人が席に出てこられ

「まあこんな年末のお忙しい時にお越し頂いて・・・」
と恐縮して挨拶されますと

お正客の先生が

「いやいや昔だったら餅を切るやら色々することがありましたが
今はカレンダーが変わるだけのことで・・
それよりご亭主の方こそ
色々とお持ちだし大変でしたでしょうに
私らはこうやって楽しませていただくだけで・・」

などなどよどみなく挨拶されまして
それを聞いている私達も
同じ気持ちで一礼させていただきました


こんな挨拶ひとつとっても
師走の慌ただしさの中に
お茶をしていることの幸せを
しみじみ感じさせていただきます


お床の掛け物が

「今日好晴」

御正客の先生が

これをご覧になって

「正に今日のような日のことですなぁ!」



竹一重切花入には
真白なふわふわの綿の実と
紅白の椿

お棚は三重棚でした

菊花の螺鈿の細工が施された炉縁がとても豪華でした


色々と年の瀬ならではのお取り合わせを
楽しませていただきましたが
私の心に一番残ったのは


お箱などが並べられていたお床の脇の
琵琶台におかれていた

伏見焼の置物です


うりんこを連れた猪が
鼠と向き合って並んでいました


「お疲れ様!」

「じゃあ 来年頼むよ!」

なんて会話をしているみたいで

こうやって猪さんの親子と鼠さんを置かれた
ご亭主の優しいお気持ちが伝わってくるようでした


12年の一つの周期を終え
新たな12年を迎えることに
背筋が伸びる思いで
清々しい気持ちになりました

15

2019/12/1

曙会と湯木美術館と御堂筋界隈  他会記

クリックすると元のサイズで表示します
今日は曙会に行ってきました

九時頃着きましたが
既に一席目が始まっていましたので
待ち合いの会記などを見ながら
ゆっくり待たせていただきました

ご案内があって
席入りさせていただきましたが
なかなか正客が決まらず

80歳くらいのお元気な先生から
「私がしゃべってあげるから(正客に)座って」
と言われまして。。。

川口軒さんにも促されて
その先生の手をひいて
次客に座っていただき
私は正客に座らせていただくことになりました


お席主は日根繁子様という方で
曙会では初めて懸釜をなさるとのことでしたが
お茶の道はうんと長く歩んでおられるようでした

お床の掛け物は
「寒月照霜池」

妙喜庵の竹で造られたという
尺八花入の銘は「三昧」

袋棚に高取の水指という
この時季らしい落ち着いたお取り合わせでした

お隣に座られた次客の先生と一緒に
色々お話しさせていただいておりましたら
何とその先生とお席主は
かつて同門で
幼なじみだったとのことが席中でわかり
お二人とも感激しておられました

珍しいお名前なので「もしや・・・」と思って
次客の先生がおたずねになり
そのことがわかったのです

お互いにまだお小さい頃に
お稽古場でご一緒だったようで

「なんか面影ありますなあ」

「あの頃は私も今より可愛かった〜!」

と仰るので私も

「いえいえ今もお可愛いですヨ」
と申し上げたら

すかさず
「せやな!私は童顔やから」とおっしゃり

お席は終始明るい雰囲気に包まれました



楽しいひとときを過ごした後
一人で少し足をのばして
湯木美術館に立ち寄ることにしました


クリックすると元のサイズで表示します
外側が工事中でびっくりしましたが
中は通常通り開館していました

クリックすると元のサイズで表示します
「伝統と創造を重ねる
上方の手わざ」

茶席を彩る江戸時代から近現代の名品


川端近左 三好木屑 白井半七
北大路魯山人などの作品と並んで
こういった作家が手本とした名品が
展示されていました


クリックすると元のサイズで表示します
御堂筋の銀杏並木
夜はイルミネーションで彩られます

クリックすると元のサイズで表示します
見上げたらなんか びっくりして。。。(おまけ)



12


AutoPage最新お知らせ