ようこそ、お入りを・・・。

2021/9/28

露地の苔  裏仕事

今年の夏は
例年に比べて雨が多く
ひどい時には
玄庵の露地が池のように水浸しになっていました


そのお陰で
スギゴケがずいぶんダメージを受けてしまいました


クリックすると元のサイズで表示します

今日は
新しい苔を足してみようかと思い
近所の園芸店に行ってみたのですが
時期が悪いのか
店頭に苔が置かれておらず

他のお店にも足を運んで
ようやく三軒目で見つけたのがこれ↓

クリックすると元のサイズで表示します

本当は
もう少し大きなトレーに入った苔マットを
探していたのですが

まあこれでもいいかなと思って
とりあえず
店頭にあった10パックを買ってきました


スギゴケではなくて

ハイゴケとカモジゴケです

クリックすると元のサイズで表示します


躙り口周辺に貼ってみました


苔は環境が合えば
うまく育つそうですが
玄庵の露地にはどんな苔が合うのか

これからまだしばらく
試行錯誤が続きそうです


9

2021/8/14

炉の灰B茶汁をかける  裏仕事

今日はよく降りましたね。。。

皆様の所は大丈夫でしたか?

今回の大雨で
玄庵の露地が
一時は池のような状態になってしまいましたが
なんとか水が引いてほっとしました


さて
そんな不安定なお天気の合間をぬって
今朝は炉の灰に茶汁をかける作業をしました


クリックすると元のサイズで表示します

右上のポリバケツの灰は
先日アク取りをしたものです

天候不順だったためか
思ったより水が蒸発していませんでした


クリックすると元のサイズで表示します

水屋の準備や後片付けで
こぼれたお茶をためていたものに
普通にお湯を注いで点てます


クリックすると元のサイズで表示します

これを私は
アク取りをした灰にかけることにしています

クリックすると元のサイズで表示します

灰の量に対して
水分が多すぎるので
他の灰を適度に混ぜます


クリックすると元のサイズで表示します


それから
少し古くなった茶葉を
薬罐に入れて煮立てます


クリックすると元のサイズで表示します

篩っておいた灰を
少しずつ取り分けて
茶汁をかけてこねていきます




クリックすると元のサイズで表示します

今年は
例年よりも遅い時期に行いましたので
開炉までの時間を考慮して
いつもより水分の量を少なめにしました


クリックすると元のサイズで表示します

雨が降り出す前に
約1時間ほどで作業が終わり
ほっとしました


毎年このように
炉の灰を作る作業をブログに書いていますが

毎回繰り返していますように
ここに書いている内容は
あくまでも私個人の記録です


本に書かれていることや
これまで講習会や習っている先生に
お聞きしたことを参考にしながら
ある程度自分流にやっていることです


古くからの茶家の方々や
他の先生方がなさっていることと
異なる点も少なからずあるかと思いますので
一つの例として
ほんの参考程度にご覧いただけたらと思っています
m(..)m



15

2021/8/9

炉の灰Aアク取り  裏仕事

昨日の続きです

クリックすると元のサイズで表示します

今日は
毎回の稽古や茶事が終わった後に
底取りで上げている底や尉などを篩った灰の
アク取りをしました

クリックすると元のサイズで表示します

ぬるま湯をたっぷりかけて
底の方からかき混ぜます


クリックすると元のサイズで表示します

本には「アク」を取ると書いてありますが
実際には浮かんでくる小さい炭のカケラを
すくい取っています


クリックすると元のサイズで表示します

いくらやってもキリが無いのですが
まあ5回ほど繰り返して
上澄みが綺麗に澄んできたら
適当なところでやめています


だいたい小一時間ほどかかりました

このまま蓋をせずに
数日乾燥させておこうと思います


因みに
炉を塞ぐ時に炉からあげた灰は
篩うだけで
私はアク取りはしていません


クリックすると元のサイズで表示します

今日は台風9号が中国地方に上陸したようです

大阪府でもお昼頃には雨風が強くなって参りました


12

2021/8/8

炉の灰@篩う  裏仕事

クリックすると元のサイズで表示します

立秋を過ぎても暑さはまだ当分続きます

今日は午前中に炉の灰を篩いました

いつもは土用の頃に行っている作業ですが
今年は8月1日がコンサートでしたので
少し時期をずらしました


クリックすると元のサイズで表示します

火消壺にたまった消し炭や尉
炉からあげておいた灰など
順番に篩にかけていきました


低い椅子に腰掛けて作業をするようになって
ずいぶん楽になりました

しかし
小間ができてから灰の量が増えましたので
一日で全てのことをすると
体力的にかなりしんどくなってしまうので
今年は何日かに分けて行うことにしました


クリックすると元のサイズで表示します

2時間ほどで
灰を全部篩いにかけることができました

今日の作業はここまで!


シャワーを浴びてさっぱりし
午後は表千家北山会館に出かけました


クリックすると元のサイズで表示します

北山会館では
リニューアルオープンの杮落しとして
先月より《千家十職展〜新しい作品を中心に》が
開かれていました

当初は6月から7月20日までの予定でしたが
会期が8月10日までとなりましたので
何とか行かせていただくことができました

明後日で終了してしまいますが
明日8月9日は月曜日であっても
開館されているようです


私が初めて北山会館を訪れたのは
今から20年ほど前平成14年の6月でした

その時開かれていたのが
今回と同じ《千家十職展》でした

当時の私はまだ40代で
久しくお茶から遠ざかった後
再びお茶の道を歩み始めた頃でした

「千家十職」に
どのような方がいらっしゃるのかさえ
まだよく知らなかった私ですが
先生に連れられてその特別展を拝見した時
茶道の奥深い魅力に
ぐいぐい引き寄せられた気がしました

とは言え
その20年後に小間まで建てて
汗だくになって灰を篩う自分がいるとは
想像だにしていませんでしたが






19

2021/5/30

道具の出し入れ  裏仕事
クリックすると元のサイズで表示します

5月最後の日曜日
今日は今月使った道具を片付け
その後
来月のお稽古に使う道具を出しました


お茶をしていると
道具を出してはまた片付けて
それを年がら年中
繰り返しているような気がします



誰にも邪魔されず
一人黙々と道具の出し入れをしている
その時間は
結構楽しいものです


とは言え子供の頃は
遊ぶ方に夢中になって
出した物がなかなか片付けられず

「出しっぱなしにしないでさっさと片付けなさい!」と
母に口を酸っぱくして言われたことを
懐かしく思い出します


そもそも
”すべての事物は
自然に任せておくと無秩序状態になっていく”
というのが
私達の生きているこの世界における
『エントロピー増大の法則』です


ジグソーパズルをひっくり返したら
それはてんでバラバラになるけれど
誰かが手を加えない限り
時間と共にピースが勝手に収って絵が完成することは
あり得ないということです


そういう意味では
私達の身体が生きている間
常に一定のレベルで秩序を保って機能し続けるのは
一見この法則に反しているようで
興味深いところです


お茶室も同じかな

ほっておけばあっという間に
散らかっていくでしょうね


清潔さを保ち
片付けるものはさっさと片付け
出す物は惜しげ無くどんどん出して
常に循環し続けていくことで

健康な有機体として
生き生きと活用することができる

うむうむ・・・


誰もいない茶室にぼんやりすわって
そんなたわいもないことを
つらつら考えているうちに
あっという間に一日が過ぎました


11


AutoPage最新お知らせ