2018/9/30

う〜む……。  

クリックすると元のサイズで表示します

本やさんに取り置きをお願いしていて、まだ雨風が強くないうちに買ってきたのですが……。
微妙な心持ちになるくみあわせだなあと気づいたのは、家に帰ったあとでした(苦笑)。
(※左の「読者への挑戦」と、右の65ページを、それぞれご参照ください)
0

2018/9/30

りすんりすん。  

何故か急に「The Blue monday e"r"ectrical parade」を聴きたくなって、グレンラガンのサントラCDをひっぱり出し。
やっぱりいいなー。イントロから急激な感じがしてカッコいいし、緩急自在に流れる電子音声がノせてくれて。けっきょくそのまま他の曲も聴いてしまいました(笑)。
グレンラガンの音楽どれも大好きです! 岩崎さんの最高のお仕事!\(*^▽^*)/
0

2018/9/30

えっ。  



じゃあ腐ってない(はずな)のにふつうに全部読めてしまった私はいったい……。
とりあえず答えてみる。
0

2018/9/24

セレブレーション!  



というわけで。
いまから観ます!
私の好きな四文字熟語は今日は一日「映画三昧」♪

クリックすると元のサイズで表示します

あー、ジャンナさんはやっぱり魅力的だな〜vv
しかしいつ見ても疑問なんですけど、あちらの警察さんは本当に現場でサンドイッチ食べてコーヒー飲むの??(笑)
0

2018/9/24

観てきました!  

クリックすると元のサイズで表示します

夏映画二本!\(*^▽^*)/
なかなか行く時間が取れずにいたのですけど、何とか最終日にすべりこむことができました〜♪
どちらも最高でした! 劇場で観て大正解な作品たちでしたよ!
夏休みの宿題を、ようやく終わらせることができました。やっぱり映画っていいな!\(*^▽^*)/
0

2018/9/22

ああん?  

クリックすると元のサイズで表示します

「ンだよ。ナニ見てんだコラ」
0

2018/9/21

えーっ!?  

『Phantom in the Twilight』がディスク発売中止……「延期」じゃなくて「中止」って……。
お昼にあまじょんさんからメールがとどけられた時は何のじょうだんかと想いましたけど、じっさいに確認してみたら商品ページは消えてるし、公式HPにもお詫びが掲載されてるしで……。あんまりにもショックすぎて、いまだに「は?」と間の抜けた声しか出てこないです。
山下大輝さんがご出演されていらっしゃるということでチェックしてみて、うちのTV環境では視聴できないものの面白そうだしネットの感想をざっと拝見させていただいたかぎりでは評判もよさそうだしで、買えるのを心待ちにしてたのですが、それだけに受けたショックもひどくおおきいです。まるで鬼太郎第五期の時みたい。(そんな中スタッフさんが誠意をもって対応してくださっているのがまた……)
でも、待ち続けようと想います。どのようなご事情があったのかは存じ上げませんが、『沙粧妙子 最後の事件』や『ギフト』みたいに時を経てディスク化が実現される例もあるのですし!
どうかいつか叶えられますように……!
0

2018/9/20

うっひょーvv  



待ってましたッッッ……!!(心底からの叫び)
ノベライズ(角川ホラー文庫版!)を読んで、とっても面白かったので、ドラマも見てみたいと想ったのですけど、時すでに遅く、規制の箱に入れて鍵をかけられたあとだったのです。
その後も評判ばかり聞いていて、なのにちっとも見れなくて、そのたびにため息をつくばかりになっていたのですけど……20年以上の時が流れたいま、ようやく封印から解かれることになって、心からうれしく想います!\(*^▽^*)/
沙粧妙子といい、やっぱりあきらめないで機会をねらい動き続けてくださる方はいらっしゃるのだなあ……。これであとは発売までにおかしなことをやらかす人が出てこないことを祈るのみですね。
飯田さんおめでとうございます! もちろん買わせていただきますよー♪(*^-^*)
0

2018/9/19

拍手お返事。  拍手お返事

9月19日/だごん様
メッセージありがとうございます!
それはまたふしぎな夢で……。ヴィジュアルをうかべて、つい「ピンヘッド先生みたい……」と想ってしまいましたけど、ふたりをいっしょに考えてしまうなんて失礼な感想でした。(もちろん、ピンヘッド先生に、です/笑)
でも本当、当のご本人をよくあらわしているかのような夢ですね。
焼き鳥の串が平気でもフレディ大先生が相手だとどこまで健闘できるか見てみたい気もします。
大先生「じじいの夢なんかお断りだ」

 
ほか、拍手してくださった方たちも、ありがとうございました!
0

2018/9/19

もやもや。  




お言葉ごもっともなのですけど、小説を読もうにも読めない人たち(活字を読むのがどうしようもなく苦痛である、ディスレクシアである、などの理由で)はどうすればいいんだろう、とふと。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ